異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラ~ムサルで走馬灯の如く - 「潜水ブル」から「渡鳥」へ、そして「人間潜水ブル」か?!
2013-02-18-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇


すんまそん。
過去への時間トリップから帰ってきました。

数々の苦難を乗り越え、そうやく大蟷螂の「スリップ」から出撃した所までが前回でした。
さぁこれからいよいよ「潜水ブルトーザー」への水上での遭遇へと、おっかなびっくりで上流へ漕ぎ出した訳です。

すると何やら明らかに人工的なブイが規則的に浮かんでいるではありませんか!
この浮標は 201302029
こんなのが4個 小生の行く手には何があるかを暗示するかの如くあるのです。

上流に目をやると、前方の橋げたには明らかに工事の艀も浮いています。
こうなって来ると、根っからの小心者ですから、工事の警備のお兄ちゃんの警告を思い出すのです。
「ダメです。絶対にダメです。関係者以外侵入禁止です。危ないです。ホントに危ないです。」


興味は移る! 「潜水ブル」から「渡り鳥」へ

「庄内川」は川ですから流れがあります。
ここは河口から約8kmですし、大潮の引き潮の時間です。

ブイは当然ロープでどこかと繋がっています。
ですから定位置から動きません。
小心者の小生にとっては、もう機雷の様にしか見えません。

それでも後ろ髪はひかれます。
でも「君子危うきに近寄らず!」です。

いやいや、「虎穴に入らずんば虎子を得ず!」・・・。
そんな危ないことはいやです。

真冬に「カヤック」やってるだけでもう十分に「虎穴」に入ってます、小生にとっては。
しかもこの場合「虎子」「潜水ブルトーザー」ですから・・・。

てな感じで納得して下流へ向かうことに。
すると、久しぶりの独り漕ぎなのか、周りの景色が妙に新鮮に感じるのです。

そうなんですよ。
もっと良さげな可愛い「虎子」が居たのです。
チドリかシギか 20130209
「シギ」です。
詳しい種類は分かりませんが、手が届きそうなところまで近づけます。

褐色で斑紋が入り分かりにくいのです。
それがいざ羽ばたくと翼が黒く縁どられた真っ白な鳥に変わるのです。
長いくちばしもなかなかキュートです。
これがこの日の「虎子」なんだと思いましたよ、ホントに。

次がこれです。
「鵜」の団地です。
鵜の団地 20130209
これは正直 気持ち悪かったです。
巣から全員がジッとこっちを見ていました。(様に感じました。)

こんな感じでウロウロしながら下り、ちょうど干潮前の時間に、ラ~ムサルの「藤前干潟」に到着です。
干潟出現 20130209

干潮時の干潟ですから、川がかなり浅くなります。
実は浅いから安全だと完全に馬鹿にしていたのです。
流れが速い干潟の中 20130209
実は浅い分、とっても流れが速いのです。
これはイカンということで、岸に向かったのですが底が付いて座礁状態です。

足は着きますが、持って行かれそうですし、足がズブズブと入って行きます。
流れを横から受けると2号艇では転覆しそうです。

片足がズボッと干潟に吸い込まれる・・・
もう一方の片足は転覆しかかったカヤックに引っ掛かる・・・
また裂き状態で干潟の中にできた早い瀬の真ん中で「人間潜水ブルドーザー」にはなりたくありません!

それはもう大騒ぎしながらの脱出劇でした。
後から思いましたが、冬の間は、こういう時のためにもウエットスーツやパドルシューズで装備だけはしっかりすべきだと実感しましたよ。

大騒ぎの脱出劇の後、
引いて撮ったトリトンと 20130209 スリップとトリトンと 20130209
ホッとしながら、「名港トリトン」をバックに。

結構ビショビショなった筈なのですが、ウエットスーツとパドルジャケットのお蔭かなのか、意外と直ぐに乾きました。
あと、いつものこの撤収場所は風も避けれますから有り難かったですよ。
乾燥と風よけには最適なスポット またすぐ戻って来るね 20130209
ぢゃ、またすぐ戻って来るからね!


まとめ:
1.干潟の拡大衛星写真での漕跡です。
  干潟拡大衛星写真 20130209
2.横に進んでるところで大騒ぎです。
3.その後は水深30cm位に。
4.いやぁ~、やめられまへん!



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
名場面
コメントパドラーしげ | URL | 2013-02-19-Tue 19:42 [編集]
相変わらず元気そうですね。

「干潟にとられる片足とカヤックと共に流される片足」私以上の場面ですね。


Re: 名場面
コメントaldingbrooke | URL | 2013-02-20-Wed 20:58 [編集]
はい、晴れてますよぉ~。
お布団から出れれば漕ぎに行けます、お布団から出れれば。

干潟と流れるカヤックに何とか今回は内股筋が耐えました。

干潟で横から流れを受ければ多分AirFusionならゴロゴロ転がると思います。
危うくカヤックと「泥んこプロレス」になるとこでしたよ。

ご興味あったらいつでもお付き合いしますよ。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。