異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京アーバン電車行: 『冬の桃源郷』編 - ケンタウルスと化して
2013-01-01-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇
2012年はやっぱり「閘門」で締めくくり!

本来なら都営新宿線「東大島」から出撃地までは7~8分。
今回はちょっとしたトラブルでお巡りさんに助けて貰ったので30分。

そうやく出撃地の閘門「荒川ロックゲート」横の「荒川」側で準備です。
ここで自慢の「ヒラメ」「閘門水先人」に披露。

「閘門水先人」曰く、ヒラメと言うより、のしイカの様だ!」
のしイカ君
珍味で旨いし褒め言葉にも受け取れる・・・

さっそく「のしイカ」に乗ろうとしたら、さまに「のしイカ」になっていた。
なんとデッキ下のコックピットの中に足が入るスペースがなくなっているではありませんか!

「シットオンカヤック」と化したAirFusionに、無理やり足をねじ込めても、いざという時にカヤックから抜け出せません。
それでは「人間カヤック」になってしまいます。

「ケンタウルス」って言うんですか・・・
20060608_174783.gif
これのAirFusion版です。

浮力体の位置や空気圧を試行錯誤でいじくり回して、
ヒラメでなく「のしイカ」に
これでも何となく「ケンタウルス」感は残ってますがね・・・。

出撃に最適なスリップからいざ出帆。
出撃地のスリップ
「荒川」「首都高中央環状線」を望み、いやぁ~アーバンアーバン!

くるりと向きを変え「荒川ロックゲート」に近づくと、すぐに管理棟からアナウンスで水門が全開に。
大きく開いた荒川ロックゲートの中へ

そのまま「閘門」に入り満足げな「ヒラメ」の乗った後期中年ヘルメット野郎
荒川ロックゲート内でのヘルメット野郎

約2メートル水位が下がり、もう一方の水門が全開
高低差 約2メートル いざ旧大川へ

「閘門」から出た何故か先を急ぐ「閘門水先人」と、
「荒川ロックゲート」に向かい合って建つ大型マンション。
閘門水先人はどんどん先へ
後ろを振り返ると「荒川ロックゲート」に後ろ髪を引かれます。
マンションの正面は荒川ロックゲート
もうここに住みたくなります。

しばらく進むとさっき下車した都営新宿線「東大島」駅を括ります。
東大島駅の大島口側は江東区
東大島駅の西側が大島口で江東区で、東側が小松川口で江戸川区です。

そして素晴らしいことに、あちこちにスリップが。
旧大川のスリップその1 江東区 旧大川のスリップその1 江戸川区
ホントに住みたくなります。

そうこうしているうちに見えてきましたぁ~!
いよいよ見えて来ました。そして雌叫びは・・・

ヘルメットから生えるスカイツリー
どうです、このヘルメットから生えた様な「東京スカイツリー」は!

江東区側で、これまた素晴らしい休憩場所を発見!
そして休憩でいったん上陸。素晴らしい停泊地
向こうには勿論「東京スカイツリー」が。

きれいな逆さ「東京スカイツリー」も望めます。
早くも逆さスカイツリーの遠景
漕ぎ進めるとその大きさは想像以上でした。
近づくともうその大きさは想像を超え!
ヘルメットから生え出た「東京スカイツリー」も幹か太くなっていきます。
ヘルメットに再び生えたスカイツリー

江東区と墨田区の三叉水路からの風景。
三叉路からのスカイツリー
今日イチのショットと思ってます。

この辺りまで来るともう見上げてばかりで・・・
もうこれが限界か!首が痛くて・・・
ここから「東京スカイツリー」まではもう300mです。
「十間橋」を越えたらもう首が痛くなって来ました。

先程の三叉水路まで戻り南で進路をとります。
すると何やらレンガ造りの廃墟が・・・
レンガ造りの桟橋跡
前大戦時の空襲なのか、関東大震災なのか、はたまたもっと古いのかは分かりませんが、時空を超えた感覚に。
何かが見えて来そうなレンガ造りの桟橋痕
その他にも、橋の下に古い木製の橋脚や、それがまた焼けた跡が残ってたりして・・・ホント時間が止まった様にも。

そのうち浚渫工事現場に出くわしましたが・・・
浚渫工事の中を誘導され
作業員の方が本当に親切に誘導してくれます。
写真はオイルフェンスを舳先で開けてくれる工事関係の動力船です。

JR総武本線の鉄橋です。
JR総武本線が
つまりすぐそこは「錦糸町」駅ですね。

さてここで「閘門水先人」は残して江東区スポーツ会館へトイレ休憩に向かいます。
クローバー橋からのショットですが、サンテンで居眠りする「閘門水先人」と「東京スカイツリー」の遠景です。
クローバー橋からのスカイツリー
北から下って来たここは十字水路となっている。
東は「荒川ロックゲート」へ。
西は「扇橋閘門」を抜け「隅田川」へ。
南は堰があってしかも泡が凄くてその先はどうなってるんでしょう???

サーフィン用ワンピースのウェットスーツとロングパドルシューズに、あのヘルメットという出で立ちだったからなのか、江東区スポーツ会館受付のお姉さんから「ご苦労さまです。」と深々とご挨拶頂きました。

トイレは受付嬢のすぐ前にあり、どういう訳かトイレへの入口のドアは開けっ放しです。
ワンピースのウェットスーツですから、もうほとんどスッポンポン状態にならなければなりません。

しょうがないので個室に入ってゆっくりと用を済ませ、またウェットスーツにロングパドルシューズとヘルメット姿で戻ろうとしたら、「お疲れさまです。」とまた深々とご挨拶を頂きましたので、こちらも笑顔で頷き大股で背筋を伸ばしさっそうと「閘門水先人」の所へ戻ります。

とってもいい気持ちです!


まとめ:
 1.ここまで16.69km
   東京遠征2012 前半
 2.後半は扇街閘門がまってます。
 3.ワンピースのウエットスーツはもう大変!
 4.あらら、気が付いたら年が明けて謹賀新年です。



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントびん | URL | 2013-01-02-Wed 12:01 [編集]
水路から見るスカイツリーいいですね。スカイツリー自体まだ見たことがないんですが一度は漕いでみたいところです。
特に「旧中川」は素晴らしい!
コメントaldingbrooke | URL | 2013-01-02-Wed 22:04 [編集]
謹賀新年!

とっても良いところでした。
特に「旧中川」は素晴らしいところでした。
途中で東京都の市民レガッタクラブの練習と何度もすれ違い(追い抜かれ)ました。
「逆井の渡し」辺りでは、今もコサギがかなり羽を休めており感動です。
我々「後期中年」にはホントに羨ましい環境でしたよ。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。