異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒中での行き当たりばったり - 「2号艇1次安定性改善の効果の不確認」 は 「母港の改良(液状化対策)」が言い訳か!?
2012-12-08-Sat  CATEGORY: 心象漕行 - 道具/修理
今朝は9:00AMに気温が10℃まで上がったので母港の「庄内川」「大蟷螂(だいとうろう)」に行って来た。
水路図20121208 鉄道路線図20121208
「水路図」と「鉄道路線図」(クリックで拡大)

10:00AMに自宅を出発し地下鉄から近鉄に乗りついて11:00AM過ぎには最寄りの近鉄名古屋線「伏屋」駅に着いたのではあるが寒い。
いや本当に寒い!
それに風も日本海から琵琶湖を越えた「伊吹颪」も強い!

(自宅に帰ってきて調べると、名古屋ローカルな話ですが、今日の最高気温は11℃正午には5℃まで下がりそのまま夕方には1℃まで下がったそうである。)

実は今朝、どういう訳か6:00AMに気持ち良く目覚め、風もなく冷たく感じなかったものだから、先週の日曜から2号艇 2号艇: AirFusion, Advanced Elements )のエアチューブと浮力体の1週間放置試験結果確認(ホントは先週組み立てたまま解体するのが面倒になっただけですが)と、予てから考えていた1次安定性改善の改良(これはホントに考えていた)をした。

2号艇「AirFusion」の艇幅はカタログ値63.5cmに対し、実測値はなんと54cmだったのです!
道理で難しい筈です!!
(冬だから縮んだのだろうか???)
しかし54cmと言えばFeathercraftのあの「Khatsalano」より2cmも狭いのである!!!

  ↓↓↓そこで考えたのがコレ↓↓↓
改良治具スリッパ20121208
まずは感謝している女房のベランダ用スリッパをこっそり改良(解体?)

この変身極秘スリッパと、あの有名な「OGKキャリーカートLL PG-018」でこんな具合に
改善詳細20121208
OGKキャリーカート LL PG-018

  ↓↓↓そして<使用前>54cm が↓↓↓
使用前20121208
  ↓↓↓これで<使用後>56cm に↓↓↓
使用後20121208
まぁそれでも56cmだからまだまだ「Khatsalano」級です

この後、バルコニーの人工芝の上で乗ったり降りたりして取り敢えずは満足です。
9:00AMには太陽からの日差しも心地よく、もう汗だく状態になる程になりました。

しかしこうなると動きたくなってきました。
これはもう試験漕行しかない!
早速ウエットスーツを着込み、冒頭で触れた通り11:00AM過ぎには最寄りの近鉄名古屋線「伏屋」駅に到着!!

自宅からの移動は、地下鉄と地下街にある近鉄名古屋駅乗換であったのでだが、「伏屋」駅ではいきなり凍えるような冷たく強い「伊吹颪」が・・・
これで体もカチカチ、気持ちも完全に萎えてしまいながらも何とか母港の「庄内川」の「大蟷螂(だいとうろう)」までは来たのだが、そこは何だか物騒な感じに・・・
テロ対策警戒実施中20121208

なんと「東日本大震災」後の堤防耐震補強工事らしい。
国交省20121208
発注者は国土交通省かぁ。

いつもの「Magna Cart™」と違い、今日は前述の「OGK」なので、重心が高いのに持ち手が約10cm低いため、肘の関節を捻じったのか痛みだし、堤防の上まで上がったのではあるが・・・この風です。
フキナガシ20121208
白波こそ少ないが、絶え間ない結構な突風です。

下流側には重機が凄い音を出して作業をしてますし、
下流側20121208
上流側でもやってます。あれれ・・・虹かな・・・
上流側20121208
  ↑↑↑中央に ↓↓↓中央左端に
虹かな20121208
虹まで出てますがら雨が降ります冷たい雨が・・・
虹だ20121208

まとめ:
① 「電車行」も電車で大荷物を無駄に運ぶだけに終わることも知ったが、
② それを「行き当たりばったり」とも言うが、
③ 今回は後期中年の分別ある「勇気ある撤退」としておきましょう。

追記:
1週間放置試験後の結果ですが、後ろの浮力体が萎んでおりました。
再度、膨らませたところ問題なさそうでしたが、今晩あたり湯船で再確認かな・・・とうとうカヤックと一緒にお風呂に入るカヤック馬鹿に・・・。
結構みんなやってんのかなぁ~


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントびん | URL | 2012-12-09-Sun 23:17 [編集]
aldingbrookeさんがカヤックと一緒に風呂に入っている絵を想像して笑っちゃいました。
毛羽立った毛玉
コメントaldingbrooke | URL | 2012-12-10-Mon 08:51 [編集]
湯船に入る前によく掛け湯することをお勧めします。毛羽立った毛玉で大変です。
AirFusionの浮力体の場合ですけどね・・・i-278
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。