異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大河「木曽三川」を閘門2連チャンの一気通貫 - 計画/出撃編
2012-10-24-Wed  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 3号艇
まずは女房に感謝しながらも、まずはこれを見て頂きたいのです!
GPSデータ121020 25.85kmで4.76km
そうです!
そうなんです!!
ついにやりました、大河「木曽三川」一気通貫を!!!

今回は、「閘門」専門家の応援もあり、これを「水路」のみで。
それで全く正反対な風情の2つの「閘門」を堪能。

かたぁ~や、文化遺産で、何ともメルヘンチックな「船頭平閘門」を。
こぉぅなた、現代の産業発展のための権化の様で、怪物のような「長良川河口堰」の「閘門」を。

今回の漕行は、木曽川の近鉄名古屋線の高架下から東海道五十三次の42番目の宿場「桑名の宿」まで。
漕行距離 25.85km、平均時速 4.76km/h
出撃・出帆は8:43で、撤収は1:26の5時間弱の漕行でした。
(こんなことが分かるのも例のデータロガーのおかげですなぁ~!)

まずは名古屋市営地下鉄「八田」駅で近鉄名古屋線に乗り換えパシャリ
近鉄名古屋線で

近鉄「弥富」で下車し、旧東海道の脇往還佐屋街道近くを通る、国道1号線をひたすら西へ
現在の東海道

そして出撃地 近鉄名古屋線の木曽川の高架下に
出撃地

早速 組み立て開始です。
サンテン乗りの閘門専門家も、何やらブツブツ言いながら念入りにテンション掛けです。
閘門専門家
高架下での組み立ては、頻繁に走る近鉄の騒音が・・・かなり煩いです。

閘門専門家の、なんと表現しましょうか・・・「お座敷サンテン」
お座敷サンテン

いざ出撃ということでパシャリ
いざ出陣

しかし本当にデカいです、木曽川は!
大河木曽川
向こうに見えるは、養老山系(三重・滋賀・岐阜の県境)です。

余計ですが、小生の いや3号艇の雄姿もついでに
小生の雄姿

これまた余計ですが、「今日イチ」のショットです。
キョウイチ

5kmほど木曽川を溯上する途中で何度かしじみ漁船に遭遇!
しじみ漁船

木曽川の川幅が大きすぎて、最初の関門である「船頭平閘門」へ通じる水路の位置がなかなか把握できませんでしたが・・・
あれが閘門の入口か?
ようやくそれらしき感じが。

そしていよいよ「船頭平閘門」となるのですが、ここで中締めにさせて下さいまし。
(眠くなってきました・・・すんまそん。)

まとめ:
しじみ漁の漁師さんにご挨拶の会釈をすると必ず返して頂けます。何故か妙な一体感の様なものを感じます。(もちろん皆さん屈強な方々で、女性のしじみ漁師さんはいらっしゃいませんでしたがね



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。