異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3号艇ダッキーの修理 - 舳先が萎(しぼ)んで!
2012-10-14-Sun  CATEGORY: 心象漕行 - 道具/修理
小生の特攻艇となりつつある「3号艇( Mirage i9S, Hobie Cat Company)」で当初より気になることが。
舳先、つまり船のさきっぽが萎(しぼ)むのです。

大仕事「大河 - 木曽三川縦断」を前にしてこの問題は解決しておかないと。
そもそも3号艇はダッキーでありますから、肝心な時に萎んでいては困ります。

3号艇には船体の右と左、そして船底部分に、大容量の空気室があります。
そして舳先部分にも空気室があります。
この舳先部分のバルブだけが安価な構造になっていてそこを疑ったのですが、
 P1020552.jpg 
石鹸水実験ではそんなとこではなく、
ななななぁ~んと、船体布と舳先(黒い部分)の接着不良だったのです。
P1020555.jpg
こんなとこから洩れていたとは・・・何だか疲れがどっと出てきました。
アクアシールやウエットスーツ用補修材を考えましたが、もうショックでどうしたら良いか呆然です。

そんな状態で思い出したことは5月の「お尻ボロボロ」事件でした。
  お尻ボロボロからの復活! 

もうこれしかありません。「高機能弾性接着剤」に助けてもらいましょ。
P1020577.jpg
今回はScoch社製ではなくセメダイン社製のを。

付属で付いていたヘラで、隙間にも押し込みながらもうベトベトに。
P1020570.jpg
ついでSail(帆)のこんなとこにもベトベトと。
P1020574.jpg

しかしホントにこんな対策でいいんだろうか?
まぁ舳先だけでよかったと言えばそうなんですが・・・。
「品質」って大切だと身に染みて分かりましたよ。はぁ~チカレタビ!

まとめ:
今まで萎んだ状態であれだけのパラダイス感を与えてくれた3号艇よ!
よりパワーアップしたパラダイスに連れて行ってくれ!!!



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。