異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
「蛹(さなぎ)から蝶(ちょう)」へ - Butterfly Kayaks その2
2012-08-14-Tue  CATEGORY: 心象漕行 - 鍛錬/修行
ロゴ
今では蝶(バタフライ)にしか見えないが、最初はトンボに見えたのは小生だけではないと・・・。

なぜ「バタフライ」と言う名前なんだろう。
高島氏談:
1.考案したコックピットポットを蛹(さなぎ)に例える。
2.そしてそれが成長して美しい蝶(ちょう)になる。

つまりコレが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こうなる様に・・・・・・
さなぎ ちょう

これが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こうなると言う訳である!!
さなぎ 蝶のように

なんとも夢のある命名ではありませんか!!!
「とんぼ」には「さなぎ」過程はなく「ヤゴ」から「成虫」だった様な・・・

この「さなぎ」、なかなか大変である。
ガラスを樹脂にコーティングするらしい。
所謂 FRP - Fiber Reinfoeced Plastics
鬼才と幼虫
そのFRPで悪戦苦闘する高島氏。

プレミアム感を十分に感じさせさせますが、こりゃ大変だ!
とても後期中年に作業しながら維持できる姿勢ではない!!

こっそり離れ(逃げ出し)屋上に上がるとそこには・・・
ななな、なんじゃこりゃ~!!!
大型ファルトカヤックの型
するといつの間にか後ろに高島氏。
「2000年に奄美カヤックマラソン(なんかそんな名前でした・・・)に出場したときのファルトカヤックの型です。オーストラリアでは・・・(話は永遠続きます)」

歴女
ところで歴女ってどこにいるんだろ・・・。



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
承認待ちコメント
コメント | | 2012-08-24-Fri 21:24 [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.