異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新舞子(伊勢湾知多半島)で轟沈?!
2012-04-29-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇
さてさて何の心の且つ物理的な準備ができていないのに、いきなりGW(ゴールデンウィーク)となってしまいました。
朝起きると家にはもう誰もおらず、少し寂しいながらも平穏な独りブランチ。
しかも外は、昨夜の歓楽街での深酒明けとしては勿体ない程の素晴らしいお天気です。

そこでいざ『新舞子』へ!
地図 新舞子
まぁこんな位置関係です。

どうです! 見事なほどスマートに緊縛された「2号艇」です。
スマート緊縛2号艇
自分を褒めたいぐらい上手になりました。

2号艇にとっては、ほぼ1か月ぶりの自動改札です。
久しぶりに自動改札と
よく考えると初JRです。

改札入るとすぐにエレベーターです。
素晴らしき環境
まったく「電車行」には素晴らしい環境です。

ホームでパシャリ。
もう長年連れ添ったような・・・
もう長年連れ添った、本当の古女房の様です。

そして見てください。このお行儀の良さを。
お行儀よく
もうこれは「名犬ラッシー」「忠犬ハチ公」の如くです!

新舞子駅の自動改札です。
110cm仕様自動改札
通路は110cm仕様で、もう言うことありません。

この踏切を渡った先に海岸があります。
踏切と
絵に描いたような美しい踏切です。

ウィンドサーフィンの方々とパドルボードの方の姿も!
今日のfield1
こちらはかなりの新米ですから、向こう岸に見えるファミリーエリアに。

橋を渡って見えて来ましたファミリーエリア。
今日のfield2

人影もまばらですし、ここなら受け入れて貰えそうです小生でも。
今日のfield3
このあと一気に組み立てていたところ、日頃から興味を持っているお父さん達から、いろいろとお声をかけて頂き、この場所にすっかり溶け込み浮かべてみました。

拍手すら送って頂くお父さんも。
ニッポンていいな! 休日のサラリーマンお父さんっていいな!

小生の知るこの世界の大家の方(てっさん)の「常識人か小心者か」という記事がありました。
そんな大家の方でさえ「常識人か小心者か」で悩んでいるのかと勇気を与えられたものです。

今回の小生は「小心者」ではなかったと思っています。
でも、どうも「常識人」でもなかったようです。

今回は台車をカヤックのデッキではなく底に収納したので、1次安定性はともかく、2次安定性のレベルを確かめながら、少々無茶な重心移動をしての試運転を楽しんでおりました。
もちろん 痛い程 休日のサラリーマンお父さん達の視線を感じながら。充実感!

「ちょっとそこのお父さん!」
何やら明らかに敵対的な抑揚で呼びかける地元安全パトロール風の70歳代男性です。
「ここはカヤック禁止です! すぐに上がって下さい!」


遊泳がまだ禁止されているとはいえ、やっぱり防護柵がある内側でカヤックをやる小生は「非常識人」であったらしいのです。
地元安全パトロール風の70歳代男性の説明では、防護柵は浜辺で遊んでいる人たちを、ジェットスキーやウィンドサーフィンから守るためなんだそうです。

防護柵の外でやるのが怖いので防護柵の内側でチャプチャプやりたかっただけなのですが・・・。
しかし、小生も見方によっては、『チョイ悪おやじの海の暴走族!』。何だか妙な満足感さえ感じます。

でも事実は「小心者」なので防護柵の内側でチャプチャプやって「非常識人」になるという何だかパッとしない情けないパターンとなってしまいました。
撤収1
地元安全パトロール風の70歳代男性からの指摘ですっかり「非常識人」となった小生には、上陸しても もう誰も来てくれません。トホホ。

でも緊縛だけは益々上達します。
撤収2

向こうには中部国際空港も見えてました。
セントレアをバックに

そして一気にJR 大曾根まで帰還。
55cm・110cm仕様の自動改札
110cmと55cm自動改札前でパシャリです。

<まとめ>
日程: 2012年/4月/28日(土)
場所: 新舞子(愛知県知多市緑浜町)
行程: JR 大曽根 => JR/名鉄 金山 => 名鉄 新舞子 片道730円
     乗換時間を入れても40分
使用艇: 2号艇
     Advanced Element社 Airfusion (  Airfusion, Advanced Elements
特記:  防護柵の役割はもう十分に理解できた。
追記: 「電車行」ならではで、帰りの乗換駅「金山」の駅構内で缶ビールと焼きソフトするめを楽しんだが本当に旨かった。
      もちろん帰宅後いつもの馴染みのお店の120324_2038~001はいつもより最高に!



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントびん | URL | 2012-05-26-Sat 09:46 [編集]
こんにちは
新舞子マリンパークは確か遊泳も禁止されているし何かとうるさいところですね。旧新舞子の海水浴場はその点オープンですね。
Re: タイトルなし
コメントaldingbrooke | URL | 2012-05-26-Sat 21:47 [編集]
これはこれはびんさん、ご訪問ありがとうございます。
新舞子マリンパークの帰り、新舞子駅に戻る前に対面の浜(多分これがびんさんの言う旧新舞子の海水浴場と思ってます)のウインドサーファーの方と、使用制限等の情報を入手しようとお話したのですが、ひょこっと橋(ファインブリッジ)の下を覗いて見ると大勢(十数名)のサーファーの方々、しかも平均年齢約40歳の落ち着いた雰囲気でした。
そのうちにまたリベンジしたいと思ってます。また、Sail仕様にした3号艇ででも面白いかもしれませんが、前回(5月13日)の長距離歩行で、右ひじの関節を少し痛めたようで、当分はあの重量級を陸漕行するのは・・・てな訳です。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。