異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「バッファローの墓場」 完結編
2012-03-12-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 1号艇
DST(Daylight Saving Time)明けの3月11日(日)、奇しくも東日本大震災の1年後、バファローのお墓参りを決行!

まずは途中のGスタンドの見事な星条旗をパシャリ。
天気晴朗なれども波高し
快晴で気温も朝から6℃ですが、予感させます「天気晴朗なれど波高し!」

まだ寒いですから「沈」はやはりどうしても避けたいです。
今回も迷わず1号艇 Point65のTequilaを選択。 (  Point65 Tequila )

単独行動で人知れず「沈」は悲しいと思っていましたら、ありがたいや、お友達からの応援です。
愛車Toyota FJ Cruiserはもう売り払ってなく、Honda Odysseyでお迎えまでして頂きました。
オデッセイ
何だがPoint65 Tequilaのプロモ写真みたいに。

今日はもうフルコースを楽しもうと途中からではなく、いつもの「メガネ橋」から突入です。
めずらしいタンデム仕様のテキーラ
1号艇のTequilaもTandemでは滅多に出番がないので貴重な写真となりそうです。

そろそろ飽きた「テポドン発射台」も抜け、
まずはテポドン
そして堰が見えて来ました。上向結腸がなくなって以来初です。
堰へ
ここまでで、約1時間。

堰でかなりパシャリ
堰下流側
これは下流側で、次が上流側です。
堰上流側
そして山本リンダは「かなりシャナリ

堰を越えてもかなりパシャリ
Moss湖へ
まだまだここから2km程あります、「バファローの墓場」までは。

そして45分後にやってきましたが、見上げるような大きさだったものがこんなに朽ち果てて。
諸行無常1  諸行無常2

そしてやっぱりここは墓場でした・・・
諸行無常3
気持ち悪くて本当の正体は敢えて確認しませんでした。

気を取り直して、大型船進水場所でパシャリ。
かなりヘトヘト
でももうヘトヘト立ち上がれません。

今回の助っ人、「バファローの墓場」の番人を自負するC野氏と。
(この逆光のアングルが酷くてなかなか・・・)
雄姿1

小生も後姿デビュー。
雄姿2
そして足指デビューはC野氏。

ビーバーの巣でパシャリ。
ビーバーの巣
こんなのがあちこちにありました。

そして堰まで戻ってきました。
堰1
きれいな風景に見惚れていると堰へどんどん吸い込まれます。
堰2

再び「メガネ橋」に。
戻り「メガネ橋」

岸辺で乾かし撤収です。
撤収

今回のまとめ: 姿あるものは朽ち果てる。
あれだけ自分の中でも盛り上げた「バファローの墓場」でしたが、あっけなく終わってしまいました。そうそう旨いオチが何度も訪れませんでしょうし、いくら興奮を追い求めても人生そういう時もあるというお話ということで・・・。
   
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。