異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「バッファローの墓場」は遠かった!
2012-02-26-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 1号艇
朝起きたら青い空です。しかも風もありません。
青い空
今朝はマイナス9℃まで冷えましたが、10:00にはほぼ0℃まで上がりました。
そこで今日の目的地を通称「バッファローの墓場」としました・・・が、残念ながら最も近い出撃ポイントへの道が通行止め。
通行止め
通行止めのところから出撃ポイントまでは1km程ですから、携行可能な2号艇 (  Airfusion ) なら日頃の『心象漕行』での陸カヤックの成果を試すのですが、今回 沈はそのまま titanic となってしまいますから安定性は抜群の 分割sit-on-topのテキーラ 1号艇 (  Tequila ) で来たためちょっと無理です。

ところで「バッファローの墓場」ですが、森のような沼地を抜けちょっと見通しが良くなったところで突然現れます、こんな感じで・・・・
マンモス墓場のような・・・
{この写真は喩えですから象ですが、}初めて遭遇したときは小雨のなかで視界が悪く急に現れましたからホントにビックリ(@_@)しました。
しかもこんな感じで動きだしたら大変と本気で思いました。 バッファロー
「バッファローの墓場」 近いうちにご紹介したいと思います。

話は戻りますが、やっぱり寒いもんですから、新兵器を試します。12ドルでした。
(なにけにエキササイズローラーと)
秘密兵器
これを厚手のソックスの上から履き、ビニール草履で歩行しましたが、思った以上に快適でした。

そして結局いつもの「メガネ橋」のポイントへ。
いつもの

いざ出撃です。
では出艇

途中でカモの夫婦をパシャリ。
カップル

いつもの「テポドン発射台」ポイントに。
またテポドン
「テポドン発射台」をクローズアップ!
発射台アップ

この後 雪解け増水による思ったより早い流れと強くなってきた風に阻まれ川を遡るのは早々にあきらめました。
もっともいつもの「メガネ橋」ポイントから「バッファローの墓場」へは、川を5km遡らなければならず、途中に堰もありますし、比較的大きな池を二つ(1kmと600m)横断する必要がありますから前述の通行止め出撃ポイントがダメになった時点で・・・夏なら2時間で到達できますが、とにかく日頃の運動不足と新兵器含めた極端な厚着で、もし沈すればそれはすなわち即・・・・titanicだけは避けたかったのです。

そんな訳でまた「メガネ橋」ポイントへ。
断念

時間もあるので「メガネ橋」に接近。
下流へ

タイムトンネルのようにも・・・。
メガネ

でも何も起きませんでした。
メガネの向こう側

流れの少ないところはまだ凍って・・・、
流れのないところ
と 思ったら4羽のカナダグースが横からアウッアウッアウッと、これまたホントにビックリ(@_@)!
カナダグース

「メガネ橋」ポイントには他のお仲間も。こっちの人はみんなワイルドです。
お仲間

再上陸後にパシャリ。
再上陸
立て掛けてもみました。
再上陸2
通称「バッファローの墓場」とは、実際はひっくり返った大きな切り株(たぶん)のことで、最初に見たときは視界が悪く、溺れて絶命したバッファローがお腹をパンパンに膨らせて手足がピーンと延びた状態で仰向きに倒れている様に見えたことから名付けられた訳ですが・・・・・気持ち悪い説明でどうもすみませんです。

お口直し(?)に名古屋都心を流れる堀川です。
名古屋 堀川
今月初めにこっそり下見をしましたが、都会の川もなかなか・・・なんでしょう。
そのうち挑戦したいと思ってます。

何だかまとまりませんが、これを読んで頂いている方の「バッファローの墓場」への期待だけが大きくなってなければ良いと思ってます。


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

「バッファローの墓場」は遠かった!をアップした翌日に、緊急連絡を頂きました、お友達から。(基本的に嫌われ者の小生ですが、それでも数人の奇特なお友達がいてくれてます。)
その方はGeorgia州からわざわざMichiganに引っ越して来られ、小生が寂しかったので無理無理作ったミシガン子丑寅会(1960-62年生まれの会)の近所にお住まい(それでも20km離れてます)の日本人の方なのですが、昨夏に「バッファローの墓場」墓参り(???・・・ホントに奇特です。ありがたいです。)をした時のお写真を送って頂きました。
バイソンの呪い
「フィルムは水中カメラの取り残しを使ったが、まだ成仏できてないのか、現像したら写真の区切りがずれてしまっており一部しか映ってなかった。」とのコメントがありました。(真性奇特です。もう眩しいです。)

これは小生の全くの私見ですが、でもやっぱりいきなりお墓にのっかったらイカンと思うのですが・・・。(因みにその方は「マンモスの墓場」と名付けられておられました。)

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。