異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いざ 初『飛行機行』へ! (前編)
2012-03-20-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇
ついに 『飛行機行』 に挑戦!
心象飛行
( 今回の カテゴリー「出撃 / 撤収 記録」 としております。 )

日程: 3月/21日
航路: Detroit Metropolitan Wayne County Airport => 中部国際空港
      (  DTW: Detroit AP => 中部国際空港
航空会社: Delta
      (  Delta Airlines B747 Landing at NGO )
携行カヤック: 2号艇

       (  Airfusion, Advanced Elements )
       (  Great Kayaking with Airfusion )

まずは関係する航空会社毎の手荷物のサイズ制限を確認。
少し調べて分かったのですが、航空会社によって微妙な違いが。
ここは実用的に DeltaJAL国内線 で。

まずはDelta
Delta Logo
<機内持ち込み手荷物>
機内持ち込み手荷物
手荷物の縦+横+高さの合計が 45in / 115cm 以内で重量制限は特になし。
因みに2号艇の公称Packed Bag Sizeは、35in x 21in x 9in で 65in の 165cm ですから機内持ち込みは論外。

<受託手荷物>
受託手荷物
縦・横・高さ、3 辺の合計が 157 cm(62 in)で基本 2個/人
重量はエコノミーで50ポンド(23kg)、それ以外で70ポンド(32kg)
2号艇の公称Packed Bag Sizeは、35in x 21in x 9in 65inでしたが、実測で 68in 173cm ですから受託手荷物でもヤバくなってきました。
三役揃い踏み
因みに3号艇は 187cm で飛んでもないことに。
小生の市販の大きいスーツケースが実測で 高:75cm 幅:52cm 奥:35cm で 162cm ですから、これがほぼ限度ってことに。
こりゃえらいこってす!!!

超過料金は個数・重量・サイズでそれぞれダブル・トリプルで課せられるようです。
個数: 手荷物 3-10 個:1 個あたり 200 USD/CAD/EUR
重量: 手荷物重量 51-70 ポンド:75 USD/CAD/EUR*
     手荷物重量 71-100 ポンド:200 USD/CAD/EUR*
サイズ: 手荷物の縦+横+高さの合計が 63-80 インチ(161-203 cm):175 USD/CAD/EUR
     手荷物の縦+横+高さの合計が 81-115 インチ(204-292 cm):300 USD/CAD/EUR

つまり今回もしも3号艇も一緒に「飛行機行」すると、個数で200 USD、重量で75 USD、サイズで175 USDで、合計で450 USDですから、これを往復やるともう1艇買えてしまいますから、この辺のことはしっかり理解しておかないとホントにえらいことになってしまいます。

つぎに一応JAL国内線も
JAL Logo
<機内持ち込み手荷物>
機内持ち込み手荷物
手荷物は、チェックインカウンターおよびゲート付近に設置されている機内持ち込み手荷物チェックの範囲に無理なく収まるものとし、サイズは約 22 x 14 x 9 インチ(56 x 36 x 23 cm)以内で重量は10kg。
もちろんこれはもう論外。

<受託手荷物>
受託手荷物
50cm×60cm×120cm以内か3辺で203cm(80in)
素晴らしき日の丸航空会社! 国内の移動に関しては全て解決!!
少しヤヤこしいですが、重量は 一人20kgまで無料で1個あたり32kg以内・合計100kg以内。 超過料金は1kgあたり300円。 因みにANAの超過料金は 1-10kgで2000円 11-20kgで3000円ですからどっちがお得かは微妙ですが、どっちにしろ宅配便程度ですから予算的にも許容範囲ですね。

話を戻しますが、今回は何としても2号艇を超過料金なしでDeltaに乗せたい訳ですから、
①本体・浮力体・アルミポールとシートのみを携行カバンに。
 (パドル・ポンプ・台車はスーツケースで運ぶ。)
②(趣味ではないが、)きつく縛り上げる。専門用語で「緊縛」する。

以上の対策で実測で 68in 173cm 60in 152cm に!
(目標の縦・横・高さ 3辺の合計は 62in 157cm)
右手前寄りが「緊縛」2号艇です。
( 副題: 新3役揃い踏み with いつもの仲間と )
2号艇のbinding

しかしそもそもサイズがオーバーしようが個数が増えようが、最悪の場合でもお金を払えば済む筈なのですが、実はとっても気になるその最大の課題が目立ってきました! DeltaのHPでしっかりと謳っているのです、「カヤックはお預かりできません。」と!
カヤックは・・・

もう時間もないのであとはいつもの如く突撃するだけです。
凍った川や湖に出撃するよりは、明らかに安全ですし ようやく憧れのニッポンに帰れる訳ですし 毎晩 干物に芋焼酎を楽しめる訳ですし 日本語ならペラペラですし  それにたぶん女房もやさしくなるでしょうしね

些か間延び気味ですが、最初に宣言してしまった様に、今回の カテゴリー「出撃 / 撤収 記録」 としておりますから、何とか 水の上でPaddleを使う ところまでの <前編><後編><完結編>3部構成 のリアルタイムのシリーズを目論んでおります。残った横行結腸と下向結腸がまた延びて縺れなければ良いのですが・・・・。


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。