異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安曇野三川で 『 The 単身赴任シンドローム 』 に陥る!
2015-07-15-Wed  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


もう十分な準備練習というか、

おだんごで甘酸っぱさは堪能したです。


その日6月27日は遂に 「SunnyEmotion 」 のPR3ツアーだ。

またShiva氏に7:00AMに宿にピックアップ頂ける。

「電車・バス行」野郎には大変助かる。


今回のコースも早朝からのShiva氏の下見で

そのコースが決まる。


ただ「飛騨川」の上流をガンガン攻めたいと

Shiva氏の想いを聞いていたので、

前日の「前川」ので個人練習場で、

おだんごで甘酸っぱさ堪能となっていた訳です。


前回5月に「高瀬川」の大町より上流部分を、

ガイド頂いたが、あのクラスだとしたら確実な

Eddyのキャッチができないとエライことになります。


メンバーは小生以外に2名だそうだ。

PR3の常連の方々の様だから迷惑かけない様にしないと。

でもまた今回もサポートで好青年S氏がついてくれる。


もうワクワクしながら、宿の「ごほーでん」で

Shiva氏の車を待っていた。

20150627 Shiva氏のバス登場せず

7:00が7:30のピックアップになり、

そして7:30が8:00に変更になった。

20150627 ごほーでん裏は万水川だよーん!

雨も前日に十分に降ったので水量を期待できる。

こりゃShiba氏は「飛騨川」に決め打ちしたな!


そして8:30に。

「ごほーでん」の裏の「万水川」をソワソワしながら眺める。

20150627 絶好のPackrafting条件なのに

あららもう9:00だ。

20150627 ツバメ

ツバメたちは忙しそうですが、

小生は「ごほーでん」前で

20150627 ごほーでん本館

朝食バイキングのコーヒーお替り自由で

お腹が少しカポカポ状態。


そこにやって来たのが好青年S氏だ。

よかったぁ~!

どうも置いてかれた訳ではない様だ。




いやぁ~ビックリしました。

好青年S氏によると、Shiva氏は早朝からの

ハードな下見で気分が悪くなったとのことだ。


Shiva氏の下見は、道なき道の下見ですから、

実は心配していた(ホントですよ)んですよ。


それにしてもShiva氏がトラブっても、

好青年S氏がしっかりバックアップできる

体制がある 「SunnyEmotion 」!

Shiva氏への信頼は小生の中でますます大きくなる。


好青年S氏から「飛騨川」へ予定通り

行きましょうと誘われたが、

良く考えると「飛騨川」はあの「木曽三川」の一つ

「木曽川」となり、そしてあの伊勢湾名古屋港に

繋がる川ではないか!


ここで一気に「The 単身赴任シンドローム」モードです。

小生、名古屋からの単身赴任なもんですから。

「飛騨川」を下ったら里心が芽生え、

川崎に帰れなくなっちまいますよ




そんな訳で大人しく川崎の単身赴任アパートに

帰ることとした。

もちろん好青年S氏が「安曇野スイス村」まで

高速「バス行」の小生を送ってくれた。

20150627 完璧なバックアップ体制

なんとも娘に紹介しいた程の好青年だ!

好青年S氏のご尊顔には『売出し中』マークを貼っておこう!




後記:

安曇野に集まる川は三川ある。

犀川・穂高川・高瀬川だ。

ここを 「 木曽三川 」 にちなんで、

20150627 三川の合流

『 安曇野三川 』 と名付けたい!






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。