異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多摩川 「電車・バス行」 ~ 都会派のあなたに贈りたい! <二ケ領宿河原堰 ~ 調布堰>
2015-05-14-Thu  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


休日に単身赴任先のアパートで、

キヌサヤエンドウの筋を取って

ばかりいてもしょうがない。

20150510 北斎 冨嶽三十景武州玉川
( 北斎 冨嶽三十景武州玉川 )


今回は久しぶりに 「電車・バス行」。

艇は 「 4号艇: Denali Llama with Cruiser Spray Deck - Alpacka Raft LLC 」 でっす。

多摩川の小田急線「登戸」近くの

「二ケ領宿河原」の堰下から出撃。

20150510 宿河原から

初めての場所でしたが水への

アクセスは悪くありません。


そんな急な流れではありませんが、

前日が雨でしたの水量はそれなりに

あると思い、安全のため自転車用の

カスクを被ってみました。

20150510 カスクで

いざという時にどれだけ効果があるかは

判りませんが、自転車のかつての競技用防護具ですから、

気分は引き締まりまっす。


もうここからは4km下流の「二子玉川」のおっしゃれな

ビル群が見えます。

20150510 遠くに二子玉川が

すぐに最初の瀬が現れます。

いやぁ~、1級にも満たないクラスですが、

波の音はそれなりの迫力なので緊張します。

20150510 最初の瀬

しかも都会の川ですから、

川底からどんな人工構造物が

突き出しているか分かりません。

20150510 ハザードには事欠かない

流れも意外とありますから、

上手くハザードを避けながら、

また水面の変化でその下に潜んで

いるかもしれないリスクを避けながらの

ダウンリバーです。


「二子玉川」までの最初の難所は

「東名高速」高架下と考えてました。


歴史ある大型人工構造物ですから、

建設当時から放置された建設資材が

朽ち果てて鋭く突き出しているはずです。


かなり注意しながら近づきましたが、

結構 きれいに整備されており、

あっけなく通過できました。


東名を越えてからも数回の瀬があります。

20150510 東名を越えても瀬

そのうちに蜃気楼のように「二子玉川」のビル群が

20150510 蜃気楼のように・二子玉川

見えてくるんですが、

「漕ぎ初め2015」では恐ろしくて通過できなかった、

「二子橋」をくぐろうと思いスカウトしてみました。


案の定、近くには人工構造物のなれの果てというのか、

鉄筋が鋭く突き出たコンクリート片が川岸にあります。

20150510 恐ろしい人工構造物のなれの果て

こんなのがあの橋の下で水面から突き出してたら・・・・

想像しただけで縮こまってしまいます。


橋の下で水面をみてまた(@_@)

20150510 アユの遡上か???

何万匹という稚アユの溯上です。

延々と続いています。

いやホントにビックリですねぇ~。


ホントに稚アユなんだろうか???

もしかして大地震の前兆かなんかだったりして

そんな心配すらしてしまう数でしたよ。


そんな稚アユ達に逆行して・・・・

いや逆行しているのは彼らで、

小生は川の流れに沿って・・・・・

(あぁ~よく分からなくなってきましたが、)

いざ突入です。

20150510 いざ突破す!

「漕ぎ初め2015」の時よりはからりの水量で、

ドンブリコ、ドンブリコってな感じでした。


ここさえ越えればあとはもう経験済みですから、

後ろを振り返る余裕もでて、

20150510 水面に映るビル

水面に映る「二子玉川」のビル群を後にします。


この辺りは左岸から「野川」が「多摩川」に合流したあと、

この二つの川が分流と合流を繰り返し、

左右どっちが本流か分かりにくい場所なんです。


「漕ぎ初め2015」の時は間違って分流を進み、

20150124 多摩川散策ポーテージ

まぁこんな感じになったんですが、

今回は本流を進みます。


本流は流れもしっかりしてますから、

直ぐに今回のGoalの「調布堰」です。

20150510 終点 調布堰

こっから先は潮の満ち引きの影響を受けますから、

もう海水が混ざってきます。

お天気はもう最高過ぎて紫外線が怖いですが、

ササッとPACKRAFTを乾かして、

20150510 武蔵小杉のビル群を望む

武蔵小杉まで歩いてそこからバスで、

また単身赴任先のアパートへトボトボと

冷えたビールだけは待ってくれている



だいたいこの辺りを、

20150510 拡大地図

こんな感じで下りまして、

20150510 地図

約10kmのアーバンダウリバーでした。


まぁカッコよく言えば、

ホワイトウォーターとは違ったリスクマネイジメントを

要求されるコースだと




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
お久ぶりです。
コメントさすプー | URL | 2015-05-17-Sun 23:33 [編集]
 やっとパソコンが治り、ネットに戻ることができました。
パックラフトでアーバンライフな川下り、さすがです。
今年度は、まだ一度も漕いでないですが、オルカヤック
を自宅で組む練習もしましたし、スプレースカートを
買って初漕ぎに繰り出そうと考えています。場所は淀川
か青蓮寺湖か琵琶湖になりそうです。
 自転車では、先日奈良の葛城山ポタで100km弱
を走ったところですが、また運動がてらどこかに走りに
行きたいと思っています。淡路島の生しらすがいいかな。
Re: お久ぶりです。
コメントaldingbrooke | URL | 2015-05-18-Mon 18:03 [編集]
さすプーさん

オルカヤックの出撃、楽しみですね。
小生の場合も、新艇を出撃させるまでは、
まずはお座敷で陸カヤックから楽しんでます。

オルカヤック初陣時は是非ご一緒したいもんですが・・・・

おっと、淡路島の「生しらす」ですかぁ!
羨ましかぁ~。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。