異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オベリスク「御神島」へ ~ 「電車行」の禁じ手を使っても駆り立てられるその魅力!
2015-01-02-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇



「弾丸ツアー」という言葉がありますよね。

強い意志を持って、ある目的を達成するために

「強行軍」で忙しく動く様なイメージですね。


つい4~5年前までは小生もその「強行軍」で

計画をたてたモンでっす。


しかし後期中年期も半ばを迎え

気が付くと「強行軍」での活動が少なくなっていた。


「生」に対する執着が良い意味でなくなり

丸くなってきたと考えましょうかね。。。。。


そんな中で今回は少し「強行軍」です。

「電車行」の禁じ手の「自動車」も活用し、

常神半島の「御神島」リベンジでっす。




名古屋からの出発日は9月19日。

仕事を早めに切り終え、夕方からのスタートでっす。


横浜からの「閘門水先人」氏にピックアップ頂き、

常神半島 神子の民宿へ。


翌9月20日は悪くないお天気ですが、

風もほとんどなく、やっぱりいいもんでっす。

20140920 引きつったガッツポーズ

出撃地「神子」から離れると見えて来ましたよ、

20140920 見えて来ました御神島前回はとても行けなかった常神半島の

前回はここまでが精一杯でしたが、

今回は「神子」の隣に位置する

半島先端の漁村「常神」を一気に越え、

20140920 デカい岩礁の下で

半島の先端までやってきました。


ちなみに「常神半島」って何処よ? って方のために、

20140920 常神って何処よ?

若狭湾のど真ん中に位置します。


こっからは、もう一気に漕ぎ出します。

半島を少しでも離れると、潮の流れと風が別物になっていきます。

とても写真を撮る余裕などなくなってきます。

「御神島」との海峡の幅はせいぜい800mなんですが、

永遠に続くようにすら感じます。

動力船も通りますし、潮流が強く、時折り白波すらたちます。


やっとの思いで「御神島」に近づき、

上陸ポイントを探します。

事前の調査で大体の場所は分かっていたのですが、

20140920 御神島の上陸ポイントを探して

実際に来てみると凄いとこです。

画像で見ると穏やかなんですがね。。。

20140920 御神島への上陸

そのうちに「閘門水先人」氏も、、、、、

しかし上陸トライ時に見事に沈です。

20140920 翁も遅れて上陸

小生とは違うポイントになんとか上陸。

この画像でわかって頂けますかねぇ。。。。

20140920 御神島のこの迫力

とにかく断崖絶壁にできた奇跡の砂利浜でっす。

そこから「御神島」の外洋側へ向かいました。

ずっと断崖絶壁が続きます。

途中で岩場の間に何かあります。。。。。

20140920 あれれ、なにか見えます。。穴だぁ~

穴です。

洞窟です。

もう吸い込まれる様に中へ。。。。。。

20140920 吸い込まれる様に穴の奥へ

まるでクジラのお腹の中から外を覗く様な感じでっす。

20140920 クジラのお腹かからの風景

クジラのお腹から出て外洋側へ向かいますが、、、、、、、

もう十分でございます!

波の質が全く違います。

波長の長いうねりです。

前を漕ぐ「閘門水先人」氏が時々波間に見えなくなります。

20140920 もう十分でございます

画像で見ると穏やかなんですがね、

何ででしょうかねぇ。。。。。。。


これは小生の精一杯の雄姿です。

20140920 小生の精一杯の雄姿

逃げる後姿を「閘門水先人」氏に撮って頂いたものでっす。


もうこんなトコはいやです。

早く本土に戻りたい。


本土に戻ることを「閘門水先人」氏に提案。

氏は、「御神島」一周をする気でしたが、

小生のあまりにビビる様子に情けをかけて頂き本土へ戻ります。




いやぁ~「本土」って良いですねぇ~!

そこにパラダイスがありました。

少なくともそこからは家まで陸続きで

歩いても帰れるという安堵感で一杯になりまっす。


こんな感じで漕ぎましたっす。

20140920 漕行程の図

①で「御神島」に上陸

②に行く途中にクジラのお腹

そして③でパラダイス!

20140920 本土からの御神島全景

もうここに引っ越したいぐらいです。

同じ単身赴任ならココいい!


「閘門水先人」氏もいそいそとお食事の用意です。

20140920 翁は早速お食事の準備か?

お食事の後は、

ベラ達や、

20140920 ベラ達と戯れる

クラゲ達や、

20140920 クラゲとも戯れていた

みんなと戯れまっす!

20140920 みんなと戯れる

「閘門水先人」翁も戯れまっす。

20140920 翁も戯れる

持参したペン型釣り竿で、

20140920 そしてペン型さおで釣り上げる

一本釣りで「ナンパ」ですね。


楽しい時間は早く流れます。

時間は13:00、その日のうちに翁は『横浜』へ帰らないといけません。

そろそろこのパラダイスともお別れです。

20140920 そろそろお別れ

最高の隠れビーチだった。

20140920 最高の隠れビーチ

もう一度 また戻って来たい。

そして今度はやってみたぁい。

「御神島」一周を!

20140920 I shall return !>

I Shall Return !





<後記>

今回お世話になった民宿は「望海 幸楽」ってとこです。

そこでの若女将さんのリードは最高でした。

おじいちゃんのお話も最高でっす。

20140920 どうしましょ・・・・・

また今度も来るときもここを母港としたい。


しっかし、この年末年始は風邪ひいたもんですから、

単身赴任先の川崎のアパートで越年なんですが、

のんぼりブログ更新とワインとチーズで、

もうポテポテ~ボテボテでっす。







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。