異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
450級カートの決定版 ~ 漕ぎ師の休日 in 神子 of 常神 peninsula
2014-12-30-Tue  CATEGORY: 心象漕行 - 道具/修理



そしてその日はやって来た。

額縁カートの実践投入だ。

場所は日本海の某半島。


題して、

『漕ぎ師の休日 in 神子 of 常神 peninsula』

もう何だかわからなくなってきましたっす。。。。。。





もう早速、始めますです。

前回ご紹介の、その合体完成の画像はこれでした。

20140920 その完成

これから、その現物をこの目で見て、

そしてこの手で触った時のレポートでっす。


考案者「閘門水先人」氏が自慢げに、

20140920 現物完成の図

見せてくれます。

コロコロにはベアリングがないので、

20140920 その細部コロコロ

泥砂場へもガシガシと入って行けます。

20140920 その細部コロコロ拡大


ここから、

20140920 分解①

あれよあれよと、

20140920 分解②

バラバラに、

20140920 分解③

なって行きます。

20140920 分解④

コロコロの部分は、

20140920 分解⑤

割ピンで

20140920 分解⑥

取り外しも簡単ですぅ。

そしてこんなぁ~感じでバーラバラ 

20140920 分解⑦

綺麗に並べてバーラバラ  ハイバーラバラ 

20140920 単品バラバラの図

車の荷台にもザックに取り付けた状態でスッキリとスッポリ!

20140920 450/460仲良く並んで

このカート単品では、ボルトもネジもありません。

20140920 単品完成の図

カヤックの入ったザックに緊縛することで機能するんです。

『 緊縛 』 カートの詳細記事リンク:
新型カートDebut: ボリショイから額縁へ!

これって「特許」モンだと思うんですがね。。。。。





<後記>

この日は、あれから40日だったんです。

「あれから」ご参考記事リンク:
日本海 若狭湾 への遠征 <そして常神半島へ>

つまり9月20日にまた行って来たんです「常神」に。

そん時のレポートはまたの機会にでもでっす。

ついでにこれも貼っときましょうかね

20140920 ボリショイカート

小生のお気に入りになってしまいましたっす








にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
怒涛の更新ですね
コメントさすプー | URL | 2014-12-30-Tue 21:27 [編集]
 カヤックカート、フェザークラフトのを一つ持っていますが、
固定をひもでするので、ちょっとゆるい感じがします。
当分、わたしはTravoyの自転車用カートで代用しようと
思っています。
 楽々派としては、モンベルから発売のオリカヤックが気に
なります。値段的にはパックラフトより少々高いぐらいで
しょうが。最近、お金が自由にならないので、勢いで買って
しまうようなことはできなくなっています。  
Re: 怒涛の更新ですね
コメントaldingbrooke | URL | 2014-12-31-Wed 09:51 [編集]
Travoyのカートも良いですよね。
あぁ~、近江八幡での水漕ぎ陸漕ぎが懐かしいですな。

小径車とカヤックの似合う町 『近江八幡』
http://aldingbrooke.blog.fc2.com/blog-entry-141.html

あん時の若者も元気らしいです。


そして「オリカヤック」ですが、モンベルも十分な調査・確認しての取り扱い開始でしょうから、安心できますしね。

んぅ~ん、、、、勢いがあればお金の問題など・・・・、でもやっぱり大切ですな。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。