異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陸を漕ぐ - YSバイクでウロウロと <橋って辛いものなのね編>
2014-12-13-Sat  CATEGORY: Pedaling for Paddling



今回は副題を <橋って辛いものなのね編> ってことにしましたっす。

カヤックから見る橋は、必ずしたから見上げるもんです。


当たり前ですよね。

カヤック漕ぎながら、橋を見下ろすってことは、

滝の様なところから、その下流側にある橋を見下ろすってことですから、

想像しただけで、オチンチンが縮んでしまいます。


カヤックから見上げる橋はどんな橋でも

かなりなかなか見応えがあります。


小生は高所恐怖症で、

下から高所を見上げる恐怖症でもあり、

カヤックで橋をくぐる時は

かなりビビリまっす。


今回はその橋を渡りまくるんですが、

実は大変で辛かったという記録でっす。

ではさっそく始めましょ。




カヤック鸛(コウノトリ)であっというまの3時間。

やって来ました大阪南港フェリー乗り場へ。

もうフェリーは出帆準備もほぼ完了です。

20140607 大阪南港フェリー

長距離トラックの方々に交じり、

約10名ほどのサイクリスト達もご乗車です。


今回の同行者はあの「さすプー」氏。

氏はギリギリの時間にやって来るのは

分かっていたので、他のサイクリスト達と

親交を深めます。


その中にはシマノの専属の元競輪日本王者の方や、

OS府警のムキムキ野郎等、ソロの人達も。


シマノ軍団に入るのはなかなか難しそうだったので、

ムキムキ野郎とお友達に。

同年代であったのですが、さすが府警のお巡りさん、

鍛えてる感がアリアリです。


自転車もチタンフレームの特注年代物でっす。

お部屋も同室でしたので、出帆前に船の大浴場へ。


それにしてもなかなかのフェリーでしたっす。

こんなムーディーなラウンジまで。

20140607 豪華なフェリーのラウンジ

そして売店も充実、食堂の(大阪の)おばちゃん達の

サービスと話術も逸品っす。


出帆時間は22:00ですが、20:00から乗船できます。

もちろん大浴場も食堂もやってます。


お風呂に入ってソース串カツをビールで

楽しんで、船内をウロウロしてアイスクリームと

コーヒーを楽しんで。


そしてさすが府警のお巡りさんです。

一般市民への接し方はプロですから、

あっという間にいろんな方とお友達です。


アメリカの空港で野戦服姿の米軍兵隊さん達が、

よく一般の乗客とスムーズにコミュニケートしていて

それと似たものを感じました。


そうこうしてる内に「さすプー」氏も到着して

いざ東予港で出帆!


二段ベットに横になったら、フェリーのエンジンの

低い響きと適度な船体のローリングが心地よい

眠気を誘い、すぐにぐっすりです。


たぶん夜中の0:30頃に寝たと思うのですが、

あっという間に起床の5:30です。




6:00に東予港の到着。

そこから今治の来島海峡大橋へ。


この距離がもう30kmあります。

今治街道沿いに走りますが、

一般道で交通量が意外とあります。


「さすプー」氏のナビゲートですから、

道に迷うことはありませんが、

自分でナビゲートしてないので

どこを走っているのか・・・・・。


途中で愛車「YS-33」のキャリヤのナットが緩んだりで、

睡眠不足と6月の蒸し暑さでかなり疲れます。


そして「さすプー」氏のナビゲートですから、

途中の名所は外しませんから、

「今治城」等々に寄っていきます。


意外と高低差もあり、特に最初の大橋である

来島海峡大橋の橋げたは65mもありまっす。

20140607 ついに橋でっす。

そこまで海抜ほぼ0mから登らないといけません。

20140607 最初の橋の遠景

早朝から一気に30km漕いでからですから、

もう最初の橋でもうお腹イッパイになれまっす。。。。。

ただ黙々と置いていかれないように、

20140607 またごっつい橋でっす

いろんなデッカイ橋を登っては下りで、

20140607 またごっつい橋でっす。。。

気分はハイになって行きまっす。


それで「さすプー」氏のナビゲートですから、

普通のコースは走りません。


「裏しまなみ海道」ってな感じで、

フェリーや高速船で本コースから外れもします。

20140608 裏しまなみの醍醐味 フェリー

寄り道いっぱいで、

20140607 平山画伯の生家??
(平山画伯の生家)

20140607 伯方の塩ラーメン
( 伯方の塩ラーメン店)

物理的にもお腹はいっぱいになりまっす。


そしてこれなんかどうですかね?

20140607 ひょっこりひょうたんじま1

カガミ写しみたいですが、

20140607 ひょっこりひょうたんじま2

「ひょっこりひょうたん島」のモデルらしいのですが、

これをオモテとウラから見るほど漕いだってことでっす。


それでも「さすプー」氏のナビゲートですから、

お金はかなり節約できます。


フェリーで本コースから外れながらも、

20140608 でっかい橋をフェリーから

またフェリーで本コースに戻りますが、

このフェリーがまたお安い。

20140608 フェリーはサイクリストフレンドリーなんよ

フェリーに乗るってことは橋で繋がっていない

島に渡るのですが、離れ小島同士は橋で繋がっています。


そんな橋ですから

20140607 これはカワイイ橋でっす

カワイイ橋もありますが、

20140608 これもうらしまなみよおん!

ちとデカイのもありで、

20140608 これは裏しまなみ海道の一番のでかさかな・・・

フェリーに乗って本州や四国と

繋がっていない小島を繋ぐ橋を・・・

もうは橋・はし・ハシで必死でっす。


そしてついに最後のデッカイ橋なんですが、

20140608 最後のでっかい橋はどこまでも

いやぁ~タイムトンネルみたいっす。。。


そんでもって「さすプー」氏のナビゲートですから、

20140608 名所ラムネ

「しまなみ海道」名物のラムネやさんでっす。

20140608 なんか上手く撮れたのかな???

もうここまで来れば旅も終わりに近づきます。

ついに尾道へのフェリー乗り場なんですが、

20140608 本家フェリーグライド

本場のフェリーグライドを見ましたよ!


やっぱり「さすプー」氏のナビゲートですから、

最後まできっちし名所は外しません。

尾道の自転車の「GIANT」ショップです。

20140608 やっぱしGIANTショップは凄い!

ここはホントにオシャレで、

お店に施設でシャワーも完備。

カップルでサイクリングしてシャワーを浴びで、

これまたオサレ(オシャレ)なレストランでお食事もできます。

残念ながらお値段は・・・・・。

お店の施設で、さらにオサレなホレルまで。

お値段もかなりオサレ・・・・・。




このあと「さすプー」氏は在来線から新幹線に

乗り継ぎながら奈良のご自宅へ帰られましたが、

小生はもうその体力が残っておらず、

尾道で沈没で一泊させてもらい

翌朝に帰路に着きましたッす。。。。。




オモテ/ウラしまなみ海道を漕いで:

大阪南港から愛媛県東予から出発して

グルグル漕いで大三島で一泊して、

またグルグル漕いだんですが、

ホント至る所がサイクリストフレンドリーでした。

20140607 自転車フレンドリー

そして海峡の流れは激しくまるで川の様です。

20140607 川の様です激流でっす

瀬戸内海をカヤックで渡る方々がいらっしゃいますが、

小生にはとてもとても。。。。。。

そして、「さすプー」氏!

ありがとぉ~!!

またいつか小生を引きずりまわしてくんろぉ~!!!




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。