異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紀伊の国 「古座」 を漕ぐ ( 4/4 ) ~ 『 海への想い ー クジラ舟! 』 編
2014-08-13-Wed  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇
200140525 北斎 クジラ舟
「千絵の海 五島鯨突」葛飾北斎画





<紀伊の国 「古座」 を漕ぐ>シリーズももダラダラと今回で第4話になってしまいました。

今回で完結させますよ。

というより、今回はそのシリーズの「オマケ」編みたいな感じで。





「カヤック電車行」 ・・・・ それは車ではなく、電車やバスの公共交通機関で、折り畳みカヤックを運んで楽しむという、ちょっと「苦行」に近い活動なんです。

でもこの公共交通機関を使うことで、人とのふれあいや、いろいろと夢想できる時間が持てる。


いつもの御託はこの辺にして、今回のツアーも終わりが近づき、JR「古座」駅で今回の同伴者「サイモン」氏とも暫しの別れだ。

まずは駅舎をバックに氏と「110リッタードラム缶ドライザック」でパシャリ。

200140525 ドラム缶とサイモン

そして駅構内で、「110リッタードラム缶ドライザック」を背負ったもっさい小生が品を作ってバシャリ。

200140525 もっさいオヤジが品作る・・・

「サイモン」氏は大阪・京都方面へ、

小生は名古屋へと電車での帰路となる。


名古屋へは「紀伊勝浦」から特急「南紀」で帰ることにした。

200140525 特急南紀で帰る贅沢

特急を使うなんて、ちょっと贅沢です。

でも4月に同じ紀伊半島の「北山川~熊野川」からの帰路の様にはなりたくないですしね。。。。

ご参考記事: 「 熊野那智大社への修験道を漕ぐ! その伍 <熊野パニック 編>

ついでにやっぱしこれも: 「熊野那智大社への修験道を漕ぐ! その録 <最終編> ~ そして野宿は続く!


でもなんだかガラガラ。。。。。でも贅沢な時間を過ごせそうだ。

20140525 ガラガラの南紀

運転席へも「かぶりつき」の座席へ

20140525 南紀の運転席

おっと「鉄道時計」は、こんな感じでセットするんですな。。。

20140525 おっと鉄道時計

そういや、今年の漕ぎ初め2014は例の「閘門水先人」氏と名古屋市の「庄内川」に行ったことを思い出す。

その帰りにJRの『リニア鉄道館』に寄り、「閘門水先人」氏がご自分の「鉄道時計」と歴代新幹線の車両をカメラに収めてご満悦だったような・・・・・。

ご参考記事: 「 漕ぎ初め2014 - サンテンで Halkett だぁ~!





話は急に変わるが、「紀伊勝浦」は生マグロの水揚げが日本一らしいのだ。

考えると小生の漕ぎは、ここんとこ川がメインになっている。

JR「紀伊勝浦」駅で途中下車し商店街をうろうろするとこんなお店が。

200140525 クジラ舟???

看板には「郷土玩具・熊野古式くじら舟」と。

どれどれと覗くとこれが案外お高い・・・・・・・。

こんな感じなんでっすが。。。

20140525 嗚呼鉄道時計

当時の様子は北斎の画にもある。

200140525 北斎 クジラ舟

いやぁ~・・・小生にはとても無理そうだわ。。。。

スナメリの背中がちょっと見えただけでパニックだったことを思いだす。

2012年の秋だったかなぇ~。

ご参考記事: 「 伊勢湾リベンジ - 人食いスナメリの幻影から逃げ惑う!


それにしてもあん時からもう2年。。。。。。

そろそろ、うぅぅぅぅ~、、、、、、

やっぱり、うぅぅぅぅ~、、、、、、

15フィート艇が欲しく・・・・・・なって参りました。





以上、<紀伊の国 「古座」 を漕ぐ>シリーズも今回で終われそうでっす。

20140525 小川~古座川 漕行程

それにしても綺麗な川でした。

野宿テント泊で起きた時に、近くの樹木の花からの強烈な芳香と、それに群がる何百匹という蜂の大群にはそろそろ慣れたかもです。

でも、夜中に起こされる牡鹿の息遣いにはまだまだ慣れませんがね。。。。。






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。