異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紀伊の国 「古座」 を漕ぐ ( 1/4 ) ~ 『 お姫様よりその侍女が好き! 』 編
2014-07-15-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇




まずは 『 滝之拝太郎 』 の民話から・・・・・・・

20140524 今滝の拝太郎か???

昔、滝の拝の近くに、太郎という侍がいたそうな。


人々の目を楽しませるために滝の周辺の岩床に

刀で穴を掘り続けていた。


ある日、千個目の穴まであと1つというところで

刀を滝壺に落としてしまう。


だが太郎は刀を拾うために滝壺に潜ったきり戻ってこない。


家人や近所の人々は滝の主に食われたのだろうと

七日の法事をしていた。


しっかし、その時に太郎がひょっこり

帰って来たため驚いた。


太郎の話では滝壺の底に立派な宮殿があり、

そこに住む滝の主だというお姫様が

大勢の侍女とともに太郎を大歓待してくれた。


太郎は夢中になって遊んでいた。

でも、ふと家のことが気になり戻ってきた。





なんとも間の抜けたお話ではあるが、

ちょっと羨ましくも感じる。。。。


今回 (5月24~25日)はそんな民話が残る

ポイントから出撃したことでも記事にしてみよう。


今回も 4号艇: Denali Llama with Cruiser Spray Deck - Alpacka Raft LLC で 出撃。


相棒は今回も ラオス帰りの 「サイモン」氏。
( 参考記事: 大河メコンでのフランス人入植者に想いを馳せる ~ 「開き」もあるでよぉ!

持って行ったザックはもう定番となった110リッタードラム缶のドライバック。


一泊だけの野宿なので、新兵器 「 Hyperlite Mountain Gear 」 も考えたが、この無骨さに愛着が湧いてきた。。。。

20140524 110リッター影絵


まずは名古屋から和歌山の「古座川」へ。

20140524 古座ってどこよ?

名古屋からいつものJR特急「南紀1号」で終着駅の「紀伊勝浦」へ。

20140524 南紀1号の110リッター

「青春18きっぷ」のシーズンではないし、後期中年の残された時間は昔ほどふんだんにはない。

少し贅沢して「特急」で時間を買おう。


ってな感じで 「 古座 」 駅に到着です。

20140524 古座駅の110リッター

この日は日差しも強く、もう5月24日でしたが完全に夏の感覚。

駅のすぐ横にあるバス停でバスが来るまで約30分待ちます。

20140524 古座駅バス停の110リッター

人影はほとんどなし。

シーンとしてますが、日差しはジリジリで、小学校の時の夏休み的な時間が流れます。


駅前に商店が一軒ポツンと。

この商店、 「 岡田商店 」 ってんですが、小ぎれいで清潔なこじんまりとした「キオスク」の様なお店です。

いかにも手作りの1個40円の6種類の調理パンが並んでました。

各種類1っ個ずつ、計6個をランチとして頬張ります。


いぃ~いランチでした。

ホント時間がゆっくり流れます。


のんびりしてるとマイクロバスがいきなり到着、現実に戻ります。


バスに揺られて1時間強、 「 滝の拝 」 に到着です。

20140524 滝の拝に到着

出撃ポイントの水辺までが苦労しました。

足場が悪い。

しかも結構な絶壁。


110リッターのドラム缶ドライザックを背負ってますから、落っこちると、それこそ 「 滝之拝太郎 」 になってしまいます。

でもお姫様やその侍女達がホントにいるならそれもいいかも・・・・・・・ムフフ、、、、、


そんな馬鹿なことを想像しながら、にやける顔でなんとか水辺へ到達。

20140524 小川 滝の拝でいよいよ出撃


まずは、少し遡り 「 滝の拝 」 を拝みに、

20140524 滝の拝へ潜入

見えて来ました「滝之拝」が。

でもでも、とっくに先行して「滝の拝」へ向かった「サイモン」氏が見当たりません。

20140524 見えた滝の拝

滝の下は流れも早く、複雑なコース取りが必要です。

あまり滝に近づくのは危険です。

滝の音も凄いし、そこだけは結構な風も吹いてます。


いやぁ~恐ろしい・・・・・・。

「サイモン」氏は、まさか「滝之拝太郎」になりそこなってるのでは・・・・・・・。


そんな心配をしていると、岩場の間からひょっこりでて来ましたよ「滝之拝太郎」の如く。

20140524 今滝の拝太郎か???

それにやけにニヤついてます。

お姫様のお接待を受けたのだろうか・・・・・・・


「ぼくはお姫様よりその侍女の方が好きです!」 だと





To be Continued !






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。