異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熊野那智大社への修験道を漕ぐ! その録 <最終編> ~ そして野宿は続く!
2014-06-29-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



実は この方面の大家の方々のブログをこっそり訪問してみた。

いやぁ~皆さんお盛んだ!


すっかり黄昏てしまった後期中年にはハードルが高くてとても真似できそうもない。

・・・・・・・「黄昏」・・・・・・・でも何だかいい響きだ・・・・・・。


だがその黄昏た後期中年が身の程を弁えず行動するとトラブルに巻き込まれる。

いや、トラブルに迷う混んでしまう。


学生時代の友人に小生のこのブログを紹介した。

『 今の年齢でこれだけ根っこ引き抜いて風に身を任せることができるのは、幸せですね~。』

そんなコメントを頂いた。



そのコメントを嬉しく感じることが出来たのだが、他の友人にそのことを話すと、乾いた笑いが帰ってきた。





まっ、そんなことはどうでもいいんですが、 『 熊野那智大社への修験道を漕ぐ! 』 もついに最後に最大のクライマックスが待っていた。


夕刻17:00にJR「新宮」駅を出発し、何とか「名古屋」の自宅に帰って来た。

20140405 帰路 自宅で野宿

もう夜中の1:00だ。

まずはシャワーを浴びたい。

そして自分のお布団と枕で寝るのだ。

そのためには玄関のドアを開けなければならない。



まさか・・・・・・・・・

カギがない。。。。。。

カギを持たずに出てきていたのだ。

マンション住まいだから玄関からしか部屋には入れない。


・・・・・・しょうがない。

インターホンを鳴らして、いつも感謝して止まない女房を起こそう。

不機嫌な顔が浮かぶがそれしか手段はない。



『ピンポーン』

『・・・・・・・』

もう一度、『ピンポーン』

『・・・・・・・・・・・・・・』

もう一回、『ピンポーン ピンポーン』

続けて二回も鳴らしてしまった。。。。。。



・・・・・ちょっと待てよ。

出かける前の夜にぃ・・・・・・

いつも感謝して止まない女房がぁ、

『 明後日から ましゃ (F山雅治)のコンサートに2泊三日で東京に行って来ますから。』

と言われたような・・・・・・・。


もう夜中で日付は替わり、疲れでボケてきてはいたが、徐々に頭が冴えてきて、明後日まで帰って来ないという現実を理解してしまった。


今からビジネスホテルにでも泊まりに行こうかとも考えた。

外からベランダへ侵入すれば、掃出し窓のカギが開いているかもしれない。。。。。


そうだ、きっとそうだ。

開いているに違いない!

早速 行動に移る。


ベランダへは意外と簡単に侵入できた。

だが残念、窓のカギはしっかりと施錠されていた。


そこでふと思いついた。

ここで寝よう、ベランダで。

テントも寝袋も食料もある。


再度110リッターのドラム缶ドライザックを取りに引き換えしまたベランダへ。

ドラム缶が重く苦労はしたが、冒険の続きのような感じで、夜中なのにテンションが上がって来た。


まずはテントだ。

もうチョチョイのチョイだ。

寝袋もササッとセットした。


なかなかいい感じだ。

一息つくと小腹が空いてきた。

アルファ米の「ピラフドリア」が残っている。

燃料用アルコールも十分残っている。


だが、残念、水がない。

窓から台所の蛇口は見えるが、ベランダには水がない。

しょうがない・・・・400m離れたコンビニに買いに行く。


もう夜中の2:00を過ぎてしまったが、狭い星空を見ながら「ピラフドリア」を楽しんだ。

もちろんビール付きで。

ついでにコーヒーも。

狭い星空でも、いつもとは違った自宅での過ごし方に、それなりの満足感すら。


でも今度は・・・・・・・・・・トイレに行きたい。

一瞬だが、ベランダの雨水排水穴が目に入ったが、

また400m離れたコンビニへ向うしかない。

ベランダの窓の外からトイレのドアを恨めしく覗く。


今日はこれでコンビニに行くのは最後にしたい。

そう何回もベランダから出入りしてると通報されてしまう。

そうだ、歯ブラシも持って行こう。

なかなかまだまだ冴えている、とその時はそう思って自画自賛したが、マヌケそのものだ。


コンビニから帰ってきてテントの寝袋に入る。

ここでは「牡鹿の雄叫び」も獣の呻り声 ( 実際は「サイモン」氏のイビキではあったが・・・ ) も聞こえない。

聞こえるのは、県道 ( 名古屋ー長久手線 ) を走る車の音と、近くにある東山動物園のオットセイの鳴き声ぐらいだ。


そして夜が明けたのがコレ。

20140405 一夜明けて・・・・自宅で野宿

カラスの鳴き声で目が覚める。

20140405 自宅で野宿

いつも感謝して止まない女房が帰ってくるのはまだ明日かぁ・・・・・・・・。



ーーーーー (完) -----








編集後記;


結局 その日は110リッターのドラム缶ドライザックを背負い、名古屋の街を彷徨った。

その日の晩は、さすがにビジネスホテルに。

今度ベランダに、緊急用の水と簡易トイレを設置しないと不便だ。

特にといれは携帯トイレではなく、据え置き型の小型簡易トイレがあったらとより快適だろう。

一見しただけではトイレとは思えないベランダ菜園のプランターを模したものなんかどうだろう。

あまりオシャレでなくて良いが、猫が使う様なものではその量が・・・・・・・・(この辺で止めておきましょうかね)。


その翌日は、いつも感謝して止まない女房が帰って来るまで、1回分残った「青春18きっぷ」で名古屋~米原~草津~柘植~亀山~名古屋と消化試合。

なんとも締まりのないものとなってしまった。

20140403 翌朝
20140405 朝日を浴びて・・・自宅で野宿

どちらも非日常と言えば非日常なのだが・・・・・・・






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2014-07-06-Sun 10:16 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: お元気そうでなによりです
コメントaldingbrooke | URL | 2014-07-06-Sun 18:31 [編集]
コメントありがとさんです。
次に届くお知らせを楽しみにしてますよ。

こちら体力も萎え、アタマはますます固くなりますが、それも変化として受け入れて楽しんでおります。

お巡りさんを含め、海上保安庁・国土交通省さんとは日頃から仲良くしておくに限ります。

因みに金融庁とは縁はありません(小笑)
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。