異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「YSー33」で漕ぐ大津石山から木津へ、そして気分はラオスへ!
2014-06-17-Tue  CATEGORY: Pedaling for Paddling



数少ない友人の一人に、

小生が「サイモン」と名付けた、

まだオヤジ臭も薄い

気持ちの良い「前期中年」がいる。


その「サイモン」氏、

昨年末から乾季のラオスの川を

Packraftで300km下って来たと言うので、

3月にお話を伺ってきた。


場所は氏の住まい近く

「大津石山」で集合し、

JR石山駅 20140322

まずは「瀬田川」を「宇治」まで、

いつかカヤックで下ってみたい

ポイントの下見を兼ねて。


そこから「木津川」の「流れ橋」へ移動し「木津」へ。

ここも一度は下っておきたいですね。


今回は愛輪 『 YS-33 スポーツ Limited (改) 』 でお供した。


「サイモン」氏は自慢の 『Dahon Speed P8』だ。


自転車を漕ぎながら、

「ラオス」でのお話をいろいろと伺う。


すぐ横は、琵琶湖から

唯一流れでる川 「瀬田川」 だ。

瀬田川の激流1 20140322

いやはやなかなか激流だ。

その中を、競技用カヤックを操る

人達もいるが、小生には全く

真似できそうもない。

瀬田川の激流2 20140322

とてつもなくでっかいホールもあるが、

瀬田川の大ホール 20140322

雪解け時期の天竜川は

もっとすごいらしいが、

いつかチャレンジしてみたい

気持ちだけは。。。。。


瀬田川を下流に向かって

漕いではいるが、結構な

アップダウンだ。


でもそのうちにこんな感じの

吊り橋にも出会う。

瀬田川 大峰橋 20140322

「大峰橋」というらしいが、

まだ3月の中旬で桜は

まだであるが、

なんともいぃ~感じです。



そのうちの川の名前も

「瀬田川」から「宇治川」へと変わり

宇治川へ 20140322

いやもうすっかり「春」でした。

宇治川アプローチポイントへ 20140322

いまは6月で既に

「酷暑」で苦しめられてますがね。。。


この「宇治川」、

いろんな方々がカヤックで

下ってらっしゃる。


意外と皆さん「沈」をこの川で

初体験なさってる様である。


そんな話をしていると

「サイモン」氏が「宇治川」への

アプローチポイントを教えて

くれると言うので案内頂いた。


いろんなカヤック本に

案内されている場所らしいが、

自転車も降りてずんずんと

歩いて行く。


そしてココがそうらしいが、

宇治川アプローチポイントで 20140322

ちなみに、この画像、

「サイモン」氏が写っているが、

用を足している訳ですない。


氏と既に何度か山奥を

ご一緒したが、

いきなりそれは始まる。


そんな氏のタイミングに、

最近は小生も慣れてはきた。


でもまだこの時期は、

びっくりしたものである。


氏の名誉のために付け加えると、

必ず携帯スコップと

紙とライターでしっかりと

最高の後処理がされている。


登山ガイドブックに

その「やり方」が紹介されているが、

その通りになっている。

いやぁ~勉強になります。



場所を今度は「木津川」へ移し、

とは言っても「用を足す」場所ではなく

Pedalingの場所ですが、、、、、


有名らしい、「木津川」の「流れ橋」です。

木津川 流れ橋 20140322

この橋は年に1~2回、

その名の通り、流されるらしく

ちょうど工事中でした。


その近くを散歩されてる方々に寄ると、

1回の修理で6000万円の

税金が使われているらしい。


まぁ大災害にならない様に

橋脚部分を残し、その他の

構造物は流れる様になって

いるそうです。


そして「木津川」下流部の

パザードポイントがここです。

木津川 近鉄鉄橋 ハザードポイント 20140322

近鉄京都線の鉄橋下です。

こうなってたんですね。

仮に水量がもっとあっても、

こりゃポーテージするタイミングを

逸して突入するとエライこってすよ。



てな感じで今回の

Pedaling for Paddlingのルートです。

map1 20140322

JR東海道線「石山」から、

JR奈良線「木津」までです。

map2 20140322

道中、「サイモン」氏から

ラオス遠征の話は山ほど

お聞きしましたが、また次回にでも

紹介させて下さい。


しっかし、所謂 「野糞(ノグソ)」の

正しいお作法には奥の深さがありそうです。


これは週単位での経時変化を

一度じっくりを観察しながらの

考察を小生の中だけでも

まとめておきたいと考えておりますです。



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
久しぶりの更新ですね
コメントさすプー | URL | 2014-06-17-Tue 00:28 [編集]
 しまなみのブログもお待ちしています。
後半は天気もよかったですし、基本をおさえてましたし
姫路のあそこにも寄って充実した旅路だったのでは?
以前紹介した広島県のブロガーさんがよく行く港や食堂
ポイントなども学習できたのでは?昼食場所一緒でした
ね。
 また三重県や和歌山県のパックラフト旅のコメントも
お待ちしています。
 暑過ぎて自転車のタイヤが裂けてしまいました。
この時期は空気圧を少し低めにしないといけませんね。
先週は、ユリ園を見てきましたよ。
Re: 久しぶりの更新ですね
コメントaldingbrooke | URL | 2014-06-17-Tue 19:25 [編集]
「しまなみ海道」はホント素晴らしかったですね。

大阪南港のフェリーから旅が始まるってとこも!

姫路のあそこでは、「はっさく大福」を喜んでもらえましたよ。

あの旅のblog記事までには、まだまだ書いとかないといけないことだらけで・・・当分先になりそうですよ。

しっかしやっぱり、この時期は自転車もパックラフトも空気圧管理は重要ですなぁ~。

大津の「サイモン」氏も新艇が爆発したみたいですしねi-282i-282i-282
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。