異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早春の名古屋「庄内川」で 『アルピナ1-450ハイブリッド』 をこっそりお勉強!
2014-04-14-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



2011年に発表され販売が開始されたフジタカヌーと言えば、『アルピナ1-450ハイブリッド』だ!

恐らくカヤックに興味をお持ちの方、特に「折り畳み」の場合は誰でもこの艇に憧れる。


『アルピナ1-450ハイブリッド』のオーナーで小生の身近な人といえば、そう、知る人ぞ知る舞鶴の元新米カヤッカー「パドラーしげ」氏だ。

( 基準排水量13500tの海上自衛隊 補給艦 「ましゅう」に喧嘩を売る「パドラーしげ」氏 )
20140329 雄姿 パドラーしげさん


氏と3月の末に名古屋市内を流れる「庄内川」を下ったのであるが、そん時の様子は氏のブログ 舞鶴発/元新米パドラーどこへ行く 『 愛知県庄内川 』 でアップされており、小生の手前味噌な説明よりとっても素直で分かり易いので、是非ご訪問頂きたい。


その日の小生の艇は 4号艇: Denali Llama with Cruiser Spray Deck - Alpacka Raft LLC で、いつもの如く、自転車を乗っけて「庄内川」を下ったのである。

(まっ、こんな感じで・・・)
20140329 雄姿 aldingbrooke


でも今回は「電車行」信奉者でありながらも、車中泊スペシャリスト「パドラーしげ」氏の車がある。

小生、そんな氏を、まぁ失礼にもこき使ってしまい、早朝に家の前まで迎えに来て頂いた。


でも、こうなりゃ「立ってるものは親でも使え」です。(しげさん・・・スンマソン)


まずは出撃地点ですべての荷物を降ろす。

そして車に自転車を乗っけて、「パドラーしげ」氏のみで、約8km下流の河口の撤収地点まで行って頂く。

(出撃地に荷物を降ろした氏の移動ホテル、ホンダフィットシャトルを送り出す。)
20140329 車で河口へ


撤収地点近くで移動ホテルを駐車させ、そこからまた氏のみは自転車で出撃地点まで戻ってきて頂く。


氏が車で河口まで行き、そこから自転車で戻って来られるまで約40分。

小生は出撃地で「禁煙」をある意味完了させたので、タバコ(ちなみに銘柄は Lark Hybrid)とコーヒーを楽しむ。

そして、氏の『アルピナ1-450ハイブリッド』をじっくりこっそりと観察させてもらった。


今回はそのハイブリッドな構造の特徴についてちょっと触れたいと思う。





ハイブリッドな構造とは何か?

それはフレームにアルミパイプとFRP(Fiber Rainforced Plastic)と思われるグラスパイプが使われているということだ。

FRPと言えば、そうです、達磨大師こと高嶋氏の 「バタフライカヤックス」 です。

「バタフライカヤックス」の『クルーソー』の場合は、FRPをなぜ選んだか?

① まずはその軽さから

② 次にその反発力から

③ そして錆びないが故のメンテの楽さから


でした。


ところが、『アルピナ1-450ハイブリッド』は場合はその用途がちと違うのではと。。。

まずその使用部位でもっとも目立つのはデッキからバウ形状の反りを出すために使われている点だ。

20140329 舳先
(FRPパイフを反って組み付ける「バドラーしげ」艇)

一方、『クルーソー』はその反りは別樹脂部品で解決していたと記憶する。





次に目を惹く使用部位。

そしてこれは大変面白い点なのですが、コーミングの下辺りの、コックピットの両サイドのフレームの材質が両者で異なる。

『アルピナ1-450ハイブリッド』「FRP」なのに対して、
20140329 コックピット辺り1


『クルーソー』のトランスフォーマーモデルは逆に「アルミ」を使っている。


前者は、恐らくコーミングの位置決め等、そこに横への折り曲げ応力がかかるための強度アップだと考えられる。
20140329 コックピット辺り2


後者の場合は、FRPのコーミング自体にかなりの強度がある。

恐らくガイド的機能があれば事足りるので「アルミ」としたのではないかと。


それは原価低減を兼ねて販売価格も抑えられるという効果もでてくる。。。のではと。





そしてリアデッキからスターンへ繋がるフレーム部にも 『アルピナ1-450ハイブリッド』は場合「FRP」が使われている。

これはもう小生には良く分からない。

スターン側に船体布にテンションを掛ける仕掛けがファルトでは一般的である。

『アルピナ1-450ハイブリッド』の場合は船体布にテンションを掛ける仕掛けは「滑車」タイプだ。

その「滑車」の仕掛けが「FRP」が使われているフレームに取り付けられている。
20140329 滑車 スターン

やはりこの辺りにその理由があるのではないかと推測している。





話はチト逸れるが、氏の 『アルピナ1-450ハイブリッド』 がこん時 初めて特別カラーであることに気が付いた。

これは盗難予防にいいですねぇ。
20140329 色弱では識別困難

でも「赤・黄・緑 弱し」の色弱の小生にはチカチカとチト疲れる配色なんです。。。。


そのうちに、是非 『アルピナ1-450ハイブリッド』 の組み立てを体験したい。

そしてその理由を是非とも体感で探りあてたいものである。





てなこと観察・推測しながら、あっという間の40分。

「パドラーしげ」氏も河口から自転車で戻ってこられました。

20140329 再井登場のパドラーしげさん

川下り漕行の詳細は前述の氏のブログ 舞鶴発/元新米パドラーどこへ行く 『 愛知県庄内川 』 をご訪問頂くとして、

その日の漕行程です。

漕行程 20140329

底なし泥んこプロレスと歴史探訪含め7.85kmでした。





まとめ:

いやぁ~、こんなことを想像しながらカヤックのことを考えるのも楽しいモンです。

カヤック、特に「電車行」カヤック業界がもっともっと発展すれば良いんですがねぇ~!


そう言えばまた昔の記事を思い出しましたよ、テンション掛けに関して。

一昨年の2012年に 2号艇: Airfusion - Advanced Elelments で苦労しました。

そん時の記事です。

お時間の許す限りでちょっと見てやって下さいな。
(自己満足な記事ですがね。。。)

テンション掛けでの課題と改良 AirFusion編

続編: テンション掛けでの課題と改良 AirFusion編

続々編: テンション掛けでの課題と改良 AirFusion編

そう言えば、こん時にコメントを下さった「TANKO」氏も、長年親しんできたAdvanced Elelment社の13フィート艇「AirFusion」から、今や15超フィートの新艇で淀川と瀬戸内で「水軍」如く神出鬼没の様ですよ。

羨ましかぁ~ ! ! !






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントびん | URL | 2014-04-15-Tue 20:24 [編集]
アルピナ購入決定ですか?
自分のボイジャーはオールアルミですけど、最近はフレームにFRPが使われているんですね。
Re: タイトルなし
コメントaldingbrooke | URL | 2014-04-15-Tue 21:41 [編集]
びんさん

そうなんですよ。

アルピナ1-450のフレームはアルミとFRPを部位によって使い分けてますね。

バタフライカヤックスなんかはガラス繊維でコーミングやコックピットを成形してますよ。

それでですね、実は小生も7月には・・・ムフフ・・・。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。