異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「台車 / カート」 考 - カヤック載っけて自分も乗って!
2014-03-05-Wed  CATEGORY: 心象漕行 - 道具/修理



「電車行」で最も大切なアイテムの一つ。

それは、「台車 / カート」ですよね。


今回はそれを究めようと、

また「閘門水先人」氏からレポートが届いた。


氏の試みは「キックスケーター」を

「台車 / カート」にしてしまうことであった。


その「キックスケーター」を改造し、

完全なカッヤク専用台車にしたそうだ。


コレを

これが 20140303

こうすることで、

こうなって 20140303

こうなっていたのが

こうなっていたのが 20140303

こうなるそうだ。

こうなる 20140303

通常は足を乗せるフレームの

全長を短縮し

より軽量・コンパクト化を図ったのだ。


以下は氏からの説明だ。






例の台車、小型化してみました。

ホイルベース40mm短縮。

車幅(ハンドル幅)50mm短縮。

そのためデッキに追加工を加え

デッキの切削・追加工 20140303

最終的にデッキ長は275mmに。



でもカヤック背負ってこれに乗ったら

ボリショイサーカスの熊と

同等の見栄えになりそうです。


なので人目につかない所でだけ

こっそり実施してみようかと。
 

家族にはいい歳して痛すぎると。。。

ボリショイサーカスのくまさん 20140303

でも見方を変えれば

カヤックを載せて

自分も乗れるキャリーカートの完成!

結構いけてると思うのですがね。






以上が氏からの説明であるが、

しっかし、氏の様々な試みには頭が下がる。


ご家族からの酷評には

今後も負けないで欲しいところです






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。