異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Denali Llamaで漕く首都ダウンタウン 「日本橋」編 - 潮の流れに・・・時の流れに逆らいながらも!
2013-10-05-Sat  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


ここんとこ週末がちとハードになってます。

週末の疲れが取れないうちに、また次の週末に突入する。

やっと今週末は恵みの雨になりそうだ。


気が付くともう10月。

今回のシリーズ「Denali Llamaで漕く首都ダウンタウン」は8月24日のことでした。

もう忘れてしまいそうなので、今日は引きこもって一気に書きあげましょう。。。。。結局ダラダラと3部作になってしまいましたがね。


前々回の「佃島」編から前回の「隅田川~亀島川」編と、とても歴史を感じるところだった。

でもまだ佃島の佃川支流を出帆して1km程しか進んでいない。。。




ところでどうなんだろうか?

こういった所を「歴女」さん達が憧れ訪れることはないのだろうか。。。

「山ガール」に対抗し、そろそろ「川ガール」なんてのが流行っても良いような。

丸の内のキャリヤの女性達が、癒しとストレス・運動不足解消を求めている筈だ。

また子育てから手が離れたアラフィフ(around 50)世代が刺激を求めて、なんてのもアリでは。

「川ガールで仕事のストレスをぶっ飛ばしちゃえ!」
「川ガールで更年期なんかぶっ飛ばせぇ!」
山ガール 20130824
と銘打てば人気ツアーになる様に思うのだが。

そしてそこにまた寂しい男たちが群がり、
ケンタウロスケンタウロスケンタウロス
相乗効果で日本カヤック文化が花開く訳なんだが。。。




おっとそうだった。
「川ガール」ではなかった。

ようやく「佃島」から脱出しでっかい「隅田川」を渡り「日本橋川」へ入ったのだった。

一気に行きましょう、一気に。


「日本橋川」に入り首都高速の高架下を漕ぎ進む。

すると、まずは「東京証券取引所」だ。
東京証券取引所 20130824

そして、「日本橋」に。
日本橋 20130824

これは「日本橋三越本店」。
三越本店 20130824

そして、今回の心に決めていた目的地にやって来た。

江戸城外郭の正門「常盤橋門」跡だ。
江戸城石垣 20130824

あった、あった、これを確認しに来たんですよ。
江戸城石垣拡大 20130824

今年の5月のゴールデンウィークに、今回 同伴頂いている「閘門水先人」氏がここを探訪した時 ( 参考記事 「閘門水先人」シリーズ: 江戸城掘割を漕ぐ! )の土産話に出てきて、ぜひ自分の目で見てみたいと氏に連れて来てもらったのが今回の漕行の背景なんです。

これはやっぱり江戸時代に築かれた時の、建築担当大名かなにかの印だと思うのだが・・・。


それにしても、この辺りは石垣には風情を感じる。

きちっとしたコンクリート造りなんかではない。

ほど良く風化している。

関東大震災や東京大空襲も経ている。


そして、よーく注意してみると、ちょろちょろとネズミを見かける。

人に慣れているのか、ただ小生に生気がないのか、ネズミがあまり逃げない。

それに実は、良く周りを見回すと・・・

都会のゲリラ豪雨の影響なのか・・・・・

結構 浮いています、パンパンになって

あんまり気持ちの良いものではないです。


そんなところでも、ふと川から岸に目をやると、
日銀本店 20130824
日本の中央銀行の「日銀本店」が見えるんです。


オシャレで高級な「日本橋三越本店」

そしてニッポンの資本主義の象徴「日銀本店」に「東京証券取引所」

しかしその周りの足元にはパンパンになった屍がプゥ~カプカ。

その傍を漂う生気のない「後期中年」のカヤッカー。

まぁ、平和と言えば平和な構図です。




それにしても無粋なのはコレ、「首都高速」です。
首都高速 20130824
奥に方に見えるのがさっきのあの「日本橋」です。

昔はこんな感じなのですが、
広重 日本橋 20130824

現在の橋はそれでも明治に作らた19代目か20代目らしい。

麒麟が翼を広げているオブジェからは、生気を失いつつある「後期中年」にもそれを再び奮い立たせる何かがある。
30cmもない 20130824
その由緒ある橋の欄干に、ほとんど触れそうなぐらいの「首都高速」。

前回の「東京オリンピック」の時に、とにかく作っちまえ、という乱暴さで景観なんて無視で品がありません。

翼を広げた麒麟をカゴの中に閉じ込めているかの様だ。


また次回の「東京オリンピック」の準備で、どんな品のない状態を増えるのか・・・上手くやって貰いたいですねぇ。



そんなことを感じながら、帰路は同じルートで戻りました。

時間も昼に近づき、観光川下りの動力船が、けっこう頻繁に航行してました。


どの船も我々を見かけると、かなりスピードを落としてくれます。

キリっとした制服に身を包んだ若い女性パイロットさんが船尾に辺りにいたりもします。

手を振ると敬礼で返してくれます。しかも笑顔で。

逮捕されたいぐらいです・・・・あっ、それはミニ・・ポリスでした。


どの船にも、たぶんボランティアと思われる、羨ましくギンギンに生気みなぎる「前期高齢者」の方がいろいろ説明をなさってました。

その説明によると、たとえば・・・・・
両国橋だった橋の向こうはまた隅田川 20130824
これは「日本橋川」の分流の「亀島川」に架かる「南高橋」なんですが、関東大震災の時に一部が落ちずに残った「両国橋」の、その一部を分解移築したものなのだそうです。

そう言われて再度いま一度よく観察すると、重厚で風格を感じますよね。

実は、現場で下から見上げる様に見ると、重厚過ぎて怖いんですがね。。。。


その「南高橋」を抜けるともうそこは「隅田川」です。

早朝と違い、船の行き来がかなり頻繁です。

往来が切れるのを見計らって、そりゃもう必死のパッチで横断です。

「隅田川」の速い流れと、行き交う動力船が作る曳き波と、海からの長周波なうねりが複雑に絡み合い、大きくはないが突然三角波を生まれる。


しかし、週末のこの時間でも、東京消防庁や警視庁や国土交通省等々のパトロール船を見かける。

これは小生個人の印象だが、東京消防庁や警視庁の船には見守って貰ってる感があるが、国土交通省の船からは何だか邪魔だと言わんばかりの敵意を感じるのですが。。。(実際 邪魔なんでしょうねぇ




まとめ:

・まずは今回の漕行程です。
 漕行程 20130824

・しかし「佃島」は大阪の漁師達が神主まで
 連れて移って来たのが始まりだったとは驚きです。
 400年以上前の当時の江戸ですから、
 大いなるフロンティア精神ですよね。

・そして「佃島」と言ったらコレ
 佃煮 20130824
 「閘門水先人」氏も誘われる様に入って行きました。




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。