異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閘門水先人シリーズ: 「ねずみ島」からは羽田空港リムジンバスだしょ!
2013-10-06-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


いきなりですが「ねずみ島」ってご存知ですか?

こんな書き出しで例の「閘門水先人」氏からのレポートが届いた。

そんな島が東京の多摩川河口付近にあるらしいのだ。

よぉ~く調べてみると地図にもその存在を確認できる。
(中央左寄りのポチだ。)
20130818 ねずみ島 多摩川

小生も何度か挑戦した、多摩川河口・天空橋付近にある中洲の様な小さな島だ。

いったいどんなところなのだろう!?!?!

以下、いつもの如く、氏からのレポートからその全容を紹介しよう。




いきなりですがねずみ島ってご存知ですか?

多摩川の下流にある中州の様な島です。

昔は川崎側の農家の地続きの敷地で梨畑だったそうです。

しかし、国策で多摩川の河川改修工事で周りを掘り下げられ結果的に川の中で島のようにぽつんと残されたそうです。

そして畑は荒れ果ての野ネズミの住処となり「ねずみ島」と呼ばれる様になったそうな。

多摩川、ねずみ島でググると色々と謂れが分かります。

そんな島に8月18日に、あまり遠くに行く気も無く、以前下った多摩川を何の目的もなく再度下ってみたら、結果的にアプローチしました。

その日はそのままずばり 「多摩川」駅で下車し、多摩川の土手でサンテン「あひる」号を組み立て出撃。
多摩川1 20130818
水量が少なく所々川の真ん中を歩きながら下って行きます。

川の中にはアユ狙いの釣り人が椅子を持ち込んでいました。

その前を横切るのは気が引けたので水深は浅いですが後ろ側を抜けて下流に向かいます。

元々気合が入っていない状態でしたので足をデッキに上げ日光浴をしながら下流の羽田空港国際線ターミナルに向かいます。
多摩川2 20130818



ねずみ島に到着し、上陸を考えましたが、ちょうど大潮の干潮で干潟が広がり、フジツボなどで足場が荒れ、「あひる」号に穴を開ける危険性が高かったのとカニが大量に歩き回って気色悪かったので、見るだけにしておきました。
多摩川ねずみ島 20130818

最近はカヤックに小型船外機を付けて釣りをする人がいるようで、FRPかポリ艇に小さな芝刈り機程度の甲高いエンジン音を響かせ、その割に遅いカヤックがねずみ島辺りを走り回っていました。

アサリ漁か何かのようでした。

どう見てもカヤックを楽しんでいるようには見えず、小回りが利いて浅い所でもどんどん入って行けるから という感じでした。

「カヤックで潮干狩り」というのもいつか挑戦してみたいですね。

干潮を狙って上陸、潮干狩りが終わった頃潮が満ちて来てそのままTake off!

あまり熱中しすぎるとカヤックだけ流されて川の中に取り残される可能性大!

とにかく羽田空港の周りは漁村でそういう生活が未だあると言う事でした。

帰りは国際線ターミナル近くに上陸・撤収してリムジンバスでゆったりと帰って来ました。

スーツケースを転がして行く場所と思っていましたが、水の上からアクセスすると違った面も見えるんですね。




<編集後記>

「ねずみ島」も興味をそそられる対象だし、それに撤収後の帰りの交通手段が、羽田空港国際線ターミナルからのリムジンバスだと言うのが sounds ゴージャス!

これからもアーバンカヤック「電車行」の贅沢上級コースの開拓を是非期待したいところだ。

て、言うか・・・今度は小生も連れてって下さいましぃ~!!!





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-10-09-Wed 12:52 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 遅くなりましたが
コメントaldingbrooke | URL | 2013-10-09-Wed 22:27 [編集]
これはこれは、まるちゃん、コメントありがとさんです。
あの時のお天気は最高でしたが、小生にとっては初体験でしたもんで、いつもあんない素晴らしいものではないと言われましたよ。

ねずみ島はともかく、視野は狭いがよりdeepで自己満足なブログで、ウケる方にはウケるというニッチな存在を追及していきたいと考えております。

またお暇な時にでもふらりと覗いてやって下さいね。
そしてまた硫黄が薫るあの場所でお会いしましょう!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。