異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「閘門水先人」シリーズ: 羽田沖でロデオに興じる!
2013-05-23-Thu  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


4号艇を手にするべく、先の週末も出て行くお金を限りなくゼロに。
つまりただじっとしてるだけです。

パワーホールド!
しかしこの行為が、節操のなくなったケチな後期中年には実につらい!!

夕方になると近くのスーパーに行って月曜からのお弁当のネタを少しでも安く購入。
ついでに雑菓子も買ってしまいます。

ほとんど謹慎状態で脂肪をも蓄積している訳です。
目指すイメージは「仙人が霞を食って生きる」という感じですが・・・・
いろんな雑念が漏れながら形を変えて蓄積されていくのです。

こういった週末の過ごし方に些か疑問を感じないではない。
いや、こういった老い方はしたくない!

特に最近はただ「閘門水先人」氏の漕ぎを、「黒糖かりんとう」の袋を抱えながら、その漕行記として残す週末となってしまった。

まぁこれも今はしょうがない・・・だろう・・・たぶん。
だがそろそろ限界に近づいてきた。。。ズボンのウエストまわりが。

すでに注文して久しい4号艇(あぁ告白してしまった・・)が来るまでの我慢だ。
4号艇が来るのが早いか、それともその支払いのためのお金が貯まるのが早いか・・・



完全にシリーズとして定着した「閘門水先人」漕行記。
もうブロクの名前も「まずは女房に感謝から!」を改め『閘門水先人放浪記』にでもなりそうである。

そんな訳で今回で恐らく第6段目になる「閘門水先人」シリーズである。
5月5日の羽田沖での出来事を「閘門水先人」氏のレポートから引用しながらを書いて行くことにする。



その日 5月5日は飛行機のお腹を見に羽田空港沖へ!

飛行機が着陸する時は、当然ランディングギアが下りている。
フラップも思いっきり出ていて、通常の模型で見るすました姿の飛行機とは違った趣だ。

これは飛んでいる状態で下から見上げないと見る事が出来ない。
陸上でも空港に依っては見る事が出来る。
しかし、やはり水の上からと言うのがミソ

「大森ふるさとの浜辺公園」から出撃し撤収する。
ちょうど12時前に風向きが南風に変わると言う天気予報だ。

まずは空港北側の滑走路誘導灯下を目指そう
昭和島と東京モノレール 20130505

昭和島、京浜島を横目に、空港敷地ギリギリを漕行して東よりの風をなるべく受けないようにパドリングゥー

フェンス際のリモコン監視カメラが私をずっと追尾してモニターしている。  
空港の何処かで見ているんばなぁ~。
大丈夫ですよ・・・フェンスよじ登ったりしませんから。

途中、長さ50mくらい、幅2mくらいの干潟を発見。
昭和島 京浜島 羽田空港 に挟まれた干潟 201305050
水路の途中に突然あるので普通の船舶では座礁する危険性がある。
地元の人は当然周知しているのでしょうが、こちとら愛艇サンテン「あひる」号だからへっちゃらだぁ~。

羽田空港の内陸に近い(昔の羽田空港部分)では海上保安庁のヘリコプターがホバリングの訓練中。

網走遠征 (参考記事 網走番外地界隈からのレポート - 「年金受給」までの道のりはまだまだ長い!) 帰りにで羽田に着陸する際に、東京ディズニーランドから大井ふ頭を交わして左旋回で進入するルート、此処の誘導灯の下から見上げればお腹が良く見えるはず。

しかしながら現地に行ったら、さすがに東京湾とは言っても周りに風を遮るものは無く、うねりでサンテン「あひる」号はもう激しいロデオ状態。

更に最終着陸態勢でカヤック正面から時速270Km/hで進入してくる飛行機を防水コンデジで撮影しようという方が無理というもの。

結局画面に機体がバッチリ収まる写真は一枚も撮れない。
誘導灯とお腹 20130505 お腹拡大 20130505

昔は新横浜駅を通過する新幹線がすごい勢いで通過していた。
今では全車停車なので、豪快な通過シーンはとんとお目にかかっておりません。 

聞く所に依ると山陽新幹線、姫路駅がそういう状況らしい。
要は270Kn/hというスピードはそういうもんなんです。
(うぅ~、一度は日生巡礼に行ってみたい・・・)

幸い風はそれほど強くも無い。
千葉方面に流される風向きでも無かったので波間に漂っていたが、何かあったらそれこそ一大事。

と言うより他人にご迷惑がかかってしまいます。
行く時には十分下調べが必要ですな。

網走での寒地カヤックでC型クリップは破損したが、例の爪切り対策を施し、「大江戸ツアー」と「羽田沖ツアー」を敢行!
Wツアーでは気温は低くないのでC型クリップが破損する気配はもうないが、今度の冬にその爪切り対策の結果の確認ができるかも。

それにしても羽田沖は怖い。
天候が変わったら、それこそ「50歳代 会社員が羽田沖で行方不明」と報道されてしまう。
空港を一周する人もいるようだがサンテン「あひる」号では無理は出来ない。

新しく出来た桟橋タイプのD滑走路にもそのうちに狙いたい!
だが滑走路下に入るのは厳禁となっているらしい。
どうもいつも警備艇が監視しているとも。

帰りは半ば追い風で、とにかくひっくりかえらないように注意しながら子供の日をファミリーで楽しむ浜辺に帰港!
大森ふるさとの海浜公園 20130505
結局、昭和島、京浜島を南から回って、北から戻る一周コースに。



まとめ:
アグレッシブなGWを過ごした「閘門水先人」氏に対し、小生は謹慎・蟄居状態で、小金と脂肪をも蓄積。
両方ともニッポンの典型的な後期中年のGWの過ごし方なのであろう。
しかし問題は、この蟄居・引きこもり・仙人の霞・脂肪蓄積生活に馴染んできて居心地良いと感じてきたことなんです



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントTANKO | URL | 2013-05-24-Fri 18:59 [編集]
ポロッと告白しましたねえ。
最近おとないと思ってていたら、そうゆうことでしたか。
どの艇かはおおよそ察しがつきますです、ハイ。
Re: タイトルなし
コメントaldingbrooke | URL | 2013-05-25-Sat 08:47 [編集]
はい。つい魔が差してしまった様なんです。

それにしても、仙人の霞・脂肪蓄積生活は、身体に良くないですねェ~。
家にいる訳ですから家族との時間が増え、夫婦円満になるかと思いきや、とんでもないですねi-183i-183i-183
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。