異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラァ~ムサル「藤前干潟」シリーズ: 突端で「猿の惑星」を体験す!
2013-04-29-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇


先週の「バタフライカヤックス」の試乗会を除くと、ほとんど2ヶ月ぶりのカヤック「電車行」だったんです。
久しぶりだといろいろ忘れる。

たとえば2週間の休暇をとったあと、会社に行ってパソコンのパスワードを忘れてたり・・・とか。
パスワードを管理するファイルのパスワードを忘れてどうにもこうにも・・・・とか。

今回は、もう何回も水をかぶって、すっかり白内障ぎみのコンデジにICメモリーカードを入れ忘れてしまった。

しかも、白内障コンデジの内臓メモリーからデータを取り出すコードなんて最初から付属されてなかったかの如くなんです。

そんな訳で、今回は奇跡的に忘れなかったデータロガーのデータと、Wikipediaからの写真で。


「庄内川」の河口はラムサール条約で登録されている「藤前干潟」がある。

ラムサール条約でイメージするのは、
① 渡り鳥の飛来地。
② だから自然が残っている。
③ しかも湿地帯だから人は入ってこない。
④ つまり人工構造物はない。

今回の目的地は、庄内川をいつもの大蟷螂のスリップから出撃し、隣りの新川との境を形成する堤の突端に上陸することだ(った)。
この右端中央のあたりなんです20130429
この写真の右中央にチラッっと見える突端なんです。

ついでにこれも見て下さい。
この突端なんです20130429
この3km先の突端なんです。

もちろん車では行けませんし、ラムサール条約のお蔭か釣りも禁止されてますから、この辺りで人影を見たことはありません。

丁度 満潮を過ぎた時の出撃ですから、結構な流れがありスイスイと進みました。
これはその時の漕跡データなんですが、
漕跡20130429
もう少しという所で慌ててUターンしているのが・・・ちょっと小さいですね。

これでどうでしょう。
勇気ある撤退20130429
この矢印先端が、その突端なんです。

もっと拡大して、ついでに衛星写真も。
勇気ある撤退拡大20130429 勇気ある撤退拡大衛星20130429

これです。
ここです20130429
ここなんです。
ここです。ここなんです。20130429
この突端なんです。
そうなんです。この突端なんです。20130429
ここに上陸したかったんですよ。


いやいや、しかし今から思い出しても恐ろしかったです。

潮がかなり引き、
流れが速く、
コントロールも難しく、
どんどん進みます。

しかしさすがラァ~ムサルです。
渡り鳥・コメツキカニ・トビハゼ等々、自然でいっぱいです・・・と思いきや???

水面に変な流れの渦があるなぁ~???
さっきからカヤックのコックピットに入って来そうに飛び跳ねているボラの大群かなぁ~???

ちがう!
あれはボラなんかではない!!
針地獄だぁ~!!!


なんと、朽ち果てた人工構造物の杭が水面下で無数に突き出ているのです!

最初はまばらでしたが・・・
ゴリッ
ゴリガリッ
ガリガリボリッ
ボリボリボリィ~ブリッ

もう船体布の心配ではなく、いつシートを突き破って・・・
後期中年の串刺しのいっちょあがりィ~になりそうで。
決して美味しいはずないです。


まとめ:
① 「猿の惑星」をご存じだろうか?
② 最後に逃げ出した海岸沿いで、
③ 朽ち果てた「自由の女神」が!
④ あのシーンが甦りましたよ!!
⑤ 鳥に枝に刺され、干からびたトカゲも脳裏に




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。