異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
硬派は黙って「極地観測船」を狙う!
2013-04-27-Sat  CATEGORY: 心象漕行 - 下見/物欲


いやいやホント楽しかったです、バタフライカヤックスの試乗会は!
その中身はまた今度ご紹介するとして・・・
お急ぎの方は「達磨大師」こと高嶋氏のブログへどうぞどうぞ
 2013春・赤穂御崎試乗会  

そんな浮かれた時間を過ごし帰ってくると、
例の「閘門水先人」氏から横須賀に何やら下見調査に行ったらしいのです。
まずはこんなお写真が・・・
これからの・・・と歴戦の・・・

「閘門水先人」氏が冷静を装って説明してくれたことをまとめると:
① これは新造潜水艦「ずいりゅう」だと。
② まさにこれから艦番号が消される貴重なショット
③ 後ろに見えるのは、やえやま型掃海艦の2番艦「つしま」だと。
④ そして世界最大の木造船だと。

一通りウンチクを言い放った後に今度はこれです。
これまた歴戦の極地観測船・・・
なんと現役の極地観測船「しらせ」らしいのです。
南極から帰ってきたばかりらしく、吃水線あたりは塗装が南極の氷で磨かれてます。

どうも虎視眈々と狙ってる様なんです、あの舳先への「ピンポンダッシュ」を!

「閘門水先人」氏曰く、「現役艦へはあまり近づかない方がいいよ。怪我するよ。」
はいはい、小生はデッカイものを下から見上げる恐怖症ですから



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。