異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二兎追うものは一兎をも得ず! - 「出撃/撤収」編
2013-03-12-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇


3月になってもこの時期はまだ寒い。
するとカヤッカーは漕ぎにたいする禁断症状は一気に上がるようだ。

件の「閘門水先人」氏の場合もご多分に漏れず、もう我慢の限界であったようだ。
今回もその御仁のリクエストで行って来ました「庄内川」の大蟷螂のスリップ経由で「藤前干潟」へと!

それはもう、ほとんど夏日の様な暖かさの3月9日(土)でした。
前日もニッポンのサラリーマンですから深残業でしたが、いつもの様に目が覚めて、土曜なのになぜか地下鉄に乗る時間は平日と同じ時間です。
いつもの通勤時間帯 20130309

それでも近鉄に乗り換えるとやっぱりウキウキしてきます
それでも近鉄では 20130309
もう慣れた道中です。

ささっと組み立ていざ出撃です。
怪しい雄姿 20130309
花粉対策マスクに、完全に怪しい感じですがね

実は今回は折角だからと二つの目標をもって出撃しました。
その一つが、「潜水ブルトーザー」を水上から見学してみよう!

(過去の参考記事はこれ 「庄内川」で「鉄人28号」を探し求めながら!

つまり、可能な限りで「潜水ブルトーザー」「ピンポンダッシュ」である。
さっそく 一旦 上流へ漕ぎ上りました。

しかしながら、流れが意外ときつく、且つ 北西の風も強く、しかも花粉と黄砂のPM2.5軍団にもう目はショボショボ、鼻はズルズルで1km遡って諦めることに。
特に「閘門水先人」氏の艇がサンテンであったことだけではなく、ニッポンのサラリーマンの性である連日の睡眠不足と、後期中年特有の抜けない疲れがたたったのだと・・・

途中、何十年前からあるのだろう、
難破船 20130309
木造艀(ハシケ)の残骸に、この日は妙に引き寄せられました。

その後、「閘門水先人」氏のショットですが、
ミドリガメ 20130309 ミシシッピアカミミガメ 20130309
後で調べてみると「ミシシッピアカミミガメ」という「外来種」でありことが分かりました。
よくホームセンターで売られている、通称「ミドリガメ」の成長した姿です。

ウロウロしながらも出撃後2時間で「藤前干潟」に到着。
すると、もう完全に春なんですねぇ~
カニ 20130309
何だか分かりますか?
カニカニ 20130309
カニです。
数百匹が巣穴を出たり入ったりです。
カニカニカニ 20130309
それはもう圧巻です!

そして今回の二つ目の目標へと。
それは、「藤前干潟」を大きく二分する、「庄内川」「新川」を仕切る堤防の先っぽから、この二つの川を写真でワンフレームに収めてみよう!
つまり、二つの川の河口を形成する堤防の先端に、これまた「ピンポンダッシュ」である。

こう書いてみると・・・何だか大変馬鹿げているというより、何の意味もない目標ではある。

それでも、この冬に何度も陸から強風の中を憧れて眺めていた訳で、やっと願いが叶うので、かなりの達成感を味わえる筈である。

小生がカニを観察中も「閘門水先人」氏は黙々と南下していたのではあるが・・・
目指せ先っぽへ 20130309
潮が凄い勢いで満ちだし、
しかも、こういう時に限って、暖かい南風が吹きだしたのである。

もう汗はダクダク、腕もヘロヘロ、
目はショボショボで、鼻はズゥ~ルズル、
全く前進出来なくなってきました。

ここはもう大人の判断で、旧愛知航空機「徳永スリップ」跡へと撤収です。
諦めて 20130309

まぁ余計ですが・・・花粉マスクを外してパシャリ
マスクを外して 20130309

撤収後の名古屋臨海鉄道あおなみ線「野跡」駅でのショットですが、
野跡駅にて 20130309
半袖のウエットスーツから出た腕は日焼けでヒリヒリでした。

PM2.5と久しぶりの日差し原因なのか、この日はホントに疲れました。
これはこの日の漕跡です。
漕跡 20130309
距離にして11kmなんです。

そしてここに行きたかったのですが・・・
ここが先っぽ 20130309
結局ここへは行けず・・・

これも見れずで・・・
3台目 ズーム 20130119
二兎追うものは一兎をも得ず! - 「出撃/撤収」編 とさせて下さい。


エピローグ:
大名古屋ビルヂング 20130309
名古屋駅前では、大名古屋ビルヂングが取り壊しの真っ最中でした。
何だかさびしさを感じました、春なのに。



まとめ:
疲れがブログ記事に出ている様にも
やっぱり二兎も追ってはイカンということなんでしょう。


次回予告: 二兎追うものは一兎をも得ず! - 「心象漕行」編



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントびん | URL | 2013-03-12-Tue 22:09 [編集]
3/9は暑いくらいでしたね。私も今年の初漕ぎでセントレア周辺をぶらっとしました。
そっちに行っとけばよかったですよ!
コメントaldingbrooke | URL | 2013-03-13-Wed 21:04 [編集]
実は我々も新舞子~セントレアを最初は考えたんです。

でも、またほら、「人食いスナメリ」に追っかけられたら困るので・・・いやいや冗談です。

藤前干潟の方が手軽だったんで、電車賃も半分で済むんで、庄内川を選んだんですよ。

いま思えば、最高のお天気でしたから、思い切ってそっちに行っとけば良かったですよ。いろいろご相談もしたかったですしね。
懐かしい姿
コメントパドラーしげ | URL | 2013-03-14-Thu 01:51 [編集]
今晩は、 早 懐かしい姿になってしまいました。
寒く無かったですか、老後を健康に過ごすためにも、長袖でお肌を守りましょう。
Re: 懐かしい姿
コメントaldingbrooke | URL | 2013-03-14-Thu 21:33 [編集]
寒いというより、暑かったですよ。

実は2号艇「AirFusion」にまた穴があき、ビルジポンプでズーゴーズーゴー何度もやったんですが、冷たいというより気持ちよかったです。

また近いうちに、お互い「ニタニタ」やり合いましょう。
もちろん前泊「へしこ」に芋のロック付きで!・・・・・何だかそんなに長く我慢できそうもないですよ(笑)
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。