異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「 YS-33 」 の開発構想を追体験 ~ 膝裏を攣(つ)らせながらも!
2015-06-28-Sun  CATEGORY: Pedaling for Paddling


ここんとこ自転車と言えばBromptonばっかでしたが、

折角 川崎に単身赴任してるんですから、

行って来ましたよ 『 バイク技術研究所 』 に


社長の白井さんとはこれまたほとんど初対面でしたのに、

自己紹介もそこそこに自転車談義でっす


いまから考えると白井さんの設計思想を

否定する様な改造YS-33をショールームに

乗り付けた訳ですから失礼なことをしましたよ

20150610 並んだYSバイク

サドルやペダルの変更はともかく

スプロケ(チェーンリング)56T⇒50T化の

軟派仕様にしてましたからね

ご参考記事: 『 YS-33 スポーツ Limited (改) 』 見参!


早速 白井氏から、

「せっかくのAlfine11を有効活用してないね!」

と、お小言を頂いてしまいましたよ


それでも最後はホレこんな感じで、

20150615 白井さんと

またの再会を約束でっす。


実はこん時、今後のモデルのオフレコ情報

かなり伺うことが出来ましたよ

皆さんも一度 訪問してみるのも良いですよ、

直接ショールームに



川崎の単身赴任先のアパートから、

白井氏のショールームまでは往復60km程なんですが、

左ひざ裏が攣って攣ってもう大変だったっす。

Bromptonのポタだけでは運動になってないのかな

(おっと、なでしこ、ベスト4だぁ~)





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
西伊豆にロメオとジュリエトを、いや羽衣伝説を感じる!
2015-06-26-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇


5月もドン詰まった日に、西伊豆を漕いだんです。

メンバーは小生を入れて4名。

皆さんとは初対面であったが、

もう50年ぐらい前からのお友達の様に。


所沢からのT氏。

なんとも気持ちの良い青年だ。


それからT氏が師と仰ぐA氏。

こうなりたいと思える後期中年の大先輩だ。


そしてT氏の友人ケンさん(ご苗字は分からないまま)。

新所沢の青年実業家の釣り師だ。



山陰ジオパークを漕いだことはないですが、

いやいや西伊豆は凄いとこです。


ベースはここにしたんですが、

20150525 中央

右岸は玄武岩質降下火砕物による積層で、

20150525 右岸は火山灰堆積層

左岸は柱状節理ですよ。

20150525 左岸はマグマ噴出層

伊豆半島ジオパークのど真ん中でっす。


そしてまぁ兎に角 穴だらけなんです。

まずは穴の一部をざっと貼り付けさせて下さいまし。

まずはデカい穴。

20150525 デカい穴 どこまでも奥が

このが奥が複雑に枝分かれしてるんですよ(怖ぁ~)


この小さい穴も、

20150525 小さい穴 どこまでも奥が

奥の方までどこまでもあるんですよ。。。。


穴から外洋を望んでみましたが、

20150525 穴の中から外洋を望む

上には米俵ぐらいの花崗岩が、

へばり着いてて、

20150525 縦にデカい穴

いつ剥がれて落ちてきても、

20150525 貫通穴も

おかしくない感じなんでっす。。。。。


これ穴ではないですが、

20150525 まさにこれこそが海峡だぁ~!

これこそ海峡だしょ!



次は堂ヶ島の天窓洞ってとこなんですが、

遊覧船が頻繁に出入りするんです。


でも勝手知ったるT氏がいますから。

営業時間が終わってから侵入です。


それでも怖いっす。

ほんと真っ暗なんです。


でもそのうちに出て来ましたよ、

全くの『別世界』が!

20150525 天に開いた穴! というより抜け落ちた穴なのか???

カメラの露出を変えるとこれですよ。

20150525 露出を変えるとこんな感じに

なんぢゃこりゃ!ってな感じで、

20150525 もう凄いとこですよ

こんな風景を独占していいのだろうか?

20150525 でも怖いんですよ、やっぱり。。。

でも実は閉所恐怖症でもありますから、

早く脱出したいんですが、

T氏から離れるのも怖いもんで、

もうペッチャリでっす。



天窓洞から出てもペッチャリしてたんですが、

さすがT氏だったからなのかは分かりませんが、

天使が!

20150525 天使が登場・・・・

恐らく撮影会なんだと思うんですが、

こんどはこっちにペッチャリでっす


この場所、「三四郎島」ってとこなんですが、

潮が引くと本土と繋がるんです。


ちょうどその繋がったタイミングだったんですね。



天使の撮影会に長時間ペッチャリしてたもんですから、

気が付けばもう夕刻です。

20150525 夕日を向かって・・・・これが青春だ!

夕日に向かって!

そうです。

これが青春なんですね。

20150525 夕日でギアを干す! こんな贅沢って!!

バッカヤロォ~!

海なんか、でぇ~けれぇだぁ~!

って叫べば良かったですよ、今から思えば。
(もう意味不明です)



その日は波打ち際から10mの

ゴロゴロの花崗岩の上で

野宿テント泊を強行したんですが、

夜になると聞こえるんです。


ドドーン、ドドドーンという低い響きが。

海岸の打ち寄せる波の音とは違う、

低ぅ~い響きなんです。


穴の中に波が入り打ちつけてるんだと。

だから、潮の満ち引き具合で音質が変わります。


海岸の波の音は慣れますが、

このドドーン、ドドドーンにはなかなか慣れませんでしたよ。。。


ウトウトしながらもドドーンで起こされながら

夜が明けます。


さぁ、夜が明けたらもう早朝カヤックでっす。

一気に南下し西伊豆町の海岸に上陸し、

コンビニで文化的な朝食です。
(まだ8:00AMですから)

トイレもそのコンビニで文化的にウォシュレット。

ほんでもってまたカヤック。

ナブラが現れたので水中を

でもなかなか上手く撮れませんねぇ~

それでもT氏のカメラで何とか撮れてましたっす。

20150525 鰯の群れ

すんごい群れです。

この鰯の群れの下に大物がいるんでしょうね。


そしてもう一度天使を求めて、

三四郎島界隈を漕ぎ回ります。

20150525 三四郎島に向かって天使を探す!

当然 天使はもういませんがね


 < F i n e > 





後記:

今回のタイトルは、

「西伊豆にロメオとジュリエトを、いや羽衣伝説を感じる!」

としたもんで、何とかその方向にしたかったんですが、

結局、また勘違い「後期中年」オヤジの

妄想・瞑想・迷走記事になってしまいました。


2日間 海でカヤックを漕いだんですが、

戻って単身赴任先のアパートで寝ると、

まだフゥ〜ラ フゥ〜ラ と揺れてるんですよ





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント2
「Kuni's」に集う文化人達 ~ まずは足元を固めないとね!
2015-06-17-Wed  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


Packraftの SunnyEmotion への

研修遠征も2日目となった。

その日はもうShiva氏による個人教授ではなく

グループツアーになった。


静岡からの後期中年の先輩Y氏、

川崎からの奥様が若く魅力的なK夫妻、

Shiva氏をサポートする伊那からのS氏に、

そしてもちろん御大のShiva氏だ。


Shiva氏の SunnyEmotion ではまずはTR&DRという導入コースがあり、

それを修了するとPR2という初級コースを受けさせて貰える。

今回はPR3という中級コースだ。



しかもメンバーはPR3を何回も熟してきた人達だった。


まぁShiva氏も家庭を抱えて生活がかかってますね。

早朝からの十分な下見とメンバーの熟練度とノリ具合によって

コースを決めるから安心だ!


実は今回の研修遠征での宿は、

例の知る人ぞ知る 「 五竜ドライブステーション 」 だ。

そう、Shiva氏のご自宅のすぐ近くだ。

実は、その早朝からの下見に連れてって貰うためなのだ。




と、ここまで引っ張いといてなんなんですが、

PR3の状況はこれを見て頂くのか一番簡単でっす。

2015/05/17 PR3安曇野高瀬川
       < Presented by SunnyEmotion >

お時間のない方のためにちょっとその抜粋を。

20150611 これはどこ?

まぁなんといいましょうか、

20150611 もしかしてアラスカ?

もしかしてアラスカ?みたいなトコでしたよ。



でもホントのことを言えば、

もう前日のSurfingでお腹イッパイ状態で、

足腰フラフラだったんですよ。


でも押さえるところは押さえましたッす。

20150611 エイエイオー

Shiva氏はどんなサンダルをPackraftで使ってるのか?

アフター Packraftingは何処へ行くのか?


まずはサンダルです。

こっそりと撮ってみましたっす。

20150611 Chacoって知ってたぁ~?
Chacoってとこのこんなやつです。

Chacoってとこのヤツなんですが、

世界のPackraftの重鎮はみんなコレらしいんです。

20150611 しょしてChacoの底には?

なんでもソールにVibram社のものを使っているとかで、

20150611 ビブラムです!

このソールとストラップのデザインがピカイチらしい。


こりゃ早速 なんとか手に入れないと。。。。



そしてアフター Packraftingは何処へ?

ここでしたよ!

その名は 『 Kuni's 』 ってんですが、

いやぁ~いい!

こんな感じのとこなんですが、

20150610 Kuni'sのイメージ

我々、つまりShiva氏と伊那からサポートに来てくれた

ナイスガイ S氏の3人で反省会を行った。


本当はたぶんShiva氏とS氏の反省会だったのだろうが、

図々しく小生も参加させてもらいましたよ


清流とはいえ若干川臭い我々3人以外にも、

北アルプスマダム達が数組。

20150611 北アルプスマダム

そして情報交換を兼ねてなのか山ガイドのプロ達で

それなりに混んでいたが雰囲気サイコー!

北アルプス関係の文化人が集う場所ってな感じです。


んぅ~! チクショー!!

20150611 また戻って来るよぉ~!

また戻って来るぞぉ~






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント0
基本が大事 ~ でも私、パフェよりもビールがいいの!
2015-06-15-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


観光はどうでも良かったのです。

そん時の気持ちは、もし小生が女子大生だったら、

「あたし、パフェよりもビールがいいの」

20150610 パフェよりビール

ってな感じでしたっす。


でもShiva氏はPackraftから見る安曇野の魅力を

丁寧に小生に教えてくれていたのです。


だから最初はこんなお写真ばかりです。

20150610 のどかな

「万水(よそずい)川」の大王わさび農園の

水車も寄ってくれたんですがねぇ。。。。。、

20150610 水車遠景

Shiva氏 「(興奮して)どうです、水車も回ってますヨ!」

20150610 電動水車

小生 「モーターで回ってますよ。 ほら、水車小屋に電線が繋がってますよ。」

Shiva氏 「・・・・・・・・・」

Shiva氏 「新緑に赤のヘルメットの映えてますよ!」

20150610 のどかのどか

小生 「ヘルメットは自分では見えないよ。それに小生、色弱だし。」

Shiva氏 「・・・・・・・・・」


ところが、この万水川、一か所だけエグいところがあったんです。

そのポイントでShiva氏がなんとSurfing をしたんです。


よくホワイトウォーターの映像でやってますよね。

長崎県の早岐とか、岐阜県の長良川とかの。


そのSurfing を興味津々で見入る小生を見て、

Shiva氏のS系に火がついたんです。

Shiva氏 「午後は練習場へ行きましょう (鬼笑) !」

小生にはM系の灯が・・・・・。


やって来たのは「龍門渕公園」の「前川」です。

ここは国体の選手も練習に使うとこらしいんです。


そこの同じポイントでEddy Catchを20回ずづ繰り返します。

Shiva氏 「もっとデッドに攻めてないと!」

小生 「判ってるけど危ないよ・・・。」


Shiva氏 「もっと岩に乗り上げる感じで攻めないと!」

小生 「だって下に何があるか判りませんし。。。」


こんな感じでいろんなパターンのEddy Catchを

異なったポイントで100回はやったころです。

ついに現れましたよSurfing ポイントが。


いやぁ~、我ながら上出来です。


なんとかできたんですよ。


Eddyの吹き上がってるところに乗っかれたんです。

つまりウオシュレットの水の上に乗っかった感じなんです。

20150610 ウオシュレット

なにやら気持ちいぃ~んです。


するとShiva氏からこれまた厳しい激です。

Shiva氏 「それはSurfingではありません。」

小生 「・・・・・・・。」

Shiva氏 「流れが落ち込んでるところに乗っからないと!」

小生 「後期中年にはこれでもう天に昇ってますよ!」


すると、Shiva氏が暴挙に

小生の背中やPackraftをパドルで突き押すのです。

親ライオンが子供を谷に突き落とすが如くです。


いやいやいやホントにスリル満点でっす。

Shivaに撮って貰った映像 を貼らして下さいまし。


[広告 ] VPS


しっかし、これはイカンですなぁ~

病みつきになりますよ


< 画像・映像は全てSunnyEmotionさんのご提供 >





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント0
「単身赴任シンドローム」の醍醐味 ~ お宿は女子部屋で乙女心に芽生えたい!
2015-06-09-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



早速ですが、5月の中旬に長野白馬へ行って来ました。

そうなんです。

Shiva氏の 「 SunnyEmotion 」 のダウンリバーツアーに参加して来ました。


移動は高速バスの「バス行」です。

出撃艇は4号艇 「 Denali Llama with Cruiser Spray Deck - Alpacka Raft 」 のつもりでしたが、Shiva氏のとこの(多分)2015年モデルをお借りすることに。

20150609 2015モデル
2015モデル(左)と2013年(右)

その差は一目瞭然でっす。


約2年ぶりにShiva氏のお世話になりましたが、

折角ですからツアーとは別に

また基礎からの特訓をお願いしてみました。




それにしても「高速バス行」がこれまた

「電車行」とは違う魅力がありますなぁ~。


単身赴任先の川崎のアパートから中央高速の

「府中」の高速バス停までは路線バスとJR「南武線」で。

20150609 府中のバス停

そして高速バスに一旦乗ると、

20150609 バスに乗ったら

もう白馬に着いた様な気分です。

20150609 もうそこは白馬

GW明けですから乗客は10人程で、

途中の大町までで皆さん下車してしまったもんですから、

宿のある白馬五竜に着くまでには小生一人になってました。


お宿は知る人ぞ知る 「 五竜ドライブステーション 」 でっす。

20150609 真夜中の五竜DS

スキーシーズンには満員らしいのですが、

山シーズン前でもありますから

20150609 山ガール

いつもの「山ガール」さん達もいません。

小生一人の完全貸切に状態でっす。

20150609 真夜中の五竜DS

ドミトリーってんですか?

大部屋に二階ベッドが50程並んでるんですよ。


一番奥のコーナーを独占させて頂きました。

そのコーナーは女子専用のコーナーだと

後からオーナーさんに教えて貰いましたが、

なんとも乙女チックでメルヘンなんです。

20150609 メルヘン女子部屋

そんな乙女チックなメルヘンコーナーで

早朝から起こされましたよ大雨の音で。。。

20150609 朝から雨雨雨

しかもとっても寒いんです。

もう帰ろうかと思いましたが、

実はここまで来るまでに、

いや、正確に言うと出発するまでに

とんでもないことになってたんです。




「単身赴任シンドローム」対策として、

毎日野菜を摂っているですが、

単身赴任なので当たり前ですが一人ですから、

そういろんな種類を揃えるのも難しいです。


そこで「大根(ダイコン)」の登場です。

お大根は中(あた)らないと言われています。

だから「大根」をいつも食べていました。


今回の遠征で腐らせてもしょうがないと思い、

まだ3/4程残っていた大きなお大根を

すりおろして朝ごはんとしたんです。


ジョセフィーヌってご存知ですか?

ちょっと有名なドレッシングなんですが、

これととっても合うんです。

だからその大きなお大根をとっても美味しく頂きました。


約2時間後です。

やって来たんです。

強烈な腹痛です。


長年苦労した「大根役者」が

ついに大ブレークしたって感じです。


まさか、また腸が捻じれたのかと、

自分で捻じれたとこがないかと

必死のパッチで触診です。


腸捻転による閉塞は通常大腸で発生します。

でも考えれば、もう小生の大腸は

もう半分程しか残ってないはずなので、

かなりシンプルな構造になってるはずです。


これで残った大腸まで取られたら

誰が大腸の機能を代わりにしてくれるのだろうか・・・・

とか考える余裕もない程の激痛でした。


前回の2011年は1フィートのソフトクリームを楽しんで

1ft艇
( ご参考記事: 「Twist」 繋がり

24時間後に激痛に襲われました。


今回は1フィートのお大根を楽しんで

2時間後に同じ様な激痛に襲われています。


激痛に襲われてから更に2時間、

痛みが35%は治まって来ました。


セルフ触診では閉塞は起こしていないと判断しましたから、

こうなりゃまずは最寄バス停へ前傾姿勢で出発です。


過ぎたるはなお及ばずが如し。

やっぱり1フィート大根の一気食い・・・・・

「おろし」にしたので一気飲みみたいな感じで、、、、

イカンですなぁ~。


それでも中央高速「府中」のバス停に着くころには

何事もなかったかのように回復です。




かなりの前置きでしたが、

そんな訳でここまで来たからには、

竜巻でも起きない限り強行突破です。


と、決心した頃にShiva氏が宿に迎えに来て、

「やぁ~、この雨で水量も期待できて

ホント、絶好のコンディションですよ!」




いや、ホントにすみません。

To be Continued!

とさせて下さいまし。

今度は「かぶ」の食べ過ぎかも

しっかし、今回お世話になったお宿、

五竜ドライブステーション 」のシャワールームにありました。

これってお大根の食べ過ぎにも

20150609 ケロリンって

効くのかなぁ~





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント0
<< 2015/06 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。