FC2ブログ
異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西伊豆の羽衣伝説を覗きに行ったが・・・黒羽衣が「のどちんこ」にぶら下がる!
2017-12-23-Sat  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇



これは一昨年2015年5月、

まだ夢の様な単身赴任を楽しんでいた時に、

西伊豆に行った時の画像なんですが、

20150525 夕日でギアを干す! こんな贅沢って!!

そん時お誘い頂いたT口氏から

また有難いお誘い頂き行って参りましたよ。


とは言っても昨年2016年は6月10日の漕行記になります。

このブログも広告が入ってもう閉鎖状態でしたからねぇ。。。。

月日も1年半流れてしまいましたよ。




当日は名古屋の自宅から始発の地下鉄と新幹線で

途中 新幹線「三島」駅からはT口氏の

日産エクストレイルの乗っけて貰いました。


T口氏とは1年ぶりのまだ2回目の面識なんですが、

西伊豆にロメオとジュリエトを、いや羽衣伝説を感じる!
(こん時はホントに羽衣はいたんですよ
20160610_はごろも伝説イラスト

1度でも海原で命を預けあった仲ってのは

すごいですねぇ~。


旧知の間というより、なんかもう

「長靴下を裏返した様な仲」になれるんですねぇ。


そんなT口氏とのこの時の前回は2015年の

5月だったんで、西伊豆は野宿OKの期間とのことで、

楽しくテン泊できたんですが、

今回は6月10日で野宿禁止期間なんです。


出撃地は今回も冒頭の画像の浮島海岸でっす。


そこから一旦 ウォームアップがてら北へ向かって、

20160610_西伊豆田子の断崖

セルフレスキューの確認やらをしてから

20160610_田子瀬浜の特訓場

テン泊と自炊道具一式をカヤックに積み込み

20160610_70Lの防水パック

T口氏馴染みの松崎の有料臨海オートキャンプ場へ

南下していきます。


距離にすると大したことないですし、

その日はべたなぎだったんですが、

20160610_松崎dinner会場の全景

やっぱり直接太平洋に面した海ですから

絶えず緊急着岸地点を意識しながらの漕ぎです。


実はカヤック組立時に、船体布にテンションを

掛けた時にテンション掛けの細引が

ぷっつりと切れてしまったんです。

20160610_テンション切れる

日頃の手入れ・メンテ不足と

テンションの掛け過ぎが原因なんですがね。


なんとか自在に引っ掛かかった状態だったんですが、

なんとなくゴム紐の切れかかったパンツを穿いてる

感じではありましたよ


1時間程で有料キャンプ地に明るいうちからテント周りでdinnerです。

20160610_松崎dinner会場


近くのスーパーで「のぼりカツオ」を歩いて調達です。

20160610_かつおのイラスト

結局3回もそのスーパーにカツオを仕入れに行きましたよ。

6月の夏至のシーズンで日は長いのですが、

明るいうちから呑み続けていますから

21:00頃にはもうヘロヘロでテントにもぐります。


その分6月11日の朝はもう5:00から行動開始です。

20160610_松崎湾

松崎湾はその日も穏やかで

20160610_松崎海岸沖

名もなき洞窟やら

20160610_名もなき窟

知る人ぞしる「のどちんこ洞」やら

20160610_のどちんこ洞窟を外から

もう外から中から

20160610_のどちんこ洞の中から

思う存分に楽しめまっす!


その「のどちんこ洞」なんですが、

通り抜けが可能だとT口氏が教えてくれましたよ。

小生に行って来いとのことでしたが、

20160610_洞窟イラスト

閉所恐怖症ですからね。。。。。

T口氏に小生の魚眼レンズカメラを持って

入ってもらいましたっす

そん時の画像でっす



魚眼レンズのせいなのか閉所感がすんごいですよぉ

こうもりも飛んでるしぃ~

小生にはちょっと・・・




<後記>

この日は松崎海岸裏の安城岬の入り江で

3時間ほど休憩したんですが、

以前ご紹介したT口氏の「流木アート」と、

氏と小生の愛艇「バタフライカヤックス」のPV風に

した映像をしつこく貼らせて下さいませ



やっぱ面白いぃ~・・・・自画自賛ですんまそん。






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
「童心に戻れる流木アートの魅力」 と 「カヤックの魅力」 を融合することを目指した試みの映像化
2016-07-01-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇



1年ぶりに西伊豆を漕いできましたよ。

20160611 撤収時

そん時のレポートはまた後日にしたいんですが、

今回はそん時ご一緒したT口氏の趣味をご紹介です。

「流木アート」です。

20160611 流木画像サンプル

日本海側は大陸からのゴミが凄いですが、

西伊豆はきれいなもんです。

折角ですから映像に残しましたよ。

20160611 BFKと

T口氏と小生の艇であるバタフライカヤックスの

プロモーションビデオ風にね



結構面白いと思うんですがね |д゚)チラッ




後記:

この映像をバタフライカヤックスの方に

観られら怒られそうですが、

少なくともT口氏とそのご家族に好評だったら

よしとしましょうかね





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント2
初三河湾の進水式で浸水して親水しながらも愛知環状鉄道の「あいちゃん」に魅せらる!
2016-04-24-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇

20160422 転覆表紙

初めて三河湾で漕いできました。

某大手の山道具屋さん「K日S荘」のM林さんの

Butterfly Kayaks CRUSOE 415TFの

進水式の応援でっす。


折角ですから、

小生もCRUSOE460CPで出撃でっす。

20160422 いざ出撃


今回は通勤定期も活用した「電車行」に加えて

M林さんの車に便乗して機動力があります。


今回のテーマは;

①通勤定期を使ったお得な「電車行」カヤックを楽しむ

②漕ぎの基本は「セルフレスキュー」から



そんでもって

「電車行」往路のルートは;

①地下鉄東山線「東山公園」=>「本山」

②地下鉄名城線「本山」=>「八事」

③地下鉄鶴舞線「八事」=>「赤池」

④名鉄豊田線「赤池」=>「豊田市」

⑤愛知環状』鉄道「新豊田」=>「岡崎」


これだけをほぼ30kgの荷物で4回も乗り換えしますから

もうそれだけでかなりの達成感がでまっす。


そんな中でもこんなものを見つけましたよ。

20160422 100周年

愛知環状鉄道の車掌さん愛用の

20160422 100周年クローズアップ

東京駅100周年記念グッズを。


調べるとこれは代官山と渋谷にあるショップ、

アクビのトートバッグでイラストレーターの宮田翔氏との

20160422 100周年トートバッグ

コラボ商品 小サイズ税抜1500円であることが分かりましたよ。


きっと愛知環状鉄道の車掌さんも鉄道ファンなんでしょね。


そして愛知環状鉄道のマスコットがこちらでっす。

20160422 あいちゃん

「あいちゃん」って少女で、ちとコスプレっぽいんですが、

愛知環状鉄道オリジナルグッズ商品一覧

その筋ではそれなりに好評の様ですから、

かなり善戦していると言って良いと思いますね。


いやぁ~「電車行」っておもしろいですねぇ~。

いろんな事に出会える機会を与えてくれますねぇ。


そして「あいちゃん」の岡崎駅からは

20160422 愛知環状鉄道

M林さんにピックアップ頂いて海部海岸って

とこで「進水式」でっす。

20160422 CPとTF



我々以外にも数名のカヤッカー達がいたんですが、

皆さん海をバックに、ご自分のカヤックの撮影に

余念がなかったですねぇ~。

20160422 カメラ小僧


我々を含めコスプレ会場のカメラマンと化して

賑わう(?)ビ-チで「進水式」でっす。

20160422 M林氏


風と波かかなりあったので、防波堤の内側で

チャプチャプやってたんですが、ここで小生、

M林氏に先輩風を吹かし、「『沈脱』と『再乗艇』が

出来てこそ漕ぐことが許される」ってものだと。。。


一瞬引いた様にも見えたのでM林氏にすかさず、

「おしおし、小生がお手本をお見せしょう」と。


いやいや2年ぶりに『沈脱』と『再乗艇』を

やったんですが、、、、、、

2年前よりかなり手間取ったんです。

そして体力の消耗度合いが思った以上だったんですよ

20160422 転覆


これから小生も「後期中年」のその佳境を迎える。

己を知って身の程を弁える。

これって重要ですよねぇ~。


その意味でこれからは毎年のシーズン初めに

『沈脱』と『再乗艇』をやっとこうと強く感じましたよ。


そう言えばフィールドが海と川で違うが

「SunnyEmotion」のShiva氏が最初に

教えてくれるのが『沈脱』と『再乗艇』だったなぁ。


長くカヤッキングを楽しみたいですもんね

M林さんにもしっかり2回も やって貰いましたよ。

小生は1回でもう体力が沈没しましたがね





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント0
西伊豆にロメオとジュリエトを、いや羽衣伝説を感じる!
2015-06-26-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇


5月もドン詰まった日に、西伊豆を漕いだんです。

メンバーは小生を入れて4名。

皆さんとは初対面であったが、

もう50年ぐらい前からのお友達の様に。


所沢からのT氏。

なんとも気持ちの良い青年だ。


それからT氏が師と仰ぐA氏。

こうなりたいと思える後期中年の大先輩だ。


そしてT氏の友人ケンさん(ご苗字は分からないまま)。

新所沢の青年実業家の釣り師だ。



山陰ジオパークを漕いだことはないですが、

いやいや西伊豆は凄いとこです。


ベースはここにしたんですが、

20150525 中央

右岸は玄武岩質降下火砕物による積層で、

20150525 右岸は火山灰堆積層

左岸は柱状節理ですよ。

20150525 左岸はマグマ噴出層

伊豆半島ジオパークのど真ん中でっす。


そしてまぁ兎に角 穴だらけなんです。

まずは穴の一部をざっと貼り付けさせて下さいまし。

まずはデカい穴。

20150525 デカい穴 どこまでも奥が

このが奥が複雑に枝分かれしてるんですよ(怖ぁ~)


この小さい穴も、

20150525 小さい穴 どこまでも奥が

奥の方までどこまでもあるんですよ。。。。


穴から外洋を望んでみましたが、

20150525 穴の中から外洋を望む

上には米俵ぐらいの花崗岩が、

へばり着いてて、

20150525 縦にデカい穴

いつ剥がれて落ちてきても、

20150525 貫通穴も

おかしくない感じなんでっす。。。。。


これ穴ではないですが、

20150525 まさにこれこそが海峡だぁ~!

これこそ海峡だしょ!



次は堂ヶ島の天窓洞ってとこなんですが、

遊覧船が頻繁に出入りするんです。


でも勝手知ったるT氏がいますから。

営業時間が終わってから侵入です。


それでも怖いっす。

ほんと真っ暗なんです。


でもそのうちに出て来ましたよ、

全くの『別世界』が!

20150525 天に開いた穴! というより抜け落ちた穴なのか???

カメラの露出を変えるとこれですよ。

20150525 露出を変えるとこんな感じに

なんぢゃこりゃ!ってな感じで、

20150525 もう凄いとこですよ

こんな風景を独占していいのだろうか?

20150525 でも怖いんですよ、やっぱり。。。

でも実は閉所恐怖症でもありますから、

早く脱出したいんですが、

T氏から離れるのも怖いもんで、

もうペッチャリでっす。



天窓洞から出てもペッチャリしてたんですが、

さすがT氏だったからなのかは分かりませんが、

天使が!

20150525 天使が登場・・・・

恐らく撮影会なんだと思うんですが、

こんどはこっちにペッチャリでっす


この場所、「三四郎島」ってとこなんですが、

潮が引くと本土と繋がるんです。


ちょうどその繋がったタイミングだったんですね。



天使の撮影会に長時間ペッチャリしてたもんですから、

気が付けばもう夕刻です。

20150525 夕日を向かって・・・・これが青春だ!

夕日に向かって!

そうです。

これが青春なんですね。

20150525 夕日でギアを干す! こんな贅沢って!!

バッカヤロォ~!

海なんか、でぇ~けれぇだぁ~!

って叫べば良かったですよ、今から思えば。
(もう意味不明です)



その日は波打ち際から10mの

ゴロゴロの花崗岩の上で

野宿テント泊を強行したんですが、

夜になると聞こえるんです。


ドドーン、ドドドーンという低い響きが。

海岸の打ち寄せる波の音とは違う、

低ぅ~い響きなんです。


穴の中に波が入り打ちつけてるんだと。

だから、潮の満ち引き具合で音質が変わります。


海岸の波の音は慣れますが、

このドドーン、ドドドーンにはなかなか慣れませんでしたよ。。。


ウトウトしながらもドドーンで起こされながら

夜が明けます。


さぁ、夜が明けたらもう早朝カヤックでっす。

一気に南下し西伊豆町の海岸に上陸し、

コンビニで文化的な朝食です。
(まだ8:00AMですから)

トイレもそのコンビニで文化的にウォシュレット。

ほんでもってまたカヤック。

ナブラが現れたので水中を

でもなかなか上手く撮れませんねぇ~

それでもT氏のカメラで何とか撮れてましたっす。

20150525 鰯の群れ

すんごい群れです。

この鰯の群れの下に大物がいるんでしょうね。


そしてもう一度天使を求めて、

三四郎島界隈を漕ぎ回ります。

20150525 三四郎島に向かって天使を探す!

当然 天使はもういませんがね


 < F i n e > 





後記:

今回のタイトルは、

「西伊豆にロメオとジュリエトを、いや羽衣伝説を感じる!」

としたもんで、何とかその方向にしたかったんですが、

結局、また勘違い「後期中年」オヤジの

妄想・瞑想・迷走記事になってしまいました。


2日間 海でカヤックを漕いだんですが、

戻って単身赴任先のアパートで寝ると、

まだフゥ〜ラ フゥ〜ラ と揺れてるんですよ





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント2
「ペリー提督」が「百均」となり「青船来航」でもう「イルカに乗った後期中年」っす!
2015-03-04-Wed  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇
20150221 ペリー提督

やっと5号艇 < CRUSOE 460CP > での関東デビューをしました。

2月の21日のことでした。

場所は房総半島と伊豆半島の間で

突き出ている三浦半島です。

京急久里浜線の終点ひとつ手前の

「三浦海岸」駅から出撃したんです。


川崎の単身赴任先のアパートからバスに乗り、

20150221 バスバス走る

東急東横線「元住吉」から[「横浜」で

京急本線に乗り換えての「電車・バス行」で

20150221 京急 横浜駅

コストパフォーマンスが絶妙なバランスの

ちょうど1000円でっす。


「三浦海岸」駅から海岸までは約5分なんですが、

近くに黒船来航の「浦賀」がありんす。

黒船来航と言えば冒頭にご登場のペリー提督ですよね、

20150221 ペリー提督

そのペリー提督が現在はここ「三浦海岸」で、

20150221 現在のペリー提督

なんと「百均」となって甦ってます。


三浦海岸に着いて5号艇 CRUSOE460CPを組み立ててると、

20150221 三浦海岸

今度はカヤックの「黒船来航」です。


そのシルエットからカナダのFeathercraftだと一目で判ります。

青い船体布が眩しく、「青船来航」でっす。


聞けば小生とおなじ「後期中年」でしたっす。

ごく自然と意気投合ですよ。


ここでは「もっさん」とお呼びしましょう。

「もっさん」は小生より先輩「後期中年」の方でしたから、

もうしっぽふりふり後ろをついて行きました。


「もっさん」は三浦半島をフランチャイズとしておられ、

これほど心強いことはありましぇ~ん!


東京湾と太平洋の境目です。

いやぁ~く緊張しましたっす。

20150221 金田湾


「浦賀水道」挟んで対岸の房総半島の山々も望めます。

20150221 遙か房総半島を望む


しっかしFeathercraftってホントかっこいいっすねぇ~。

20150221 もっさんとフェザークラフト

このバウ(舳先)形状はたまらんでっす。

スターン(船尾)形状も独特ですなぁ~。

20150221 並んでパシャリ

洋上で休憩時にピッタリと並んだんですが、

いやぁ~重心が低い!


そんな「もっさん」の「青船」の後ろを漕いでると、

20150221 前方っより女子中学生の軍団が

遙か前方から、キャッキャと騒いだ女子中学生かぁ?


いやホントに急に騒がしくなったんですよ。


それはなんと「イルカ」さん達だったんです。

たぶん親子であろう2頭の「イルカ」さん。

20150221 イルカに乗った後期中年達

仲良く並んでキャッキャと騒いで泳いてます。

ときおりその顔を水面にだしこちらを見てるんです。


さすがの「青船来航」の「もっさん」も興奮して

追いかけます。


「イルカ」さんと言えばやっぱこれです。

20150221 イルカにのった少年

でも我々は、『イルカに乗った後期中年』でっす。


伊勢湾で「スナメリ」に遭遇した時は一人でしたから、

小生、慌てて逃げました。

ご参考記事 伊勢湾リベンジ - 人食いスナメリの幻影から逃げ惑う!

「スナメリ」は妖怪「ぬらりひょん」ってな感じでしたが、

「イルカ」さんは違います。

何でも楽しい「女子中学生」ってな感じでしたっす。




撤収は「みうら宮川フィッシャリーナ」という

20150221 みうら宮川フィッシャリーナ

マリーナの桟橋を特別にお借りできたっす。


関東地区にお住いの方でないと三浦半島って

いってもピンとこないと思いますので、

当日の漕行程です。

20150221 三浦半島って?

地図で振り返るともう外海の太平洋ですね。

20150221 漕行程

しっかし、初太平洋漕ぎだったんですが、

「イルカ」に会えるなんて


そして、物質文明で more more money の狂った世界から、

今この瞬間に生きていることに感謝できる気持ちを

柄にもなく思い出してしまいましたよ。







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






トラックバック0 コメント0
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2018 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。