異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VIVA SunnyEmotion : 違いのわかる男達 ダバダバダ
2015-07-24-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


例えば、タスマニアの海岸に転がっている漂着物で、船体布のみ日本から持参してファルトカヤックを作って、そのままタスマニアの絶壁伝いに海旅にでる。

そんな バタフライカヤックスの高嶋師の経験談は、
P1010767.jpg
聞いてるだけで変になりそうでっす。

逆さダルマ2 20130219

そして、SunnyEmotionのShiva氏の話にも、
ロゴ red Sunnyemotion 20130907
同じモノを感じまっす。

Image of Packrafts 20130203

Shiva氏のそれは、Packraftの Alpacka Raft LLCのアジアで唯一認められた正規ディーラーであることからも証明できる。

お二人に共通しているのは、
さあどうする2 20130609
海外での若い時の豊富なフィールド経験だ! と思うのです。

6月27日に、ちょっとした事情で SunnyEmotionのShiva氏のガイドツアーがキャンセルになった時の予定地について、小生、間違ったレポートをしていたのでちょっと訂正させて頂くと共に、その他 諸々の訂正をShiva氏からのアドバイスを元に、ちと付け加えさせてくんなまし。



以下、Shiva氏からの指摘文を、ほんの少ぉ~し脚色しての訂正報告レポートでっす。



Shiva氏の談:

6月27日に行こうとしてたのは「飛騨川」ではなく「奈良井川」だよ。
犀川水系の川だから日本海に流れるので、アンタの奥さんが住んでる名古屋へは流れないんだよ。

北米のPackraftの猛者の話は完全にアンタの記憶違いで、ニュージーランドの猛者だよ。
20150723 キーウィ
場所は、安曇野周辺ではなく、四国吉野川小歩危で、そのニュージーランド人のラフティングガイドの超ベテランガイドが、
20150723 ラフト
いつもそこで仕事している日本人でも難しい場所を、バックパドルを多用しながら、ゆっくりスピードを落としてよく見ながら弱点を探してうまく下って行ったというのが正しい表現だ。

その時の印象は、「ホントに上手い奴は、初見でもある程度の所は簡単に行けるんだ」と感動したよ。
しかもそん時は8人乗りのラフティングボートだったんだが、バックパドルを多用していたということでボートの向きは下流を向いていた。
だからそのラフティングボートの数人の漕ぎ手は、前を向いた状態でパドルを後ろに入れてキーウィの猛者の指示でバックパドルをしていたということだ。

ま、アルパカラフトで同じ効果を出すにはアンタのやった動きで良いだろう。
細かい話になったが、これはまあまあレベルの高い俺にとっちゃぁ~大事な話なのさ。 

理解できるかい?

アンタのブログはそんなに酷いとは思っちゃいねぇよ。
だた、読んで貰える方々には、
20150723 ちょっとちょっと
正確に伝えないとなぁ。




以上がSunnyEmotionの Shiva氏からのアドバイスです。

実際の文章はかなり丁寧に、小生に対するリスペクト溢れる表現で、語尾だけはちょっと脚色をね させて貰いました。





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
Submarine 450 を見て 2015 に期待す!
2015-01-01-Thu  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編



例えそれが無理だとは判っていても、

まわりから馬鹿だと言われようが、

果敢に挑む姿勢は忘れたくはないものだ。


皆さんにとって2015年がどんな年になるのか?

結果がどうなろうが、果敢に挑む姿勢を忘れず、

もっと馬鹿になろうではないか!


まぁ現実は、風邪をひいて単身赴任先のアパートに

家族から隔離されて新年を独り迎えた訳なんですがね・・・・・・。


まずは新年はこの画像から、、、、、

20141007 果敢に挑む姿勢

後期中年真っ只中の「閘門水先人」氏が、10月のオホーツクの波に、

果敢に挑むところだ、、、と小生には見える。


そして突っ込み、

20141007 突っ込み

潜り、

20141007 潜り

浮上す。

20141007 浮上す

謹賀新年

今年も皆さんにとって良い年であることを!






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






トラックバック0 コメント2
大河メコンでのフランス人入植者に想いを馳せる ~ 「開き」もあるでよぉ!
2014-06-18-Wed  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編



皆さんは「ラオス」といえば、

何が思い浮かびますか?


正式名は「ラオス人民民主共和国」らしい。

その国を漕いで来たらしいのです、

例の「サイモン」氏が。


小生が「ラオス」で最初にイメージするのは、、、

やっぱり、ベトナム戦争時の

「ホーチミンルート」だと思うんです。


まだそこら中に不発弾や

対人地雷が埋まっている・・・・

あな、恐ろしやぁ~



次にイメージするのは、、、、、

映画「地獄の黙示録」に登場する

フランス人入植者達です。


特にオーロール・クレマン演じる

未亡人 ロクサンヌ・サロ夫人の

何とも言えない色気ではないだろうか。。。。



小生の貧弱な想像力の説明は

この辺にし、、、、では早速、

「サイモン」氏から送られてきた

画像をベッタベタと貼ってみたい。




メコン川の支流で、

Nam Ou 川と言うらしい。

nam+ou_landscape_convert_20140617214921

ここでの流れは遅く見えるが、

意外と早く、

5日間で300kmも、

下ったらしいのだ。

packraft_convert_20140617221058

こんな感じでキャンプなのだが、

nam+ou_campsite1_convert_20140617214839

どう考えても、

トラでも出て来そうである。。。



そしてこれは「サイモン」氏の

「自我撮り」かと思いきや、、、

現地の少数民族の

子供たちにPackraftを

試漕してもらってるのだそうだ。

lao+kids+in+packraft_convert_20140617210120

そしてその子供たちだ。


lao+kids+in+village+1_convert_20140617210827

なんとも屈託のない笑顔!

これなんかどうですか

lao+village+boy_convert_20140617212908

もう、ベストショット!!!


そして村の風景なんですが、

lao+village+1_convert_20140617211412

何か気が付きませんか?

lao+village+2_convert_20140617211706

電気が来ていないのです。



「サイモン」氏曰く

『電気が来ているかいないかで、

村の風景が一変する。』

『人の生活や眼つきまで違う。』



これはさっきの子供たちが、

自分たちの船で遊んでるとこです。

mekong+river_convert_20140617214756


これは、お母さんが子供たちを

連れてお買い物らしい。

nam+ou_kids+paddling_convert_20140617214846

日本で例えると、

ミニバンに子供達を乗せて

モールにお買い物ってな感じでしょうかねぇ。

でもよく見ると、全員 子供達です。

やっぱりモールのガチャガチャでも

みんなで物色しに行くって感じでしょうか。


そしてモールはこんな感じです。

phonsaly+market_convert_20140617220926

食材も豊富ですぅ~。

phonsali+market_rats!_convert_20140617220910

ネズミの開き・・・もありますよ!!


こちらには豚小屋かと思ったら、、、

pigs+2_convert_20140617220543

産地直送ってんですか?

pigs_convert_20140617215422

新鮮そのもの!

直ぐに食べるんぢゃなく

育ててからなんでしょうかねぇ???




「サイモン」氏のお話から

いろいろ調べたんですが

今回はこの辺りで300kmの

location+nam+ou+river_convert_20140617221009

川下りだったみたいです。

ミャンマー・カンボジア・ベトナム・タイや中国に

囲まれて・・・・一体全体


今回は題して、

『 大河メコンでのフランス人入植者に

想いを馳せる ~ 「開き」もあるでよぉ!』

としましたが、

小生にはとても真似できましぇ~ん!

でも、一旦 その世界に魅せられると

もう止まらないんでしょうねぇ~。

羨ましいかぁ~!!!




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




トラックバック0 コメント0
進化する「ボリショイカート」 - ミニスカート膳で花見楽しむ!
2014-04-01-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編



「ミニスカート買ったよ!」

硬派の「閘門水先人」氏からそんな連絡が入った。

「着てみたらなかな良いよ。」

なんか複雑なイメージしか浮かばない・・・

「それで仙台堀川に花見に行って来た。」

いよいよ危ない世界に・・・


どうもM社のカヤック用の

小型スプレースカートの

商品名のことだったのだが・・・


今回はそんな「閘門水先人」氏からの

レポートを紹介しよう。


使用艇はフジタのサンテン。

場所は東京都江東区界隈。


その『ミニスカート』を

氏はまたどんな使い方を

するかも楽しみですよ。


ではまた、氏のレポートを

紹介した後で。。。。。。。。







いつの間にか春になってしまい

桜もほぼ満開になりそうということで

天気に恵まれた週末にお花見カヤックに

行ってきました。


場所は東京下町江東区のいつもの水路です。

今回も例のボリショイカートでラクチン移動。


前回のトライアルで操縦性に難ありということで、

専用ステアリングを作ってみました。

新ボリショイカート 20140329

これが有れば手首をひねれば

比較的簡単に行きたい方向に

カートを向けることができます。


このカートの利点は、

カヤックのザックをほぼ直立状態で

運転(?)できることです。


しかも自分の真横に置いて

移動ができるので

あまり場所を取らないです。


何となく盲導犬と一緒に

歩いている感じです。


これを折りたたんでも

コックピットの横に納める

ことができます。

潜むボリショイ 20140329




そして今回は社外品のミニスカートと

いうスプレースカートを装着してみました。


サンテンはコックピットが

大きいので開放感抜群です。


でも春先などチョット寒い時など

デッキカバーほどで無い時に

重宝するのではないか?と考えました。




お花見といえばお弁当ですから、

ホカ弁、ノンアルコールビール、

団子などを調達して乗艇。

出撃サンテン 20140329

「東大島」駅近くの水陸両用バスの

ダックヤード 20140329

ダイビングスポットの横から漕ぎ出し、

扇島閘門を越えて

扇町閘門とお仲間 20140329

「清澄公園」沿いの

お花見イメージ 20140329

桜並木を目指します。


今回はお天気もよく大勢のカヤッカーと

水路ですれ違いました。


やっぱり長いフネは格好いいですね。


サンテンアヒル号はオシリフリフリですから。


仙台掘川の両側には桜並木があり、

お花見 20140329

少し早いですがボチボチ見頃でした。


そこでミニスカートがテーブルに早変り!

ミニスカート膳 20140329

お弁当を広げチョット漕いでは

ビールをゴクリ、チョット食べては

水路にせり出した桜の枝の下に

行ってみたりで、まるで屋形船状態

で良いお花見ができました。


上陸地点はいつもの佃島。


その為には隅田川を下り、

さらに川を横断しなければ

なりません。


なんだか今日の隅田川は大荒れ、

それこそ屋形船や大型水上バスが

ひっきりなしで大波小波で

なかなか前に進みません。

大波小波 20140329

お船に乗っている観光客は

珍しい物を見た感じで手を

振ってくれます。


でも、こちらはとても手を振れる

状況では有りませんでした。


ミニスカートの効果でデッキ内には

それほど水は入りませんでした。
 

それでもとりあえず無事に上陸し、

撤収することができました。







以上が「閘門水先人」氏から

レポートです。


その漕行艇は想像するに、

こんな感じで、ざっと10kmか。

宮下さん漕行程 20140329

しっかし、氏のミニスカート姿を

間違っても想像するんではなかった






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック1 コメント0
『ボリショイ カート』 デビュー / それは「電車行」の考え方を根底から変える!
2014-03-14-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


一般の方には、

どうしても苦行と思われるカヤックでの「電車行」



その苦行「電車行」のイメージを

根底から覆(くつがえ)す『カート』を

今日は真面目に紹介しよう! 



もうその「ネタ」は

過去にお伝えしたが、

今日はその実践例だ!




実演者は考案者でもある、

件の「閘門水先人」氏である。



氏は家族から、

『その歳にして、痛すぎる。』と

言われながらも

その研究に勤しみ、

遂に東京港でデビューさせた。



ことここに至るまでの、

氏の粘り強い努力と苦労は

賞賛に値すると自信をもって言える。



そのカートは、

名付けて、

『ボリショイ カート』 だ!

ボリショイサーカスのくまさん 20140303

ファルトを背負った

そのカート姿から

今回、正式に命名されたのだが,

その詳細は、

以下の氏からのレポートで、

説明と替えさせて頂くとしよう。



使用カヤックは、

いつもでフジタカヌーの

サンテン「アヒル」号だ。






小型化した台車、

通称 『ボリショイ カート』

一般名こそ「キックスケータ」ではあるが、

それを使ってお台場近辺まで

カヤックを運んだ。



もちろん運ぶのが目的ではなく、

カヤックをするのが目的ではあるが。



朝の出だしが遅れたので

ボリショイカブと 20140308

週末の雑踏の中に

カートで繰り出しました。



カヤック背負ったままで

混んでいる地下鉄に乗るのは顰蹙ですが、

小さなカートであれば、

何とか場所は確保できます。



このカートは、

車輪が縦一列配置で、

ハンドルにザックの肩紐を

引っ掛けているので、

基本はまっすぐしか進めません。



若干ハンドルを切れるので、

大きなカーブは曲がれますが、

都会の駅構内の折り返しエスカレータや

急な方向転換は不得意です。



自分が歩くところを

よくイメージしながら

カートを操作しなければなりません。



何故 普通のカートを使わないのか?



サンテン「アヒル」号は

軽薄短小をモットーとしており、

折りたたんだカートを

乗せることができません。



そこでカヤックを積んで、

たまにはカヤックを背負って

そのまま自分も乗れる

キックスケータを

台車にしてみた訳です。



 
自宅でのテスト走行時に、

確かに言われました、家族から。



『その齢にして、

 その姿は痛すぎる・・・』
と。



今回の目的は都会の交通機関に

この『ボリショイカート』

どこまで通用するか???



そしてついでに

アルフェックのシートを

フジタにアルフェックを移植 20140308

フジタカヌーに装着し座り心地の確認、



その舞台に選んだフィールドは、

この春引退する船の舳先に

ピンポンダッシュすることでした。



お台場の端のほうで組み立て、

お台場より 20140308

東京港に漕ぎ出し、

まずはレインボーブリッジの下を通り、

くねるレインボーブリッジ 20140308


お台場を横手に通り過ぎます。

お台場 20140308



目的地は有明多目的埠頭、

東京ビッグサイトの近くです。



朝 出発するのが遅かったため

漕ぎ出しが11時半でした。



昼を回ったあたりから南風に変わり、



完全に強い向かい風でサンテン「アヒル」号に

ぶつかった波しぶきが

そのまま体や顔にかかり

ビショビショになってしまいました。



目的の船は船員養成のための

航海訓練所の練習船で

2014年3月に引退してしまう

「大成丸」です。



32年間運用され、

戦線離脱で売却の予定。



フィリピン辺りに売却されて

また20年位稼働するのでしょう。



船齢が自分の社会人年齢と同じで、

役職定年でどこかの会社で

再雇用というのを連想してしまい、

これは売却前に舳先にご挨拶しなくては、

となった次第です。



船は船齢32歳には見えない

大成丸 最後のお披露目 20140308

きれいな状態でした。

カンカーで目眩 20140308

彼の地での活躍を祈念いたします。

舳先ピンポンダッシュ 20140308



目的地までは向かい風でしたが、

帰りは追い風ですので、

例のビニール傘でハルケットごっこ。

参考記事:
Halkett Boat / ハルケットボート - 『電車行』 はジェラシックパークだ!
嗚呼 『 Halkett Boat / ハルケットボート 』

一部区間だけでも漕がなくて

戻ってこれてラクチンでした。 



『ボイショイカート』

畳めばサンテン「アヒル」号に

無理なく収納できました。



アルフェックのシートも

フジタ純正のシートより薄く

効率的にザックに収納でき、

背もたれが別体なので

腰の位置に合わせられて快適でした。





編集後記:

『その齢にして その姿は痛すぎる。』

家族からの、この言葉は、

我々 後期中年には、

かなりこたえる言葉かもしれない。


だが小生にはその言葉が、

勲章の様にも感じる。。。

ボリショイカートデビュー 20140308

うぅ~ん・・・・

これからも「閘門水先人」氏には、

そんな勲章を数多く期待したい!






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ








トラックバック0 コメント0
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。