異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防水コンデジをウェアラブル風にしてみたら気分だけはGoPro!
2016-05-05-Thu  CATEGORY: 心象漕行 - 道具/修理


デッキコンパスです。

デッキコンパス

これはSeattle Sportsのやつなんですが、

一度も使うことなく、中でプカプカ浮いてる

磁石を支える支柱が外れちゃって・・・。


このコンパスのアッタチメントを改造して

20160429 デッキコンパスの残骸

メリケン針と化学繊維の糸でゴムベルトを縫い込んで

カメラを挟み込む・・・・・といったコンセプトで、

20160429 お裁縫 化繊の糸で

ユニクロのワイシャツの替えボタンを噛まして、

いい感じなんだけどなぁ~

20160429 何か違う・・・・

もう少し試行錯誤しないとダメそうですね。



自転車の工具箱をゴソゴソしてたら、

20160429 ひらめき電球

鴨居掛けのフックみたいなのと、

化繊の縛りベルトのちっさいのが転がってました。

20160429 ひらめきひらめき

鴨居掛けをPFDに引っ掛けて、

フックにコンデジを挟む様な感じで、

20160429 これでいいんぢゃない

どうですコレ。

うまく行きそうな感じですよ。

20160429 瓢箪からコマ

気分だけはもう GoPro を手に入れたみたいですよ

これで矢作川パラダイスの実況をしてみたぁ~い





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
メリケン針と化学繊維糸でお裁縫 ~ Packraftの千切れたバックレストを繕いましょ!
2015-07-28-Tue  CATEGORY: 心象漕行 - 道具/修理


Packraftのバックレストが千切れてしまったんです。

ショックでした。

その部分だけ買うと5000円ぐらいしそうです。

あぁ~どうしましょ・・・・。

やっぱ自分で修理ですかね。

失敗したら5000円ですね。

3000円ぐらいでホットシーラー売ってますから、それで溶着しようと思ったら、破損個所は糸で縫ってましたよ。

約45年ぶりのお裁縫ですよ。

20150727 文字通り家庭科

武蔵新城の商店街にある洋裁屋さんで糸と針を買いに行きました。

でも知ってましたぁ?
針って50本売りなんですね。

20150727 はりねずみ君

糸は150円なんですが、針は50本で500円です。

一本売りってしてないんですね。

糸はそこで適当なポリエステルのを買ったんですが、針は50本も要りませんよ。

しかも凄い種類です。

心配なので3種類ぐらい買おうと思ってましたから150本にもなりますよ。

それで近くのスーパーに行ったら適当なのが売ってました250円です。

それでも2種類で10本も入ってました。

そのスーパーでも、和裁針・四ノ五・洋裁針・メリケン針・・・です。

それに長さサイズと太さサイズ違いがあってもう目がチッカチカでっす。

まぁ結局、こんな感じでそろえました。

20150727 メリケン針とポリエルテルの糸

この時点で体力・気力はもう限界でしたが、作業を始めました。

縫ってると、糸ってよじれるって言うのか、、、捻じれるんですね。

捻じれるのは、小生のもう既にない上向結腸と横行結腸だけでいいですよ。

twist2

もう単身赴任先の川崎のアパートの窓とドア全開にして、暑さでヘロヘロになりながらもパンツ一丁で、こんな感じに完全に千切れたバックレストを、

20150727 バックレスト千切れる

なんとか繋ぎ合わせたんですが、いやぁ~勉強になりました。

バックレスト自体は溶着で仕上げられてるんですが、千切れた部分は、その装着の部分を上手ぁ~く避けて縫製してるんです。

こっちが千切れてないオリジナルの仕様で。

20150727 こっちはオリジナル

そんでこっちが千切れたとこを無理くり縫製し直したトコです。

20150727 そしてこれは小生の力作

ちょおと溶着部分に縫い付けた様になってますが、自画自賛のなかなかの出来栄えに、十分な達成感は味わえましたよ。

20150727 取り敢えずつけてみた。

あとはフィールドでの確認ですが、

20150727 暑ぢぃ~

多摩川は暑いですし、夏は臭うだろうし・・・・ね。

あぁ~、また安曇野に行きたいなぁ~



後記:

今回のカテゴリーは「心象漕行 - 道具/修理」にしたんですが、やっぱり「The 単身赴任シンドローム」の方がいいかも






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント0
450級カートの決定版 ~ 漕ぎ師の休日 in 神子 of 常神 peninsula
2014-12-30-Tue  CATEGORY: 心象漕行 - 道具/修理



そしてその日はやって来た。

額縁カートの実践投入だ。

場所は日本海の某半島。


題して、

『漕ぎ師の休日 in 神子 of 常神 peninsula』

もう何だかわからなくなってきましたっす。。。。。。





もう早速、始めますです。

前回ご紹介の、その合体完成の画像はこれでした。

20140920 その完成

これから、その現物をこの目で見て、

そしてこの手で触った時のレポートでっす。


考案者「閘門水先人」氏が自慢げに、

20140920 現物完成の図

見せてくれます。

コロコロにはベアリングがないので、

20140920 その細部コロコロ

泥砂場へもガシガシと入って行けます。

20140920 その細部コロコロ拡大


ここから、

20140920 分解①

あれよあれよと、

20140920 分解②

バラバラに、

20140920 分解③

なって行きます。

20140920 分解④

コロコロの部分は、

20140920 分解⑤

割ピンで

20140920 分解⑥

取り外しも簡単ですぅ。

そしてこんなぁ~感じでバーラバラ 

20140920 分解⑦

綺麗に並べてバーラバラ  ハイバーラバラ 

20140920 単品バラバラの図

車の荷台にもザックに取り付けた状態でスッキリとスッポリ!

20140920 450/460仲良く並んで

このカート単品では、ボルトもネジもありません。

20140920 単品完成の図

カヤックの入ったザックに緊縛することで機能するんです。

『 緊縛 』 カートの詳細記事リンク:
新型カートDebut: ボリショイから額縁へ!

これって「特許」モンだと思うんですがね。。。。。





<後記>

この日は、あれから40日だったんです。

「あれから」ご参考記事リンク:
日本海 若狭湾 への遠征 <そして常神半島へ>

つまり9月20日にまた行って来たんです「常神」に。

そん時のレポートはまたの機会にでもでっす。

ついでにこれも貼っときましょうかね

20140920 ボリショイカート

小生のお気に入りになってしまいましたっす








にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






トラックバック0 コメント2
その名は 『 半漁人パドル 』 ~ これぞ予備パドルの最終形だぁ !
2014-08-14-Thu  CATEGORY: 心象漕行 - 道具/修理



予備パドル。

これはあったに越したことない。

でも我々「電車行」野郎達にはチトかさ張る。



ほんでもって「閘門水先人」氏からこんなモノを頂いた。

コレです。

20140814 半漁人パドル

名付けて ・・・ 半漁人パドル!

名付け親は「閘門水先人」氏です。

「ボリショイカート」 に続く第二段ですな!

ボリショイサーカスのくまさん 20140303

ご参考記事: 「台車 / カート」 考 - カヤック載っけて自分も乗って!

その実践記事: 『ボリショイ カート』 デビュー / それは「電車行」の考え方を根底から変える!

そしてその応用例記事: 進化する「ボリショイカート」 - ミニスカート膳で花見楽しむ!




このボリショイカート・・・・・・・ぢゃなかった 「 半漁人パドル 」、 調べると 「 ハンドパドル 」 ってんです。

本来の用途は水泳のトレーニング用品らしい。

お値段は20ユーロですから2500円ぐらいでしょうかね。

20140814 半漁人の手

じつはもうこっそり使ってみましたがかなりな実力です。

取り回しは至って簡単!

しかも荷物にならないとこがこれまた嬉しい。



まさに珠玉の逸品中の逸品と思うんですが如何でしょう?

20140814 半漁人

うぅ~む、、、、しっかし、これはかなりいいかも。






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




トラックバック0 コメント0
「台車 / カート」 考 - カヤック載っけて自分も乗って!
2014-03-05-Wed  CATEGORY: 心象漕行 - 道具/修理



「電車行」で最も大切なアイテムの一つ。

それは、「台車 / カート」ですよね。


今回はそれを究めようと、

また「閘門水先人」氏からレポートが届いた。


氏の試みは「キックスケーター」を

「台車 / カート」にしてしまうことであった。


その「キックスケーター」を改造し、

完全なカッヤク専用台車にしたそうだ。


コレを

これが 20140303

こうすることで、

こうなって 20140303

こうなっていたのが

こうなっていたのが 20140303

こうなるそうだ。

こうなる 20140303

通常は足を乗せるフレームの

全長を短縮し

より軽量・コンパクト化を図ったのだ。


以下は氏からの説明だ。






例の台車、小型化してみました。

ホイルベース40mm短縮。

車幅(ハンドル幅)50mm短縮。

そのためデッキに追加工を加え

デッキの切削・追加工 20140303

最終的にデッキ長は275mmに。



でもカヤック背負ってこれに乗ったら

ボリショイサーカスの熊と

同等の見栄えになりそうです。


なので人目につかない所でだけ

こっそり実施してみようかと。
 

家族にはいい歳して痛すぎると。。。

ボリショイサーカスのくまさん 20140303

でも見方を変えれば

カヤックを載せて

自分も乗れるキャリーカートの完成!

結構いけてると思うのですがね。






以上が氏からの説明であるが、

しっかし、氏の様々な試みには頭が下がる。


ご家族からの酷評には

今後も負けないで欲しいところです






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




トラックバック0 コメント0
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。