異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「閘門水先人」シリーズ: 間宮林蔵翁がコンブ姫との禁断の恋にチャレンジし玉手箱を探し求めるが如くに!
2013-07-06-Sat  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


いやぁ~PACKRAFTは楽しい。
何と言っても手軽で簡単。

ただPACKRAFTでは、「電車行」特有の「苦行」を経た後の達成感に、若干の物足りなさを感じる。

それを埋め合わせるのが「自転車行」だ!

そんな「自転車行」をPACKRAFTでせっかく名古屋市内で気持ち良くなっていたのに、そんな気持ちをぶち壊す程のレポートが例の「閘門水先人」氏から届いた。

以下、氏のレポートをほとんどよのまま引用し、小生の負け惜しみともとれる<コメント>を添えながら書いていくとしよう。



aldingrookeさん、こんにちは。
記憶が薄れる前にしたためておかないと・・・
日焼けの色が消える前に記憶の方が定かでなくなってしまうような今日この頃です。

<確かに後期中年、昔の記憶で容量がもう一杯です。>

6/29(土)に網走近郊の二ツ岩から漕ぎ出し、行ける所までオホーツク海、海岸線を北上する事にしました。
20130702 1
当日は現地の知り合いのシーカヤックにサンテンあひる号が同行する形になりました。

<おっと、いきなり、オホーツクではないか!>
<しかも、「二ツ岩」!?・・・地図で調べてみるか。>
<なんじゃコリャ。網走市二つ岩・・・ホントのオホーツクだ。>


普通、海にはアヒルはいませんが、私の場合も同様で、どうにも不釣り合いな感じがしないでもなかったのですが。

<後期中年、もう「見てくれ」や「体裁」より、中身ですよね。>

網走の北側の海岸線は半島が海に突き出し、その海岸線は数十mの断崖絶壁が延々と続いています。
不思議な事にそのまま海中深く落ち込むのではなく沖合100m位まで浅い岩礁地帯になっており、干潮の時間帯には水深はほとんどありません。
20130702 2
断崖は水面下ぎりぎりまでで、そこから沖合に向け平らな海底が続きます。

<つまり遠浅の岩礁ってこってすな。>

そしてその岩礁の終わりに大きな波がしらが立っている状況です。

<まるでサンゴ礁に囲まれた南の島っていうイメージですなぁ。>

冬の間流氷が押し寄せ、海岸をゴシゴシ削り取って断崖になったのか???と勝手に想像しました。
岩礁の表面はそのせいか亀の甲羅の如く平べったい形状になっており、ほとんど尖った部分は無かったようです。

<何だか不思議な感じですな。>
<さすがオホーツクは違う!>


それでも布切れ一枚ですからぶつかれば擦れて破れてしまいますので、海の中ですが水深20cm位の中をそろりそろり漕ぐ不思議なカヤック行でした。

<水深20cm!>
<藤前干潟の干潮期みたいな・・・>
<でも亀の甲羅ではなく、ヘドロの底なし沼ですが


思い切って岩礁の先、水深の深い“海”の部分を漕ごうかと思いましたが、あちこちに隠れ岩がありウネリにより突然大波が発生するからとても危険! と言われ安全航行に徹しました。
20130702 3
<おっそろしい挑戦を考えたんですなぁ~。>

途中人気の無い海岸に廃屋となった番屋が朽ち果てた姿を晒しているのを見ると、最果ての気分も盛り上がります。

<流されて「平成の間宮林蔵」として歴史に名を残すってのもありだったかと・・・。>
<浪漫ですなぁ~!>


ツルツルの岩礁の中にも深い水みちがあり、そこにはこれでもか! という位昆布と水草? が生えておりました。
20130702 5
それにしても何だかワカメスープの上にいるような感覚でした。
20130702 4
生昆布をかじってみましたが、それなりの味でした。
やはり干してからでないと味が出ませんね。

<羨ましかぁ~!>
<しょうがないのでコンビニで都コンブでも買ってきますか
miyakokonbu 20130702


半島の先端は能取岬(のとろみさき)という景勝地です。
その2Km位手前の海岸に上陸し昼食。
流木などでたき火をしてコーヒータイムをし、帰路につきました。

<こっちは「電車行・自転車行」ですから、スタバでコーヒータイムは出来ます。>
<若しくは「チャオチャオ餃子」でビールですよ。>
<でも流木でたき火してコーヒーには敵いませんなぁ
  

帰りは潮も満ち、海も風も安定していたので岩礁の沖合を出発地点目指して直行しました。
透明度は高いですが水深が深いせいもあり底が見える状況ではありませんでした。
遠くに知床連山を望み快調に進む事が出来ました。
20130702 6

<なんちゅう光景じゃあ
<こりゃもう気分はやっぱし「平成の間宮林蔵」ぢゃないっすかぁ~>


途中海中に1m位ありそうなイカの死がいが浮いていてビックリでした。

<こりゃ小生も「バッファローの墓場」の記事を再登場させにゃあ
<これだすバッファローの墓場


この海にはクジラが生息し、それを追い掛けてシャチも出没するそうで、知り合いがシャチの子供の死がいが漂流しているのを見た事があると言っていましたので、とんでもない場所だったようです。

<失敗したぁ。
<「バッファローの墓場」の記事がチンケになるだけだぁ
 

途中の海岸で波乗りカヤックを楽しみ、無事出発地点に到着出来ました。

<なんとオホーツクで波乗りィ~
<間宮林蔵さんは波乗りなんてしませんよぉ~


知り合い曰く、過去に10年以上網走の海でカヤックをしているが今回は過去最高の条件だったそうな。
これが普通だと思ったら大間違いとやんわりと釘を刺されました。 
20130702 7
6月末の快晴の天候でしたが、海水温は冷たく沈をしたら再乗艇してる間に低体温になってしまいそうな環境でした。



以上、「閘門水先人」氏からのレポートに<小生の余計な合いの手>を入れてみましたが、まとめとして:
①まずは名古屋市から出て漕ぎたい!
②出来れば片道1000円以内で!!
③もいちど伊勢湾で「スナメリ」かな・・・。

スナメリからのご招待状



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
『円高』について再び考える!
2012-08-31-Fri  CATEGORY: 心象漕行 - 下見/物欲
酷い「円高」である。
しかし何も悪いことだけではない。
我々の持っている「円(YEN)」はここ5年で対ドル・ユーロで1.6倍価値が上がったのです。

つまり,例えば30万円だった海外メーカーのカヤックが、19万円ほどで手に入る訳です。
(もちろんこれはアメリカやヨーロッパに住んでいないといけませんが。)

しかしこの際この「円高」を今のうちに活用する手もあります。

例えば、TRAK Kayaks' T-1600です。
TRAK T-1600
アメリカで手に入れようとすると、定価が3399ドルで、AMAZON usaではー699ドルで2700ドルです。
( 参考: TRAK T-1600  『円高』がカヤックに及ぼすこと )
つまり、2700ドル × 80円 ですから、なんと約22万円です。

これを日本で手に入れようとすると、国内最大手の販売会社では78万円です。
その差は56万円!

個人輸入はいろいろと面倒くさいので、いっそのことアメリカへ行って買ってくると言う手がてっとり早い。
格安航空チケットと豪華ホテルとレンタカー代で20万円でおつりがでます。
ついでにFeathercraft社の見学と、手に入れたTー1600との乗り比べ試漕まで出来てしまう勢いです。
それでもまだおつりが30万円。

そのおつりの端数でDeck Compassでもどうですか?
デッキコンパス
これはSeattle SportsのDeck compassの例ですが、
日本で買えば安くても4570円。
それが27.99ドル。つまり2000円で手に入ります。

そしてその全く逆の現象が日本のカヤック製造会社に当てはまる訳です。
3000ドルだったカヤックが約50000ドルないと手に入らないということです。

つまり、今まで手の出なかった海外製カヤックは買い易く、そして日本製カヤックは日本で生活している人にしか手の出せない高価なものに。

まとめ:
海外の一般カヤッカーからしてみれば、我々はホントに羨ましい環境であるみたいですね。
そして実は意外と「円高」は日本に住んでる人たちに、良いこともありそうです。
イカンイカン・・・自分の屁理屈に騙され、また沸々と物欲と言うか・・・でもここで堪えないと。




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック0 コメント5
「カヌーワールド対応」 - Butterfly Kayaks 完結編
2012-08-19-Sun  CATEGORY: 心象漕行 - 鍛錬/修行
車のロゴ
バタフライカヤックス社の営業車に描かれた「ロゴ」

何やら朝からご機嫌なのである、その日の鬼才 達磨大師こと高嶋氏は。
笑顔
舵社の専門雑誌「カヌーワルド」編集部( 舵社「カヌーワールド」)から電話があったらしいのだ。

なんでも、ある企画で編集長他2名の記者で釣漕行を行うらしい。
それにクルーソータンデム460を使うので送って欲しいというものだった。

一通り雄弁に語った後、また元の表情に、
達磨大師
しかし、予備のタンデム460がないのである。
しかも「カヌーワールド」から送って欲しいと言われた期限までは2~3日しかない。

元の達磨大師の表情に戻った高嶋氏は:
 ・困った。まわせる在庫がない。
 ・我慢して待って頂いているお客様をこれ以上待たせない。
 ・だが絶好の宣伝の機会を逃す訳にはいかない。
 ・部品を掻き集めて何とかしよう。
 ・船体布は少し古いが使わなくなった試作時のものを使おう。
そして、
 ・今日は午後から確認試漕に行きましょう。
 ・タンデムですから手伝って下さい。


ついにやって来ましたこの時が!
小生もテストドライバー・・・テストパドラーとしてデビューです!

てなことで、「修練場」から脱出していざ出帆です。
いざ出帆

車で約40分、秘密(?)のテストフィールドに到着。
堰があり安定した水面と少し上流には瀬もある。
ここでクルーソーの数々の基本性能・耐久試験が行われたのだろう。

すでのクルーソーの特徴である、車での移動時の「最速組み立て形状」にされた状態から、   
半分の状態

キールサイドストリンガーの構造もよく判る、
ストリンガー

そして少々くたびれてはいるが、標準仕様が「腰痛持ち」の方を想定されたものとなっている「殿様気分」シート!
殿様シート

ウルトラマンも納得できる「3分」で完成です。
あっと言う間に完成

そして天才テストパドラーのデビューです!
バックシャン
つまりダンデム時を想定したダミーの「錘」みたいなもんなんです。

今度は鬼才が一人でビュンビュンと。
一人で



今回のテーマは勿論カヤックの製造工程を「Go and See」、つまり「現地現物で身をもって体験してみよう!」でありました。
実はこの日が最終日でありましたが、最後にテスト漕行のおまけまで。
8月/11日(土)から7泊8日、素晴らしい体験ができたと思ってます。
別れ
ありがとう、バタフライカヤックス!
そして「まずは女房に感謝から!」



PS:まだもう少しお時間のあるかたに、「続きを読む」もご用意しました。
歴女
まずは女房に感謝から!まずは女房に感謝から!まずは女房に感謝から!
トラックバック0 コメント7
「創意工夫: タンデムのリブフレーム構造編」 - Butterfly Kayaks その6
2012-08-18-Sat  CATEGORY: 心象漕行 - 鍛錬/修行
P1010767.jpg
シートに縫い付ける「バタフライカラックス」の「ロゴ」を並べてみました。

鬼才 達磨大師こと高嶋氏にも弱みがあった。
「腰痛持ち」なのである。
達磨大師
そういえばこの高嶋氏イメージ肖像、何かに耐えている様に見える。
「腰痛」に耐えていたのだ。

日本人の8割が腰痛を経験すると言われています。
その中でも酷い腰痛持ちの高嶋氏の開発したクルーソーシリーズのシートは、まさにそうした人たちのためのシートとなっている。
腰痛持ち用シート
座のシートは20mmの白の比較的硬いウレタン18mmの比較的柔らかい黒のウレタン「2重構造」である。
バックレスト部には、その黒のウレタンが2枚使われている。
そして、その2枚の黒のウレタンを、今夏の連載「Butterfly Kayaks その1」で登場したゴッドハンド持つ男 MZD氏がスペシャライズするガラス繊維で強化されたエポキシ樹脂製のバックプレートが、骨盤形状に見事にフィットして受け止める。
腰痛持ちでない小生にとっては過剰品質と思える程ではあるが、座ってみるとそれはもう殿様気分!

では、そろそろ今回のテーマ「タンデムのリブフレーム構造編」に移ろう。
フジタカヌーでもアルフェックでタンデムは良く売れる。

実際 小生の周りの人たちも特にタンデムに興味を持つ。
何故か?いくつか理由が思いつく。
1.まず子供と楽しむ。
2.奥様とのCommunicationの手段とする。
3.一人の乗り用だと家族に後ろめたい。

過去に当ブログでもご報告したが、小生の場合は1と2であった。
しかし結果はもう言うに及ばず・・・。
そのため、もう1号艇のポイント65のテキーラはもう岐阜の若い家族の所に嫁いでいった訳です。

ところがこのクルーソータンデム460、そうなった場合でも1人乗り用としてのオプションが用意されているのである。
それがこれ↓↓↓
3分割リブ
リブが3分割構造となっており、真ん中(底)の部分を換えるだけである。
(上が2人乗り用で、下が1人乗り用)
これで艇の最大幅が6cmスマートになる。

しかも、タンデムにだけ装着されているキールサイドストリンガーの効果で、シングル460以上のスピード出るとの高嶋氏談話である。
クルーソータンデム船体布型
(クルーソータンデム460の船体布型)
これでもうタンデムを買ったが、1回使ってあとはもう異様にデカい物置での邪魔な占有物となることが避けられる訳である。

歴女
(落ちがないとコレを載せるのはのはそろそろ・・・)


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック0 コメント4
「創意工夫: バウとスターン編」 - Butterfly Kayaks その5
2012-08-17-Fri  CATEGORY: 心象漕行 - 鍛錬/修行
ロゴ鏡写し反転バージョン
「バタフライカヤックス」の「ロゴ」 - 珍しい鏡写し反転バージョン!

まずはこれを見てください。
バウとスターン準備完了
完成間近のバウ(舳先)とスターン(船尾)です。

この形状に落ち着くまで、何度もフィールドテストが行われたのだろうか・・・。
良く見るとバウとスターンは同じ形状に・・・。
どんな理由があるのだろう・・・。
またゆっくり聞いてみたいと思う。

主にここで、このバウとスターンの成型が行われる。
修練場 メイン道場

材質はガラス繊維をベースにエポキシ樹脂で成型される。
ガラス繊維にエポキシ樹脂を
ガラス繊維とエポキシ樹脂を積層していく訳です。

なぜエポキシ樹脂なんだろう・・・。
ポリエチレンやビニールエチレンとの用途の違い等の説明を受けました。
しかしながら、小生の様な素人にはチト難しく、「・・・だからエポキシなんですよ。」との説明に、判った振りをして笑顔で「なぁ~るほど。」と受けるのが精一杯であったのがチト情けない。

この後の型成型工程がまたとんでもない訳であるが、珍しく鬼才 達磨大師こと高嶋氏は はにかみながらも、
達磨大師
「ここはちょっとボソボソ・・・とても重要なのでボソボソ・・・」
これは公開は差し控えろという意味であると察っした。
確かに型の形状や抜き方がノウハウであることぐらいの常識は小生にも。

そして、これが型成型後のバウとスターンである。
成型後

このあと気がつくと高嶋氏は、機械加工場へ。
そこへの入室は許されなかった。
撮影させて貰おうとお願いしたが、ガラスも舞っており、隔離され周辺環境への影響に配慮されたその部屋の入室には、専用のマスクと作業つなぎが必要であり、上行結腸と横行結腸が既にないとはいえ、小生のこのだなしない腹が収まる作業つなぎはありそうもない。

夏の強い西日を受けるバウとスターン
夏の日差しでのバウとスターン
エポキシはある程度の熱がないと固まらない。
そのため冬はストーブ等の強力な暖房器具が必要とのこと。
「夏はエポシキ樹脂成型には最高の季節だ!」と高嶋氏。

「夏だ!大河だ!清盛だ!姫路城だ!歴女だ!」
歴女
こんなことしか浮かばなかった小生と比べ、発想が違うのである鬼才は。


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック0 コメント0
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。