異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
西伊豆の羽衣伝説を覗きに行ったが・・・黒羽衣が「のどちんこ」にぶら下がる!
2017-12-23-Sat  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇



これは一昨年2015年5月、

まだ夢の様な単身赴任を楽しんでいた時に、

西伊豆に行った時の画像なんですが、

20150525 夕日でギアを干す! こんな贅沢って!!

そん時お誘い頂いたT口氏から

また有難いお誘い頂き行って参りましたよ。


とは言っても昨年2016年は6月10日の漕行記になります。

このブログも広告が入ってもう閉鎖状態でしたからねぇ。。。。

月日も1年半流れてしまいましたよ。




当日は名古屋の自宅から始発の地下鉄と新幹線で

途中 新幹線「三島」駅からはT口氏の

日産エクストレイルの乗っけて貰いました。


T口氏とは1年ぶりのまだ2回目の面識なんですが、

西伊豆にロメオとジュリエトを、いや羽衣伝説を感じる!
(こん時はホントに羽衣はいたんですよ
20160610_はごろも伝説イラスト

1度でも海原で命を預けあった仲ってのは

すごいですねぇ~。


旧知の間というより、なんかもう

「長靴下を裏返した様な仲」になれるんですねぇ。


そんなT口氏とのこの時の前回は2015年の

5月だったんで、西伊豆は野宿OKの期間とのことで、

楽しくテン泊できたんですが、

今回は6月10日で野宿禁止期間なんです。


出撃地は今回も冒頭の画像の浮島海岸でっす。


そこから一旦 ウォームアップがてら北へ向かって、

20160610_西伊豆田子の断崖

セルフレスキューの確認やらをしてから

20160610_田子瀬浜の特訓場

テン泊と自炊道具一式をカヤックに積み込み

20160610_70Lの防水パック

T口氏馴染みの松崎の有料臨海オートキャンプ場へ

南下していきます。


距離にすると大したことないですし、

その日はべたなぎだったんですが、

20160610_松崎dinner会場の全景

やっぱり直接太平洋に面した海ですから

絶えず緊急着岸地点を意識しながらの漕ぎです。


実はカヤック組立時に、船体布にテンションを

掛けた時にテンション掛けの細引が

ぷっつりと切れてしまったんです。

20160610_テンション切れる

日頃の手入れ・メンテ不足と

テンションの掛け過ぎが原因なんですがね。


なんとか自在に引っ掛かかった状態だったんですが、

なんとなくゴム紐の切れかかったパンツを穿いてる

感じではありましたよ


1時間程で有料キャンプ地に明るいうちからテント周りでdinnerです。

20160610_松崎dinner会場


近くのスーパーで「のぼりカツオ」を歩いて調達です。

20160610_かつおのイラスト

結局3回もそのスーパーにカツオを仕入れに行きましたよ。

6月の夏至のシーズンで日は長いのですが、

明るいうちから呑み続けていますから

21:00頃にはもうヘロヘロでテントにもぐります。


その分6月11日の朝はもう5:00から行動開始です。

20160610_松崎湾

松崎湾はその日も穏やかで

20160610_松崎海岸沖

名もなき洞窟やら

20160610_名もなき窟

知る人ぞしる「のどちんこ洞」やら

20160610_のどちんこ洞窟を外から

もう外から中から

20160610_のどちんこ洞の中から

思う存分に楽しめまっす!


その「のどちんこ洞」なんですが、

通り抜けが可能だとT口氏が教えてくれましたよ。

小生に行って来いとのことでしたが、

20160610_洞窟イラスト

閉所恐怖症ですからね。。。。。

T口氏に小生の魚眼レンズカメラを持って

入ってもらいましたっす

そん時の画像でっす



魚眼レンズのせいなのか閉所感がすんごいですよぉ

こうもりも飛んでるしぃ~

小生にはちょっと・・・




<後記>

この日は松崎海岸裏の安城岬の入り江で

3時間ほど休憩したんですが、

以前ご紹介したT口氏の「流木アート」と、

氏と小生の愛艇「バタフライカヤックス」のPV風に

した映像をしつこく貼らせて下さいませ



やっぱ面白いぃ~・・・・自画自賛ですんまそん。






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
巨大人工構造物下での水面下の突起物とのニアミス 【閲覧注意かも・・・】
2017-10-30-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


ご無沙汰アップデートになってますが、

20171021 最近の

相変わらずフラフラ漕いでおります。


最近あとから振り返ってチト怖い映像が撮れてたんで

慌ててアップさせてちょ。



川下り自体は長良川上流部の激しいとこでしたが、

SunnyEmotionさんのツアーで下りましたから

とっても充実したものでしたんですがね、エェエェ。



後記:

いあぁ~久しぶりだったからなのか、

加齢のせいなのか、ブログの書き方が・・・




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント2
「童心に戻れる流木アートの魅力」 と 「カヤックの魅力」 を融合することを目指した試みの映像化
2016-07-01-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇



1年ぶりに西伊豆を漕いできましたよ。

20160611 撤収時

そん時のレポートはまた後日にしたいんですが、

今回はそん時ご一緒したT口氏の趣味をご紹介です。

「流木アート」です。

20160611 流木画像サンプル

日本海側は大陸からのゴミが凄いですが、

西伊豆はきれいなもんです。

折角ですから映像に残しましたよ。

20160611 BFKと

T口氏と小生の艇であるバタフライカヤックスの

プロモーションビデオ風にね



結構面白いと思うんですがね |д゚)チラッ




後記:

この映像をバタフライカヤックスの方に

観られら怒られそうですが、

少なくともT口氏とそのご家族に好評だったら

よしとしましょうかね





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント2
矢作川ダウンリバーでエルモちゃんと戯れる!
2016-06-26-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



YouTubeに挑戦してみましたよ。

20160528 ユーチューブ

2012年の発売ですからちょっと古いモデルなんですが、

アクションカメラを譲って貰ったもんですから。

20160528 エルモちゃん

小生にはちょうど良い大きさです。

ELMO(エルモ)っていう名古屋のメーカーの

「QBiC D1」っていうモデルなんですが、

リンクを貼ろうと思ったんですが、サイバーテロ(?)に

やられてるみたいなんで今はやめときます。


185°の魚眼レンズで結構ご機嫌な映像になります。

20160528 橋の下

これもってちょっと前(2016年5月末)に

また通勤定期を活用して矢作川の平戸橋です。



Windows Live Movie Makerで作成してみたんですが、

いやぁ~大変な作業なんですね

皆さんのご苦労がわかりましたよ




後記:

最近、突然 小生のラップトップPCの調子が・・・・。

特にIEの速度が致命的に遅くなりました

しょうがないのでFireFoxのしましたが、

それでもまだちょっとカクカクなんです


FC2固有の問題なのか、

小生のPC使用環境の問題なのか






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント2
PackraftからGoPro風に矢作川ホワイトウォーターを撮ってみた!
2016-05-13-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


まぁ結局これで良かったんですよ。

20160429 ひらめきひらめき

ウエアラブルカメラの完成ですよ。

20160429 これでいいんぢゃない

これ持って、また通勤定期と

20160430 はい通勤ルートで定期券活用

その乗り越し運賃190円払って

行って来ましたよ、矢作川平戸橋へ。


そんでこれが実際の姿です。

20160430 ポーズとるモノホン

冴えないオヤジが小生です。

そのオヤジのあごの下、というのか腹の上に

ウェアラブルっております。


しっかし、自撮りって難しいですね。

20160430 ポーズとるおじさん

目一杯格好つけて撮りましたよ。



ほんでもって、これが当日の

矢作川のパラダイスポイントです。

相変わらずの水量でちとビビリまっす。


[広告 ] VPS


水の音がまた迫力あるだしょ。


そんでもって、これがパラダイス制覇のボッチ映像です。


[広告 ] VPS


一人寂しくではありますではありますがね

かなり盛り上がりましたっす

決して微妙だとは思わないで下さいよ



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント2
<< 2018/06 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2018 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.