異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閘門水先人シリーズ: 極地観測船 初代「しらせ」 - あぁ~ピンポンダッシュは止められない!
2013-09-15-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


目的地にはあるテーマを持って出撃する。
例えば、例の「閘門水先人」氏にとっては、その一つが「極地観測船」だ。

氏の「極地観測船」に対する想いは強い。

特に荒波・厚氷を乗り越えて、困難な航海に挑むその「舳先」には特に大きな敬意を持っている様だ。

常人からするとそれは病的だとも言える。

しかし、男のロマンを感じさせる「極地観測船」に、氏の想いに同感する貴兄も多いのではないだろうか。


そんな氏から、ニッポンの先代「極地観測船」である初代「しらせ」のその「舳先」にピンポンダッシュを試みたレポートが届いた。

場所は東京湾ではあるが、氏の撮影センスの良さからなのか、とても東京湾とは思えない画像もある。

それではさっそく、氏からのレポートをほとんどそのままの形で紹介しよう。




少々タイミングを逸した感はありますが、夏の思い出として記録を残しておきます。

<<<砕氷艦第3弾>>>
「宗谷」、「ふじ」と来れば自然に旧「しらせ」となる訳ですが、この船は自衛隊から除籍した後、ウェザーニュース社が買い取り、企業活動の一部として千葉の船橋港に係船されています。

周りに一般企業が隣接している為、陸上からアプローチする事は出来ません。 唯一ウェザーニュース社のSHIRASE見学に申し込んだ場合のみ船内の見学が許可されるようです。

南極の氷にタッチした舳先に敬意を表して触らせていただくという行為は離れた地点から接近してピンポンダッシュするしかない という事で8月の15日の終戦記念日に実行してまいりました。

まずは船橋三番瀬干潟から出撃です。
水先人1 20130815

潮干狩りをしている家族連れがいる中、東京湾に漕ぎだしていきます。  

弱い南風で最悪でも陸から離される事は無かったですが、右手に大きく広がる東京湾ですから波や風は直接サンテン「あひる」号に寄せてきます。

オープンデッキのまま出撃しましたが、波しぶきが艇内に入ってくるので途中上陸してデッキカバー、スプレースカートを装着しました。


東京湾、千葉港(船橋)の中に上陸地点が偶然にも見つかりました。

小さな瀬ですが防波堤の一部として利用されており、白い貝殻で覆われておりそこだけ見ると南海の小島に見えなくもない様子です。
水先人2 20130815
ここで小休止し、目的地点の舳先を目指します。


港の岸壁に係船され難なく近づく事ができましたが、何せ初対面ですのでいきなり舳先にタッチでは失礼になります。

まずは全景をしっかり目に焼き付け、船尾側から船の大きさを確認して南極の氷の中に閉じ込められても破壊されない頑丈な舵を確認し、最終地点の舳先に向かいます。
水先人3 20130815

舳先は船が燃料などを抜いているせいか、
水先人4 20130815

喫水が上がり氷を切り裂く部分が大きく露出しタッチする部分としては文句なしでした。
水先人5 20130815

しっかり撫でまわし、上を見上げ舳先に押しつぶされる南極の氷になった気分を満喫してきました。
閘門水先人6 20130815

以前タッチさせて頂いた「宗谷」、「ふじ」と比較して舳先の鋭さが無く、如何にも体(船体)の重さで氷を押しつぶす為に舳先はまったりとした曲線になっておりました。

個人的には小さな船体で舳先のエッジで南極の氷に突撃し、少しでも氷に食い込んだ舳先をグリグリやりながら亀裂を広げていく健気な砕氷活動に心をときめかせてしまいます。

ちなみにこれが「ふじ」で、
閘門水先人7 20130815

これが「宗谷」なんですが、
閘門水先人8 20130815

「しらせ」の舳先には昭和基地に到着し大量の物資と隊員を送り届けると言う絶対的な使命とプレッシャーがそれまで以上にあるので南極海の氷原を切り開いていくにはあのような舳先形状になるのでしょうね。

氷と戦うと言うよりも絶対に到着して来いよ!というプレッシャーと戦っていたのかもしれません。

そんな事を考えながらしらせに別れを告げ、南下して幕張の海岸に向かいます。当日は終戦記念日であり12時にサイレンが鳴り防災スピーカーから“黙とう”というアナウンスがあり記録的な暑さの中、海上のさんてん「あひる」号の上で終戦記念日の黙とうをささげました。

誰もいない幕張の海岸に上陸し暑さでヘロヘロになりながら撤収いたしました。

次の目標は現役「しらせ」になりますが、さすがに現役の自衛艦ですので神出鬼没。

まさか母港の横須賀の軍事基地に出撃する訳には行かないのでチャンスを伺ってみます。

現役「しらせ」は南極から帰還してドック入り後、次の南極行きまでの間に訓練航海(全国巡業)で各地の港で一般公開しているようです。




<編集後記>

それにしても「閘門水先人」氏の「舳先」に対する想い・・・・

様々な「舳先」を見て、そして触れ、己が「舳先」そのものになって過酷な環境の航海を追体験してしまうのだ。

先端恐怖症の小生には、それに対する「フェティシズム(fetishism)」とも言うべき厚い想いを持てることは憧れすら感じる。

その対象に「ピンポンダッシュ」を試みる感覚は、子供時代の時に好きな女の子の玄関呼び鈴に「ピンポンダッシュ」したことを思い出させるのは小生だけではないだろう。

これからも奇行(笑)スレスレの試みには大いに期待したいし、また小生も連れて行って貰いたい。





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
「閘門水先人」シリーズ: 江戸城掘割を漕ぐ!
2013-05-19-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


後期中年サラリーマン!
会社生活もそろそろまとめに入る時期でもある。

でもそんなぁ~ことはお構いなしに、例の「閘門水先人」はその日も漕いでいたそうである。
いや違う!
まとめに入る時期だからこそ漕がなければいけないのである!!

その日 5月/3日、「閘門水先人」は横浜市郊外から早朝、まだバスも走っていないため愛艇「サンテン」を背負い、愛車14インチタイヤのスーパーカブで最寄りの地下鉄の駅へ。

おっといつの間にか「バイク行」を実現かぁ~!
目指すは「大江戸掘割めぐり」!!

以下は「閘門水先人」からのレポートから引用してあたかも小生が漕いできたかのように紹介しよう。



今回は船足が遅い割に長丁場なので、早朝出発でバイクでカヤック! 

バイクと言っても原付スーパーカブ14インチ仕様だ。
最寄り駅の駐輪場までカヤック背負って行きました。
そのおかげで東京佃島には7時過ぎには到着。

佃島では早朝の玄関先掃き掃除と水撒きで下町情緒を堪能して、下町 佃島のどん詰まりの掘割から出撃。
佃島で時間旅行 20130503
元IHIの造船所跡に出来た高層住宅と昔ながらの対比が良い感じ。
一路隅田川から日本橋川を遡って水道橋へ向かう。

網走の寒地カヤックの際に破損したCクリップを佃島で爪切りで加工して少々無理にはめても局部的に応力がかからないように修正(と言っても爪切りでパチパチですから・・・)。

佃島から中央大橋を望む 20130503
隅田川も船が通らなければベタなぎで楽勝!

首都高速は昔の川の上を通っている事を実感。
日本橋川 20130503
江戸橋ジャンクションを下から見上げるのは初めてですが水路上は交通量ゼロ!

第一目標の日本橋で記念撮影!   
日本国道路元標 20130503
それにしても首都高速は失礼な作り方をしますね。
日本橋を日本橋川から 20130503
いかにも日本橋に接触しなければ文句無いでしょ と言わんばかり。
あと5m高く作ればもう少し印象も和らぐ感じです。

それにしても川の中に設置している首都高速の橋脚、太い鋼管に鉄筋コンクリート注入していると思いますが、表面は錆びさび。
周りは水ですからどうやって補修するのでしょうかねぇ~?!
いつかは寿命がくるはずですが、周りは水ですから塗装も出来ないし・・・・

日本橋川を更に上流に向かって漕いで行くと、江戸時代の石垣が左手にずっと見えてきます。
江戸城石垣と舳先 20130503
所々の石には当時の大名の目印のケガキの後が有あり。
古い排水溝も当時のまま残っているように見える。
皇居の石垣にカヤックで接近は出来ませんがここなら誰にも文句言われません。

日本橋川も水道橋、東京ドームで終点。
ここからは右手に折れて神田川を両国に向かって下ります。

第二目標の有名な聖橋が見えてきます。
聖橋 20130503
右手はお茶の水駅のプラットフォーム。
行く手は地下鉄丸ノ内線。

川の水はきれいとは言えないですが、それほどドブ臭くも無く、特別汚い浮遊物ない。
でも船体汚れそうな感じで気分は今イチ。
そして神田川をどんどん下り、昨年末にくじけた柳橋でパシャリです。
柳橋 20130503
柳橋が見えたらその先はもう隅田川です。

隅田川に出たとたん、大波小波でドンブラコ! 
荒れる隅田川 20130503
連休だからかジェットスキー軍団がバンバン飛ばして波を作り放題でとてもゆっくり川下りをする気にもなれません。
それでも両国橋をくぐる際にはママチャリに乗った力士が手を振ってくれて、何だか得した気分。

首都高速7号小松川線下の川に避難し、そのまま東進して突き当たりの大横川を南下。

お約束の扇橋閘門を一人だけで通過させていただきました。
扇橋閘門 20130503
今回 初めての東進し、水位が下がる側への通行。
水位は2.4m下がりました。

そして小松川の上陸地点で何やら面白そうな観光ツアーSky Duckを目撃!
ダックと 20130503
水陸両用バスと言うよりトラックのフレームに箱舟を乗せた形の(水陸両用)バスが川の中で水遊びってな感じです。
ダックに入水 20130503
更に昨年末に来た時にここにも素晴らしいスリップがあると感動しましたが、それはこの為に新調したようです。派手に水面に飛び込んで観客は大喜び。  

てな感じで、盛りだくさんの一日も無事終了。
そういえば私のサンテンはアヒルに見えない事もないか???



(閘門水先人に替わって)まとめ:
この日一日のパドリングはさすがに・・・帰宅後整体に直行!
1時間ミッチリ揉んでもらい、涙が出るほど痛気持ち良い!!!
しかし両国橋のあたりの隅田川はかなり波が凄い。
あそこさえ超えられれば・・・でもあそこでUターンしても上陸するとこありませんから




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。