異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閘門水先人シリーズ: 勝鬨橋で首捻じっても浜離宮でリンボーダンスに興じる!
2013-12-01-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


例えば、翌日のゴルフを控え、

前日に練習場で頸椎椎間板ヘルニアを発症し、

そのまま入院・・・・なんてことが起きる。


それが老いであり、そんなアクシデントを、

前期中年(35~49歳)期あたりで経験する。


ところが、後期中年(50~64歳)になると、

身の程を弁(わきま)えた行動をとれる様になるが、

身の程を 20131124

それでもpaddling時に、

それは急にやって来るかもしれない。

それでもそれは 20131124



今日は今後の戒めとも拡大解釈できる

例の「閘門水先人」氏からのレポートだ。


以下は、氏からのレポートを、

若干 編集して紹介してみよう。





久しぶりにどうしても水の上に浮かびたくなり、

佃島から隅田川を下って勝鬨橋をくぐり、



築地の魚河岸前を抜け浜離宮まで行って戻ってくる

というお散歩コースをやってみたくなりました。


いつものようにサンテンを背負って

原付スーパーカブで最寄りの駅まで行って

そこから地下鉄で佃島に行きます。


その日 11月/24日の満潮は9:30で、

それから潮は引いていきます。



佃島からの出撃は8:30で、

佃島 20131124

あっという間に勝鬨橋の手前まで到着。

勝鬨橋 遠景 20131124

昔は橋の真ん中の部分が開閉していたのですが、

浜離宮 L字奥 20131124

相当昔に固定橋になってしまいました。


しかし特に改造もされていないようなので、

開閉の痕跡があると思い、

勝鬨橋 近景 20131124

川の真ん中の橋の真下でプカプカしながら、

見上げておりました。

勝鬨橋 かぶりつき 20131124

確かに橋の真ん中は繋がっておらず空が見えました。


つまり勝鬨橋の真ん中で小銭を落とすと、

運が悪ければそのまま隅田川にポチャンとなります。




水路の要所の隅田川の真ん中で、

不安定な体勢で、

バランスをとりながら、

真上の隙間を何度も見上げます。


クッという詰まり感を首のあたりで、、、

次にコギッという、比較的乾いた感触を・・・

そのあとは首がやや左に固定した状態に。。。


痛みそれほどでもないが、

動きにくくなった首を気にしながらも、

勝鬨橋を後にして、

隅田川 20131124

日曜の閑散とした築地魚河岸前を通り抜け、



なんとか目的地の浜離宮に到着。

浜離宮へ侵入 20131124

浜離宮への水門を通過して、

首は回らないので、舳先を回して、

後ろを振り返ると

レインボーブリッジ 20131124

「レインボーブリッジ」がいい感じです。


浜離宮へは入場料を払っていないので、

上陸はせず水上から庭園を

鑑賞させてもらいました。


昔の大名の屋敷跡で、

その当時の石垣などが残っているので、

後ろにそそり立つ新橋の高層ビルと好対照でした。


唯一浜離宮の内部に入り込むL字の水路があり、

浜離宮 L字水路か??? 20131124

昔は隅田川から櫓を漕ぎながら着けたであろうと

想像を膨らませました。


きっと江戸時代と何一つ変わっていない景色のはずです。 


現在は木戸が閉まっており、

外からは入り込むことはできないようです。

浜離宮 リンボーダンス完 20131124

浜離宮の周りの水路で、

水門越しに見えるレインボーブリッジを眺めながら、

首をさすりながらも、ゆったりとした時間を過ごし、

月島の水路に寄り道しながら佃島に戻りました。

月島からレインボーブリッジ 20131124

ちょっとしたトラブルはありましたが、

日曜日の午前中のお散歩には

十分なカヤック電車行でした。




編集後記:

「閘門水先人」氏のレポートには2つの疑問が残る。

疑問①

唯一浜離宮の内部に入り込むL字の水路には、

法令遵守で侵入しなかったことになっているが、

Goegleのストリートビューで確認すると、

木戸をくぐり抜けているのではと


疑問②

そして『クッ・・・コギッ』のその後は???

氏のレポートからその漕行程を予想してみたが、

閘門水先人_浜離宮 漕行程 20131124

その『クッ・・・コギッ』の後も、

回転しない戦車の砲塔、

つまり「自走砲」漕ぎで、

結構な漕行程である。

年末の漕ぎ納めに後遺症が

出ないことを祈る次第だ!



やや左向きに固定された首は、

浜離宮の内部への木戸を、

リンボーダンスでくぐるには、

都合が良かったのかも知れない



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
「閘門水先人」シリーズ: 江戸城掘割を漕ぐ!
2013-05-19-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


後期中年サラリーマン!
会社生活もそろそろまとめに入る時期でもある。

でもそんなぁ~ことはお構いなしに、例の「閘門水先人」はその日も漕いでいたそうである。
いや違う!
まとめに入る時期だからこそ漕がなければいけないのである!!

その日 5月/3日、「閘門水先人」は横浜市郊外から早朝、まだバスも走っていないため愛艇「サンテン」を背負い、愛車14インチタイヤのスーパーカブで最寄りの地下鉄の駅へ。

おっといつの間にか「バイク行」を実現かぁ~!
目指すは「大江戸掘割めぐり」!!

以下は「閘門水先人」からのレポートから引用してあたかも小生が漕いできたかのように紹介しよう。



今回は船足が遅い割に長丁場なので、早朝出発でバイクでカヤック! 

バイクと言っても原付スーパーカブ14インチ仕様だ。
最寄り駅の駐輪場までカヤック背負って行きました。
そのおかげで東京佃島には7時過ぎには到着。

佃島では早朝の玄関先掃き掃除と水撒きで下町情緒を堪能して、下町 佃島のどん詰まりの掘割から出撃。
佃島で時間旅行 20130503
元IHIの造船所跡に出来た高層住宅と昔ながらの対比が良い感じ。
一路隅田川から日本橋川を遡って水道橋へ向かう。

網走の寒地カヤックの際に破損したCクリップを佃島で爪切りで加工して少々無理にはめても局部的に応力がかからないように修正(と言っても爪切りでパチパチですから・・・)。

佃島から中央大橋を望む 20130503
隅田川も船が通らなければベタなぎで楽勝!

首都高速は昔の川の上を通っている事を実感。
日本橋川 20130503
江戸橋ジャンクションを下から見上げるのは初めてですが水路上は交通量ゼロ!

第一目標の日本橋で記念撮影!   
日本国道路元標 20130503
それにしても首都高速は失礼な作り方をしますね。
日本橋を日本橋川から 20130503
いかにも日本橋に接触しなければ文句無いでしょ と言わんばかり。
あと5m高く作ればもう少し印象も和らぐ感じです。

それにしても川の中に設置している首都高速の橋脚、太い鋼管に鉄筋コンクリート注入していると思いますが、表面は錆びさび。
周りは水ですからどうやって補修するのでしょうかねぇ~?!
いつかは寿命がくるはずですが、周りは水ですから塗装も出来ないし・・・・

日本橋川を更に上流に向かって漕いで行くと、江戸時代の石垣が左手にずっと見えてきます。
江戸城石垣と舳先 20130503
所々の石には当時の大名の目印のケガキの後が有あり。
古い排水溝も当時のまま残っているように見える。
皇居の石垣にカヤックで接近は出来ませんがここなら誰にも文句言われません。

日本橋川も水道橋、東京ドームで終点。
ここからは右手に折れて神田川を両国に向かって下ります。

第二目標の有名な聖橋が見えてきます。
聖橋 20130503
右手はお茶の水駅のプラットフォーム。
行く手は地下鉄丸ノ内線。

川の水はきれいとは言えないですが、それほどドブ臭くも無く、特別汚い浮遊物ない。
でも船体汚れそうな感じで気分は今イチ。
そして神田川をどんどん下り、昨年末にくじけた柳橋でパシャリです。
柳橋 20130503
柳橋が見えたらその先はもう隅田川です。

隅田川に出たとたん、大波小波でドンブラコ! 
荒れる隅田川 20130503
連休だからかジェットスキー軍団がバンバン飛ばして波を作り放題でとてもゆっくり川下りをする気にもなれません。
それでも両国橋をくぐる際にはママチャリに乗った力士が手を振ってくれて、何だか得した気分。

首都高速7号小松川線下の川に避難し、そのまま東進して突き当たりの大横川を南下。

お約束の扇橋閘門を一人だけで通過させていただきました。
扇橋閘門 20130503
今回 初めての東進し、水位が下がる側への通行。
水位は2.4m下がりました。

そして小松川の上陸地点で何やら面白そうな観光ツアーSky Duckを目撃!
ダックと 20130503
水陸両用バスと言うよりトラックのフレームに箱舟を乗せた形の(水陸両用)バスが川の中で水遊びってな感じです。
ダックに入水 20130503
更に昨年末に来た時にここにも素晴らしいスリップがあると感動しましたが、それはこの為に新調したようです。派手に水面に飛び込んで観客は大喜び。  

てな感じで、盛りだくさんの一日も無事終了。
そういえば私のサンテンはアヒルに見えない事もないか???



(閘門水先人に替わって)まとめ:
この日一日のパドリングはさすがに・・・帰宅後整体に直行!
1時間ミッチリ揉んでもらい、涙が出るほど痛気持ち良い!!!
しかし両国橋のあたりの隅田川はかなり波が凄い。
あそこさえ超えられれば・・・でもあそこでUターンしても上陸するとこありませんから




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


トラックバック0 コメント0
東京アーバン電車行: 『扇橋閘門』編 - ビンボールの如くに
2013-01-02-Wed  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇
年が明けても、まだ昨年2012年の「漕ぎ納め」記事を書いているのも・・・

では続けます。

「荒川ロックゲート」を通過し、「東京スカイツリー」を見上げ、運河での「廃墟」を発見と、既に満足感は十分です。
これに次は憧れだったあの「扇橋閘門」を通過できる出来る訳ですから、まぁ~いい感じです。

後半の出発地は「小名木川クローバー橋」です。
川の交差点に架かる橋で昔はこんな感じだったそうです。
交差点 小名木川/横十間川
いつ頃の写真なんでしょうね。
右上の「横十間川」から漕いできて、右折して「小名木川」を左上への進みます。
おそらく手前側にトイレをお借りした「江東区スポーツ会館」が建つのでしょう。

今は「小名木川クローバー橋」が架かり、そこを今日は「ケンタウルス」と化した小生と
20060608_174783.gif
「閘門水先人」
がチャプチャプやって来たのです。

その「小名木川クローバー橋」をバックに。
クローバー橋
写真の左右横切ってるのが「横十間川」で、奥から手前に「小名木川」
「ケンタウルス」「閘門水先人」は、左から手前に漕いできました。

そして直ぐにあの「扇橋閘門」なんですが、動力船が後ろから。
動力船はとても気を使って船速を落としてくれましたが、引き波が想像以上に大きく、もう必死の思いで「扇橋閘門」内部へ突入。
扇橋閘門開く 扇橋閘門閉まると怖い
閉じたと思ったらあっという間に水位が上昇。

さすが「閘門水先人」です。チェックするところが違います!
閘門水先人扇橋閘門を観察す!
     それがコレです。
扇橋閘門これが・・・ 32 DSCF6106
2m以上の水位の上昇です。

小生は「ケンタウルス」化してますからもう必死です・・・・・
41 DSCF6107

ようやく落ち着きましたが、前方にはちょっと大きな動力船がいるので、引き波が落ち着くまでゆっくりしたいですが・・・
40 P1030141

この後「隅田川」へ一気に突入と考えてましたが、「隅田川」を通る大型屋形船や凄い勢いで進むレジャーボートが見え、もうすぐに諦めました。

「ヒラメ」化したはずでも、「ケンタウルス」状態では、恐ろしくて恐ろしく。
実際、「隅田川」からの「うねり」も感じ、既に「ケンタウルス」ビンボール状態です。

という訳で、ここで強行撤収です。
50 P1030144

蠕悟濠_convert_20130101115422
そんな訳で「後半」の漕行距離は、たったの3.36kmでした。トホホ・・・

まとめ:
1.「ケンタウルス」云々はともかく、
2.東京はやっぱり首都で、
3.調べれば調べるほど、美しい歴史や悲しい歴史がの数々が!

東京アーバン電車行の本編は、今回の『扇町閘門』編3部構成で終わりますが、補足と言いますか『蛇足編』を考えてますです。



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

トラックバック0 コメント2
東京アーバン電車行: 『冬の桃源郷』編 - ケンタウルスと化して
2013-01-01-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇
2012年はやっぱり「閘門」で締めくくり!

本来なら都営新宿線「東大島」から出撃地までは7~8分。
今回はちょっとしたトラブルでお巡りさんに助けて貰ったので30分。

そうやく出撃地の閘門「荒川ロックゲート」横の「荒川」側で準備です。
ここで自慢の「ヒラメ」「閘門水先人」に披露。

「閘門水先人」曰く、ヒラメと言うより、のしイカの様だ!」
のしイカ君
珍味で旨いし褒め言葉にも受け取れる・・・

さっそく「のしイカ」に乗ろうとしたら、さまに「のしイカ」になっていた。
なんとデッキ下のコックピットの中に足が入るスペースがなくなっているではありませんか!

「シットオンカヤック」と化したAirFusionに、無理やり足をねじ込めても、いざという時にカヤックから抜け出せません。
それでは「人間カヤック」になってしまいます。

「ケンタウルス」って言うんですか・・・
20060608_174783.gif
これのAirFusion版です。

浮力体の位置や空気圧を試行錯誤でいじくり回して、
ヒラメでなく「のしイカ」に
これでも何となく「ケンタウルス」感は残ってますがね・・・。

出撃に最適なスリップからいざ出帆。
出撃地のスリップ
「荒川」「首都高中央環状線」を望み、いやぁ~アーバンアーバン!

くるりと向きを変え「荒川ロックゲート」に近づくと、すぐに管理棟からアナウンスで水門が全開に。
大きく開いた荒川ロックゲートの中へ

そのまま「閘門」に入り満足げな「ヒラメ」の乗った後期中年ヘルメット野郎
荒川ロックゲート内でのヘルメット野郎

約2メートル水位が下がり、もう一方の水門が全開
高低差 約2メートル いざ旧大川へ

「閘門」から出た何故か先を急ぐ「閘門水先人」と、
「荒川ロックゲート」に向かい合って建つ大型マンション。
閘門水先人はどんどん先へ
後ろを振り返ると「荒川ロックゲート」に後ろ髪を引かれます。
マンションの正面は荒川ロックゲート
もうここに住みたくなります。

しばらく進むとさっき下車した都営新宿線「東大島」駅を括ります。
東大島駅の大島口側は江東区
東大島駅の西側が大島口で江東区で、東側が小松川口で江戸川区です。

そして素晴らしいことに、あちこちにスリップが。
旧大川のスリップその1 江東区 旧大川のスリップその1 江戸川区
ホントに住みたくなります。

そうこうしているうちに見えてきましたぁ~!
いよいよ見えて来ました。そして雌叫びは・・・

ヘルメットから生えるスカイツリー
どうです、このヘルメットから生えた様な「東京スカイツリー」は!

江東区側で、これまた素晴らしい休憩場所を発見!
そして休憩でいったん上陸。素晴らしい停泊地
向こうには勿論「東京スカイツリー」が。

きれいな逆さ「東京スカイツリー」も望めます。
早くも逆さスカイツリーの遠景
漕ぎ進めるとその大きさは想像以上でした。
近づくともうその大きさは想像を超え!
ヘルメットから生え出た「東京スカイツリー」も幹か太くなっていきます。
ヘルメットに再び生えたスカイツリー

江東区と墨田区の三叉水路からの風景。
三叉路からのスカイツリー
今日イチのショットと思ってます。

この辺りまで来るともう見上げてばかりで・・・
もうこれが限界か!首が痛くて・・・
ここから「東京スカイツリー」まではもう300mです。
「十間橋」を越えたらもう首が痛くなって来ました。

先程の三叉水路まで戻り南で進路をとります。
すると何やらレンガ造りの廃墟が・・・
レンガ造りの桟橋跡
前大戦時の空襲なのか、関東大震災なのか、はたまたもっと古いのかは分かりませんが、時空を超えた感覚に。
何かが見えて来そうなレンガ造りの桟橋痕
その他にも、橋の下に古い木製の橋脚や、それがまた焼けた跡が残ってたりして・・・ホント時間が止まった様にも。

そのうち浚渫工事現場に出くわしましたが・・・
浚渫工事の中を誘導され
作業員の方が本当に親切に誘導してくれます。
写真はオイルフェンスを舳先で開けてくれる工事関係の動力船です。

JR総武本線の鉄橋です。
JR総武本線が
つまりすぐそこは「錦糸町」駅ですね。

さてここで「閘門水先人」は残して江東区スポーツ会館へトイレ休憩に向かいます。
クローバー橋からのショットですが、サンテンで居眠りする「閘門水先人」と「東京スカイツリー」の遠景です。
クローバー橋からのスカイツリー
北から下って来たここは十字水路となっている。
東は「荒川ロックゲート」へ。
西は「扇橋閘門」を抜け「隅田川」へ。
南は堰があってしかも泡が凄くてその先はどうなってるんでしょう???

サーフィン用ワンピースのウェットスーツとロングパドルシューズに、あのヘルメットという出で立ちだったからなのか、江東区スポーツ会館受付のお姉さんから「ご苦労さまです。」と深々とご挨拶頂きました。

トイレは受付嬢のすぐ前にあり、どういう訳かトイレへの入口のドアは開けっ放しです。
ワンピースのウェットスーツですから、もうほとんどスッポンポン状態にならなければなりません。

しょうがないので個室に入ってゆっくりと用を済ませ、またウェットスーツにロングパドルシューズとヘルメット姿で戻ろうとしたら、「お疲れさまです。」とまた深々とご挨拶を頂きましたので、こちらも笑顔で頷き大股で背筋を伸ばしさっそうと「閘門水先人」の所へ戻ります。

とってもいい気持ちです!


まとめ:
 1.ここまで16.69km
   東京遠征2012 前半
 2.後半は扇街閘門がまってます。
 3.ワンピースのウエットスーツはもう大変!
 4.あらら、気が付いたら年が明けて謹賀新年です。



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

トラックバック0 コメント2
東京アーバン電車行: 『陸から荒れて』編 - 練馬から東大島 「荒川ロックゲート」へ
2012-12-30-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇
2012年の締めくくりは何処が良いだろうか?

まずはいつも感謝している女房の実家が東京の練馬にある。
どうしても東京アーバン「電車行」をやってみたくなった。

まずはいつも感謝している女房も有名人のコンサートに横浜に行くらしい。
なんでも「福山雅治」とかいうまだ若い色男のコンサートだ。
二日間連続でチケットが取れたらしく何だか別人のように上機嫌である。

ここは好機ということで、件の「サンテン」を操る「閘門専門家」「極地観測船評論家」に相談してみたところ快く案内役を引き受けてくれた。 今回はコノ人が結構登場するであろうから、「閘門水先人」 と略します。(敬称もついでに略です。)

この「閘門水先人」の計画では・・・

12月/27日:
荒川 ~ 旧中川 ~ 小名木川 ~ 隅田川 ~ 越中島


これは「荒川ロックゲート」「扇橋閘門」「東京スカイツリー」まであり素晴らしい漕程ルートである。
が、しかし途中で交通の激しい運河や大河「隅田川」ありでどうなることやら。
いっそのこと「電車行」漕行後の外せない項目である「反省会」に先回りして、「江戸前」を肴に芋焼酎を楽しみながら「閘門水先人」を待つというのも・・・。

12月/28日:
神田川の隅田川への河口 ~ 首都高5号池袋線 ~ 首都高都心環状線 ~ 首都高6号向島線 ~ 月島・佃島


所謂 江戸城「掘割」巡りで、最後に佃島でモンジャ焼きとビールで〆るというものだが、何だか書いててとてもカヤックの漕程計画の説明している感じではない。

こりゃ「閘門水先人」は小生が思っている以上に乱暴なのかも知れない。


ではそろそろ実際も出撃・撤収記録に移ろう。
出撃艇はウナギからヒラメに見事に化けた2号艇AirFusion, Adbanced Elements である。
ヒラメ化の参考記事は 「AirFusion」 のヒラメ化

まずは優雅にまだ暗い練馬「弁天通り」商店街にあるコンビニで朝食を調達。
優雅に朝食を

朝6:00ではあるが足早に西武池袋線改札口に駆け上がるサラリーマン達を横目に、
練馬駅
小生は都営大江戸線へ。
西武池袋線と都営大江戸線
通勤ラッシュ前の都営大江戸線「練馬」から、
早朝の大江戸線練馬駅改札

さぁ!東京アーバン「電車行」が始まる!!

もう何だかウキウキ感
大江戸線「六本木」駅ホーム
いやぁ~アーバンアーバン
大江戸線「麻布十番」駅ホーム
1時間は余裕を持って、いつもまずは感謝している女房の実家を出発したので、アーバンな駅で降りてはパシャリ パシャリ と完全に「おのぼりさん」状態に

それでも30分前には「閘門水先人」との集合場所である、都営新宿線「東大島」に到着です。
都営新宿線「東大島」駅改札

しばらくして「閘門水先人」と都営新宿線「東大島」駅で合流。
「東大島」駅は西が江東区の「大倉口」、東が江戸川区の「小松川口」と、「旧中川」を跨い様になっていました。

「小松川口」から大河「荒川」を望む「大島小松川公園」への途中で、ちょっとした警察沙汰 に巻き込まれてしました。

すぐ目の前に現れた公衆電話で110番後、しばらくすると6名の警視庁のお巡りさん が、パトカー と自転車 と徒歩 で来られました。
朝8:00過ぎとはいえ、「荒川」沿いに居た我々の場所を扇の要として三方からほぼ同時に来られました。

ちょっとした捕り物を現場で体験したのですが、ニッポンのお巡りさんの存在に感動すら覚えたのですが、これから漕行を何だか予感する様でもあったような、なかったような

荒川ロックゲートのカンバン
そしていよいよ最初のクライマックスとなる筈だった 「閘門」 である 「荒川ロックゲート」「荒川」側から出帆となります。
東大島界隈



まとめ:
と、まぁ何だか幸先が良いのか悪いのか・・、陸カヤック段階でもう荒れて荒れて・・・
我ながら・・・
やっぱり、このヘルメットの出で立ちの印象が悪かったのか




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

トラックバック0 コメント0
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。