異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閘門水先人の舳先探訪: 「氷川丸」編 - 新旧入り乱れて!
2013-02-03-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


ここんとこPackraftでの「心象自転車行」、つまりBike(自転車)関係であれこれ時間を費やしてました。

その間に「サンテン」漕ぎの「閘門水先人」氏が、横浜港「氷川丸」舳先に行って来たと(自慢げに)写真を送って来(て下さっ)た。

出撃は酷寒の1月/27日(日)の早朝。あさイチのバスから地下鉄に乗り継いでの「バス~電車行」
ご立派です! 羨ましかぁ~!!


まずは有名どころを押さえる!

どうもココから8:00AM前に出撃の様です。
まさに出撃20130202
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルパシフィコ横浜等 特徴的な建築物群が見えます。

右からクィーズスクェアー横浜のクィーンズタワー群
右奥に横浜ランドマークタワー
左によこはまコスモワールドの大観覧車
ランドマークタワー20130202
有名どころをどんどん押さえる。

これなんか新旧入り混じってます。
鉄橋跡20130202
廃線となった横浜港駅への「高島貨物線」の鉄橋です。
有名ついでに、廃線有名サイトも貼っときますね。
高島貨物線


そして舳先へ!

いきなり現れます!
「氷川丸」の舳先!!
氷川丸舳先その壱20130202
まだバルバス・バウ(球状船首)っていうんですか?!そんなものはまだない時代ですね。
舳先の吃水線下の形状が分かりますね!

大恐慌時代の1930年竣工だそうで、もう今年で83歳!
シアトル・バンクーバー航路の大型貨客船で、前大戦では病院船であっとたはいえ沈没を免れたのは奇跡と!!
氷川丸舳先その弐20130202
「閘門水先人」氏は、この舳先にもピンポンダッシュを試みたかはまた確認しときますです。

今度はスターン側です。
氷川丸スターン側20130202
何だか先端恐怖症になりそうです。

そして「後甲板」です。
氷川丸スターン全景20130202
この張り出た形状に色気すら感じますです!
でも、あの出っ張った下でカメラを構えたくはないです、小生は、ですが。

錨鎖(びょうさ)って言うらしいです。
氷川丸の錨20130202
小生はあまり近づきたくはないですがね・・・。

横浜ベイブリッジですが、
横浜ベイブリッジ20130202
この画像から想像するに、山下埠頭から延びる堤防の外にまで漕ぎ出してるみたいです。
独りでようやりはります!


大桟橋埠頭で獲物を待ち構える!

つまり、「閘門水先人」氏は、これを狙ってたようなんです。
ピッツバーグ大の歓迎20130202
米ピッツバーグ大学の、クルーズ客船「エクスプローラー(Explorer)」だと聞かされました。
すごい歓迎の様子が見てとれます!

この後、進路を変えたそうで、警察船や海上保安庁の船からの「危ないからあっち行け!」の指示をどこまで守ったかどうかは定かではありませんが、「閘門水先人」氏曰く、「いやぁ~凄いうねりだったよ。ハハハ。」
ピッツバーグ大からのうねり20130202
再び氏曰く、「いやぁ~結構目立ったよ。エクスプローラーの甲板から大勢の人が手を振ってくれたけど、こっちはうねりでそれどころではなかったのが残念だよ。ハハハハハ。」

豪傑です!!!

そのあと「横浜赤レンガ倉庫」のショットが送られてきたのであるが、どうもかなりエクスプローラーにストーク(stoke)していたと想像できます。
赤レンガ横浜20130202
またまた氏曰く、「大桟橋埠頭に接岸した外国船には30m以内に近寄ってはいけないんだよ。」
小生、「へぇ~、(小生は全く近寄りたいとは思いませんが、)どうしてなんですか?」
氏曰く、「空港の国際線出発ゲートみたいな扱いになるんだよ。だからピンポンダッシュはやらなかったよ。たぶん捕まっちゃうからね。」
小生、「・・・・・・・・。」


まとめ:
1.新旧入り乱れた凄い漕行に嫉妬すら。
2.でも小生にはとてもとても。
3.氷川丸のショットはどれもこれも接写なので、
  他から仕入れた画像をつけときます。
  氷川丸全景20130202
  もちろん、吃水線下の形状なんかはこれでは
  分かりませんがね
4.暖かくなったら連れてって下さいね、小生も!



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。