異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Denali Llamaで漕く首都ダウンタウン 「佃島」編 - なにわ漁師達のバイタリティーに圧倒されて!
2013-09-16-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


PACKRAFT - パックラフト!
臆病な小生でもついに横断、隅田川を、パックラフトで。

都会の川は人工構造物だらけだ。
行きかう動力船、頭上には高速道路、水面から突き出た杭。
そしていつやって来るか予期できないゲリラ豪雨。

危険を回避する体力とテクニックが必要だ。

そんな都会の川ではあるが、川から見る都会はいつもは何とも思わないで見過ごしてしまう風景を新鮮なものにしてくれる。
これがアーバンカヤックの醍醐味ではないだろうか。


今回は佃島から隅田川を横断、亀島川~日本橋川のコースを、例の「閘門水先人」氏に連れて行って頂いた。

氏にとっては学生時代からの馴染みのエリアだが、小生にとっては天竜川臥龍峡と同じ響きである。

では早速 レポートすることにしよう。




その日、8月24日(土)は薄曇りではあったが、すでに早朝から酷暑を十分に予感させる蒸し暑さであった。

東京メトロ有楽町線「月島」駅に8:30AMに「閘門水先人」氏と落ち合う。

サンテン「あひる」号を入れたザックを背負った氏が笑顔で待っていてくれた。
いくらフジタカヌーの最小最軽量のカヤックとはいえ、PFD等含め100リッター20kg近いザックになる。

小生は今回もPACKRAFTのDenali Llamaだ。
PFD等を含めても7kgで40リッターのザックでも余裕なのだ。

もちろん、ここまでの電車行によるJRや地下鉄の昇り降り、それと暑さで既に体力は消耗していく。
しかし、これから漕行が楽しみで気分は絶好調だ。

小生にとって、アーバンカヤックの醍醐味は、出撃前にスタバ(最悪でもコンビニ)でのコーヒーを楽しむひと時だ。
安上がりの贅沢なひと時なのだが、仕事の出勤前のコーヒーとは全く違うひと時だ。

そこで氏からその日の漕行程の説明を一通り受け、近代的なビルを抜けると下町情緒あふれる出撃場所まで歩いて10分程だ。

時折り小雨が混じるが、ささっと準備しいざ出撃。
いざ出撃 20130824

この出撃地点は、昔 佃島と月島が別々だった頃に、その間を流れていた佃川の支流だったそうだ。

佃川本流はもう埋め立てられてない。

その支流にかけられている橋(佃小橋)をくぐると、立て看板がある。

「此の場所には、江戸時代後期寛政拾年(1798年)徳川幕府より建立を許された大幟の柱、抱が埋設されておりますので、立ち入ったり掘り起こしたりしないでください。」とのことだ。

そのまま進むと左に直角に曲がる。
佃小橋 20130824
この左側に「住吉神社」があるのだが、これがまた面白い。

徳川家康が江戸から上洛した時に、大阪の西淀川区佃の漁師達がいろいろとお世話をした縁で、家康から当時は干潟だったところを埋め立て、名前を大阪の故郷の佃にちなんで佃島とし、そこに漁師家族33名が移住したそうである。

3年に一回お祭りがあり、その時に使う幟(のぼり)の支柱が6本埋まっており、今もお祭りの度に掘り起こして使っているそうだ。
佃住吉講 20130824
(ここに埋まっている。)

そして左の直角に漕ぎ進むと、右岸側が住吉神社となっている。
住吉神社横 20130824
最初の神主は、大阪の漁師達33名と一緒に移り住んだそうである。

しかし17世紀からのことですから大変興味深い。

なにわの漁師達が当時の最大権力者に仕え、十分なプレゼンスを示す。

しかも当時の東京湾の干潟を埋め立てて大阪から江戸へ移り住む。

考えれば考える程、そのバイタリティー溢れるダイナミックさに圧倒される!

想像も出来ない程だ!!




そして住吉神社を過ぎ、この水門(住吉水門)の向こうはいよいよ「隅田川」だ。
住吉水門 20130824

今日はこれで一旦締め、「隅田川」の渡河以降は次回にしよう。

今晩はまたこれから、その「なにわ漁師達」のことを思い、心象漕行を楽しみたいのだ。

あっ、そうそう、こんな映像をYuoTubeで見つけた。
  「佃 住吉神社 大祭 大幟柱掘り起こし」
3年に一回、掘り起こされる、デカい幟(のぼり)様の柱の掘り起こしの映像だ。




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
東京アーバン電車行: 『撤収後』編 - The Next Destinations!
2013-01-03-Thu  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇


撤収後も「電車行」は面白い!

そんな訳で、撤収後にそのまま「小名木川」に沿って「隅田川」に出てみた。
その日は「柳橋」に泊まり、「閘門水先人」との反省会だ。

翌日は「柳橋」から出撃し「神田川」を遡り、「水道橋」から「江戸橋川」を下り、「隅田川」に出たら「佃島」に渡り、もんじゃを食べて解散の予定である。(何だか土地勘のない小生にはこんがらがって・・・。)

「隅田川」に出てみて驚いた!
とにかくスケールがデカいのである。

川の両岸から迫る巨体な人口構造物
なんかこう「奈落の底」を漕ぐようなイメージの様で・・・。

小生「高所恐怖症」であることは自覚していたが、どうも「閉所恐怖症」なのかしらと・・・
広いのに「閉所恐怖症」ってのもヘンではあるが・・。

そういえば「舞鶴遠征」時にパドラーしげさんに、「記念撮影しますから、そこの護衛艦の錨の下あたりに漕ぎ進んで下さい。」と言って貰ったのであるが、とてもそんな危なっかしい所へは、と言う感じで慌ててお断りしたのを思い出した。( 参考記事 「ちょっと錨の下辺りに来てくださぁ~い。記念撮影しますよぉ~。」

おっと話を戻そう。
「小名木川」「隅田川」と合流する「萬年橋」辺りから「佃島」方面を見てまたビックリである。
隅田川 小名木川 萬年橋 佃島を望む
「佃島」は恐ろしげな人工巨大高層建築物だらけなのである。

わざわざあそこまで行ってもんじゃ焼きを食べなくても・・・。

これは昔の「佃島」らしい
もんじゃを食べる予定だった佃島
これだと、もんじゃを食べに行こうかという気もする。

そしてこれも「佃島」らしい
歌川国芳 東都三ツ股の図
歌川国芳の「東都三ツ股の図」って言うらしいが、左奥に「萬年橋」が、そして右奥に「永代橋」を挟んで「佃島」が見える。船底を焼いている場所は「首都高」「箱崎PA」あたりだろう。

浮いている船が傾いているような・・・あれれ、なんか「東京スカイツリー」みたいなのが・・・まっ、いいか。

とにかくこのあたりが小生の限界だ!

今度は同じ場所から「神田川」「隅田川」と合流するその日の宿泊地で翌日の出撃地点である「柳橋」方面を見てみた。
隅田川 小名木川 萬年橋 柳橋方面を望む
これまた「閉所」感「奈落の底」感が漂う。

なんと表現すればいいのか・・・
閉塞感
こんな感じなんですよ、はい。

おっとまた脱線気味ですが、
「小名木川」「萬年橋」から「隅田川」沿いに「神田川」「柳橋」まで約2km歩いたのであるが、「隅田川」「両国橋」から翌日の出撃ポイントを視察。
それがコレ
柳橋と水上警察
警視庁のパトロール船の詰所となっている様ですが、安心と言えば安心。
でもそのパトロール船がまぁ揺れること揺れること・・・。

こんな感じであればと思うんです・・・
柳橋 水上警察詰所になる所
広重の「両国柳橋 大のし」というらしいのですが、今では警視庁のパトロール船の詰所です。
しかも大揺れ!

ますます気弱になりながらも「柳橋」に到着。
柳橋とコックピットボックス
「閘門水先人」自慢のコックピットボックスとパシャリ

もうこの時には、「ケンタウルス」の心は決まっておりました。
20060608_174783.gif
「明日のもんじゃは諦めよう! もう今日のでお腹おっぱい!」

本性は乱暴な「閘門水先人」は普通にやる気満々なだけに言い出しにくいので、今晩は飲めるだけ飲んで、飲ませるだけ飲ませるしかありませんでしたが、「サンテン」背負って2kmが効いたのか「芋焼酎」のボトルが効いたのか、デザートにコンビニの「温州ミカンゼリー」と「三色丼」で大人しく宿で熟睡・寝坊を頂けました。

翌日は次回の下見ということで、「水道橋」まで歩いてみました。

折角ですので、 夕刻の「柳橋」からみた出撃予定ポイントと
明日の出撃場所下見 朝の出撃場所と水所警察と水上観光船
引き波が激しそうな観光船行きかう翌日の早朝の同じポイント 手前の小舟は警視庁の水上パトロール船。

どう考えてもツルンでドボンしかイメージできません。。。

そして 夕刻の「柳橋」からみた「神田川」の屋形船群と
夕刻の神田川の屋形船群 朝の神田川 屋形船群
間違い探しでも出来そうな翌日の早朝の同じポイント

やっぱりこのイメージが強くなります。。。。
閉塞感

そして「水道橋」です。
ひん曲がりながらも水道橋で
もうひん曲がってます。

それでも緊急上陸場所を下見です。
水道橋での神田川の下見


まとめ:
1.なんだかんだ言っても楽しい2日間!
2.実漕納めと陸カヤック納めで2度美味しい!!
  1粒で2度おいしい
3.「閘門水先人」さん、ありがとうございました。良いお年を!!!
  ではまた来年 良いとお年を!!!
  (とっくに明けてましたね・・・)





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
トラックバック0 コメント2
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。