異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パックラフトで多摩川の下水処理水を漕ぎ親しむ ~ 後期中年野郎達の夏
2015-08-09-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


エディーって渦のことですよね。

水洗トイレの流す時に発生する渦で漕いだっていう(感じの)お話でっす。

20150801 水洗トイレの渦

それとちょっとオマケも。



JR青梅線「東中神」って駅があるんです。

「立川」はそれなりに有名ですが、そこから2駅西に行ったちっちゃな駅なんです。

20150801 東中神駅改札

川崎の単身赴任のアパートからバス210円でJR南武線「武蔵新城」,、そこから470円ですからトータルで680円で行けるんです。

カヤック「電車行」の場合、交通費は片道1000円以内がお財布には優しいです。

680円で都会の「多摩川」の隠れたホワイトウォーターのポイントへ行って来ました。

前回の記事で、愛輪BROMPTONで下見した内容をレポートしたポイントへ4号艇を担いでね、多摩川の河口から43キロの多摩大橋から出撃です。

20150801 多摩大橋の下

渇水期ですが、それなりに流れがあって思ったより面白いです。

20150801 多摩大橋をバックに

折角のストリームですから、しっかり味わいながら下ります。

今回、画像と映像は、後期中年単身仲間にお願いしたんですが、後期中年になってから本格的な習性となってくる、携帯ラジオをスピーカーで聞きながら散歩するスタイルですから、映像にはラジオの音がメインで入ってまっす。


[広告 ] VPS


ホワイトウォーターポイントまでは500m程ですが、途中で横から勢いのある流れが合流してきて、それなりのエディーが出来てたので、それなりに楽しめます。


[広告 ] VPS


調べたら八王子水再生センターからの 処理水でした。

つまり、水洗トイレの流す時に出来る渦を捕まえることでエディーキャッチだと楽しんでる様なもんなんですがね。。。。


でもこの前、岸から見た激流ポイントはなかなか迫力あります。

完全にPR3のレベルです。

波乗りポイントもありますし、チマチマとエディーキャッチしながらも結構 忙しいです。

そんな忙しいポイントをもう一度楽しもう陸路で遡りますが、、、、

20150801 陸路の河川沿いを溯る

たぶん実際の温度は50℃近くある悪路ですから、後期中年にはもう無理で、はしゃぎ過ぎる気すら起きませんです。

ヘロヘロになりながら対岸からフェリーグライドで出撃ポイントに戻ります。

20150801 半川魚人



さてこれは撤収の様子なんですが、

20150801 撤収中に

撤収中に、これまた後期中年のラジオスピーカーの方が、お二人ほど川岸を遡ってお散歩されてました。

そのすぐ後に、マウンテンバイクのTシャツにホットパンツの肉感的な若い女性 (最近は50歳未満の女性はみな同じに見えます) が同じ様に遡って行かれました。

さっきの上の画像の元画像のある部分を拡大したら、

20150801 青いビキニ

判りますかねぇ~?

さっきの肉感的な若い女性が青いビキニになって寝そべってるんですよ

よぉ~く見るとその周りには、後期中年のラジオスピーカー野郎達が上と下からさりげなく

いやぁ~立派なもんです。

以上、「後期中年野郎達の夏」でした。

20150610 パフェよりビール

しっかし、団塊の世代の諸先輩方々に痛めつけられ、影が薄い「後期中年」世代ですが、 まだまだ頑張りたいですなぁ~実際。

20150801 MAP 地図

おっと、今回の川下りポイントの地図を張っときますね。





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
多摩川 「電車・バス行」 ~ 都会派のあなたに贈りたい! <二ケ領宿河原堰 ~ 調布堰>
2015-05-14-Thu  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


休日に単身赴任先のアパートで、

キヌサヤエンドウの筋を取って

ばかりいてもしょうがない。

20150510 北斎 冨嶽三十景武州玉川
( 北斎 冨嶽三十景武州玉川 )


今回は久しぶりに 「電車・バス行」。

艇は 「 4号艇: Denali Llama with Cruiser Spray Deck - Alpacka Raft LLC 」 でっす。

多摩川の小田急線「登戸」近くの

「二ケ領宿河原」の堰下から出撃。

20150510 宿河原から

初めての場所でしたが水への

アクセスは悪くありません。


そんな急な流れではありませんが、

前日が雨でしたの水量はそれなりに

あると思い、安全のため自転車用の

カスクを被ってみました。

20150510 カスクで

いざという時にどれだけ効果があるかは

判りませんが、自転車のかつての競技用防護具ですから、

気分は引き締まりまっす。


もうここからは4km下流の「二子玉川」のおっしゃれな

ビル群が見えます。

20150510 遠くに二子玉川が

すぐに最初の瀬が現れます。

いやぁ~、1級にも満たないクラスですが、

波の音はそれなりの迫力なので緊張します。

20150510 最初の瀬

しかも都会の川ですから、

川底からどんな人工構造物が

突き出しているか分かりません。

20150510 ハザードには事欠かない

流れも意外とありますから、

上手くハザードを避けながら、

また水面の変化でその下に潜んで

いるかもしれないリスクを避けながらの

ダウンリバーです。


「二子玉川」までの最初の難所は

「東名高速」高架下と考えてました。


歴史ある大型人工構造物ですから、

建設当時から放置された建設資材が

朽ち果てて鋭く突き出しているはずです。


かなり注意しながら近づきましたが、

結構 きれいに整備されており、

あっけなく通過できました。


東名を越えてからも数回の瀬があります。

20150510 東名を越えても瀬

そのうちに蜃気楼のように「二子玉川」のビル群が

20150510 蜃気楼のように・二子玉川

見えてくるんですが、

「漕ぎ初め2015」では恐ろしくて通過できなかった、

「二子橋」をくぐろうと思いスカウトしてみました。


案の定、近くには人工構造物のなれの果てというのか、

鉄筋が鋭く突き出たコンクリート片が川岸にあります。

20150510 恐ろしい人工構造物のなれの果て

こんなのがあの橋の下で水面から突き出してたら・・・・

想像しただけで縮こまってしまいます。


橋の下で水面をみてまた(@_@)

20150510 アユの遡上か???

何万匹という稚アユの溯上です。

延々と続いています。

いやホントにビックリですねぇ~。


ホントに稚アユなんだろうか???

もしかして大地震の前兆かなんかだったりして

そんな心配すらしてしまう数でしたよ。


そんな稚アユ達に逆行して・・・・

いや逆行しているのは彼らで、

小生は川の流れに沿って・・・・・

(あぁ~よく分からなくなってきましたが、)

いざ突入です。

20150510 いざ突破す!

「漕ぎ初め2015」の時よりはからりの水量で、

ドンブリコ、ドンブリコってな感じでした。


ここさえ越えればあとはもう経験済みですから、

後ろを振り返る余裕もでて、

20150510 水面に映るビル

水面に映る「二子玉川」のビル群を後にします。


この辺りは左岸から「野川」が「多摩川」に合流したあと、

この二つの川が分流と合流を繰り返し、

左右どっちが本流か分かりにくい場所なんです。


「漕ぎ初め2015」の時は間違って分流を進み、

20150124 多摩川散策ポーテージ

まぁこんな感じになったんですが、

今回は本流を進みます。


本流は流れもしっかりしてますから、

直ぐに今回のGoalの「調布堰」です。

20150510 終点 調布堰

こっから先は潮の満ち引きの影響を受けますから、

もう海水が混ざってきます。

お天気はもう最高過ぎて紫外線が怖いですが、

ササッとPACKRAFTを乾かして、

20150510 武蔵小杉のビル群を望む

武蔵小杉まで歩いてそこからバスで、

また単身赴任先のアパートへトボトボと

冷えたビールだけは待ってくれている



だいたいこの辺りを、

20150510 拡大地図

こんな感じで下りまして、

20150510 地図

約10kmのアーバンダウリバーでした。


まぁカッコよく言えば、

ホワイトウォーターとは違ったリスクマネイジメントを

要求されるコースだと




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




トラックバック0 コメント2
多摩川を連日で ~ PACKRAFTで親子の絆を感じて涙す!
2015-03-01-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



五十路を超えての「単身赴任」・・・・。


料理の腕前は飛躍的に進歩はする。

百均で買った観葉植物の生育状態に一喜一憂する。


燃えるゴミと複雑な分別ゴミの仕分けが苦も無くでき、

毎日変わるゴミの種類毎の収集日も覚える。


クリーニング屋のおばさん達に名前を憶えて

貰えることに喜びを感じる。


そのおばさん毎のパート時間のシフトも

自然と分かる様になる。


近所のスーパーのレジ係のおばさんの

レジ打ち時の決まり文句に、おばさん毎に癖があり

知らず知らず心の中で反芻してしまう。


良いことがあると、そのスーパーのテーマ音楽を

口笛で吹いてしまう。


これが、THE「単身赴任」というものなのだろか・・・。




またくだらない前置きが長くなりました。

これもTHE「単身赴任」の影響なんでしょか?

THE「単身赴任」症候群・・・THEは要らないか・・・・


おっと、また逸れそうですよ・・・・。




今回は、1月24日の「漕ぎ初め」に続き、

翌日に連日で「多摩川」へ行った記事なんです。


どうもTHE「単身赴任」症候群気味なもんですから、

ヘルプを頼んだんです若い女性に。

20150125 下ろす小生

まぁ上の娘になんですがね・・・・・。


そん時の小生の画像がまた哀(かな)しく哀(あわ)れに映ってたんで、

ちょっとアップしてみました。


< 若い女性のためにPACKRAFTを膨らます絵 >
20150125 長女と


< 膨らましたPACKRAFTを多摩川に下ろす絵 >
20150125 膨らます小生

これがなんとも哀れに映ってると思うんです。

考えすぎでしょかねぇ

やっぱりTHE「単身赴任」症候群





後記:

まぁとにかくこの日も水の上を漕いだ訳ですから、

良しとしましょうかね。

やっぱし、お手軽路線ばかりでなく、

次回はぼっちであっても海に行かないとね。







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






トラックバック0 コメント0
漕ぎ初め2015: 多摩川でアーバン自転車行
2015-02-28-Sat  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



せっかくBromptonを手に入れた訳ですから、

週末はもう日頃のストレスを発散すべく、

ポッタポタ生活でっす。


それでもカヤック漕ぎ初めはやらないと

このブログの主旨に合いません。



せっかく川崎市高津区に単身赴任してますから、

場所はやっぱし「多摩川」だしょ!

まずはお手軽に4号艇「PACKRAFT」で行って来ましたよ

先月の1月24日でしたっす。

20150124 主役のショット

いつもの「閘門水先人」氏は忙しそうで、、、

なら久しぶりに「ボッチ漕ぎ初め」かなと思ってたら、

ひょんなことから知り合った20代の若モンが

付き合ってくれると。


ここでは彼のファーストネームから

「サクっち」と命名しておこう。

小生との歳の差は約30年となるが、

素直な好青年だ。


その「サクっち」、カヤックが初めて。


その素直なところに付け込んだ訳ですが、

東急田園都市線「二子玉川」で待ち合わせ、

「多摩川」でサクっと4号艇「PACKRAFT」で

漕ぎ初めを終わらせたっす。

20150124 いざ漕ぎ初め2015

小生の川崎市子母口の単身赴任先の

アパートから「二子玉川」まではもっちろん

あの「BROMPTON」での「自転車行」でっす。

20150124 漕ぎ初めブロンプトン

もちろん「サクっち」にもこれまたサクっと漕いで貰った。

東急田園都市線の高架下で、

20150124 田園都市線高架下

電車がまた雰囲気を盛り上げますなぁ

実はここからが本番でした。


東急田園都市線「二子玉川」から

東急東横線「多摩川」への

多摩川の川下りを敢行した。

20150124 二子玉川2

小生の「BROMPTON」は「サクっち」に委ね、

陸から見守って貰いまっす。

20150124 二子玉川1


あの辺りの「多摩川」ってドロ~ンとした流れと思いきや、

1.5級レベルの軽い瀬が数か所あり、

なかなか楽しめましたっす。

20150124 武蔵小杉遠景

そして都会とは思えない風景も楽しめまっす。

20150124 多摩川の風景

冬ですから水量が少なく適度なPORTAGEまで

楽しめまっす。

20150124 多摩川散策ポーテージ

結果的に「アーバンカヤック自転車行」という、

20150124 漕ぎ初め漕行程 漕ぎ初め

後期中年にとっては理想的な「漕ぎ初め」っす。


まとめ:

いやしっかし、「多摩川」っていけますよ!

水量が増えだす季節になるのが楽しみかもでっす。

いやぁ~ やめられまへんなぁ~







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






トラックバック0 コメント2
『ボリショイ カート』 デビュー / それは「電車行」の考え方を根底から変える!
2014-03-14-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


一般の方には、

どうしても苦行と思われるカヤックでの「電車行」



その苦行「電車行」のイメージを

根底から覆(くつがえ)す『カート』を

今日は真面目に紹介しよう! 



もうその「ネタ」は

過去にお伝えしたが、

今日はその実践例だ!




実演者は考案者でもある、

件の「閘門水先人」氏である。



氏は家族から、

『その歳にして、痛すぎる。』と

言われながらも

その研究に勤しみ、

遂に東京港でデビューさせた。



ことここに至るまでの、

氏の粘り強い努力と苦労は

賞賛に値すると自信をもって言える。



そのカートは、

名付けて、

『ボリショイ カート』 だ!

ボリショイサーカスのくまさん 20140303

ファルトを背負った

そのカート姿から

今回、正式に命名されたのだが,

その詳細は、

以下の氏からのレポートで、

説明と替えさせて頂くとしよう。



使用カヤックは、

いつもでフジタカヌーの

サンテン「アヒル」号だ。






小型化した台車、

通称 『ボリショイ カート』

一般名こそ「キックスケータ」ではあるが、

それを使ってお台場近辺まで

カヤックを運んだ。



もちろん運ぶのが目的ではなく、

カヤックをするのが目的ではあるが。



朝の出だしが遅れたので

ボリショイカブと 20140308

週末の雑踏の中に

カートで繰り出しました。



カヤック背負ったままで

混んでいる地下鉄に乗るのは顰蹙ですが、

小さなカートであれば、

何とか場所は確保できます。



このカートは、

車輪が縦一列配置で、

ハンドルにザックの肩紐を

引っ掛けているので、

基本はまっすぐしか進めません。



若干ハンドルを切れるので、

大きなカーブは曲がれますが、

都会の駅構内の折り返しエスカレータや

急な方向転換は不得意です。



自分が歩くところを

よくイメージしながら

カートを操作しなければなりません。



何故 普通のカートを使わないのか?



サンテン「アヒル」号は

軽薄短小をモットーとしており、

折りたたんだカートを

乗せることができません。



そこでカヤックを積んで、

たまにはカヤックを背負って

そのまま自分も乗れる

キックスケータを

台車にしてみた訳です。



 
自宅でのテスト走行時に、

確かに言われました、家族から。



『その齢にして、

 その姿は痛すぎる・・・』
と。



今回の目的は都会の交通機関に

この『ボリショイカート』

どこまで通用するか???



そしてついでに

アルフェックのシートを

フジタにアルフェックを移植 20140308

フジタカヌーに装着し座り心地の確認、



その舞台に選んだフィールドは、

この春引退する船の舳先に

ピンポンダッシュすることでした。



お台場の端のほうで組み立て、

お台場より 20140308

東京港に漕ぎ出し、

まずはレインボーブリッジの下を通り、

くねるレインボーブリッジ 20140308


お台場を横手に通り過ぎます。

お台場 20140308



目的地は有明多目的埠頭、

東京ビッグサイトの近くです。



朝 出発するのが遅かったため

漕ぎ出しが11時半でした。



昼を回ったあたりから南風に変わり、



完全に強い向かい風でサンテン「アヒル」号に

ぶつかった波しぶきが

そのまま体や顔にかかり

ビショビショになってしまいました。



目的の船は船員養成のための

航海訓練所の練習船で

2014年3月に引退してしまう

「大成丸」です。



32年間運用され、

戦線離脱で売却の予定。



フィリピン辺りに売却されて

また20年位稼働するのでしょう。



船齢が自分の社会人年齢と同じで、

役職定年でどこかの会社で

再雇用というのを連想してしまい、

これは売却前に舳先にご挨拶しなくては、

となった次第です。



船は船齢32歳には見えない

大成丸 最後のお披露目 20140308

きれいな状態でした。

カンカーで目眩 20140308

彼の地での活躍を祈念いたします。

舳先ピンポンダッシュ 20140308



目的地までは向かい風でしたが、

帰りは追い風ですので、

例のビニール傘でハルケットごっこ。

参考記事:
Halkett Boat / ハルケットボート - 『電車行』 はジェラシックパークだ!
嗚呼 『 Halkett Boat / ハルケットボート 』

一部区間だけでも漕がなくて

戻ってこれてラクチンでした。 



『ボイショイカート』

畳めばサンテン「アヒル」号に

無理なく収納できました。



アルフェックのシートも

フジタ純正のシートより薄く

効率的にザックに収納でき、

背もたれが別体なので

腰の位置に合わせられて快適でした。





編集後記:

『その齢にして その姿は痛すぎる。』

家族からの、この言葉は、

我々 後期中年には、

かなりこたえる言葉かもしれない。


だが小生にはその言葉が、

勲章の様にも感じる。。。

ボリショイカートデビュー 20140308

うぅ~ん・・・・

これからも「閘門水先人」氏には、

そんな勲章を数多く期待したい!






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ








トラックバック0 コメント0
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。