異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木曽川ライン下りで フジタ 「サンテン」逝く!
2015-01-03-Sat  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



小生、名古屋に住んでいました。

ところが単身赴任で川崎に引っ越しです。

傷心した小生を横浜にお住いの「閘門水先人」翁が、

歓迎漕行をやってくれるというのです。


嬉しいのですが、場所は名古屋の近くの

木曽川 「日本ライン」なんです。


小生が名古屋を離れる一週間前に、

何だか慌ててやって来られました。

場所はここです。

20141018 日本ラインはココ
(右上の枠内でっす。)

小生も知ってはいましたが、

とんでもないない所というイメージでっす。


天竜川の商業川下り船の転覆死亡事故が

どうしても思い浮かびます。


こまめなスカウティングで、ヤバそうな所は

積極的なポーテージをすれば良いのですが。。。。

行く前からそれでもビビリますです。





その日、2014年10月18日。

お天気は快晴でした。

自宅からは地下鉄・名鉄・JRと乗り継ぎ「美濃太田」駅に到着です。

運賃は1000円もしません。


なんと便利なんでしょ。

こんなに簡単に来れるとは思ってませんでした。


9:00AM前に「美濃太田」駅に着くと、

BROMPTONの折り畳み野郎達もいます。


出撃ポイントまで歩いて30分。

旧街道を歩きながら、気分はどんどん盛り上がってきます。


小生は4号艇のPACKRAFTですからププッと準備完了。

20141018 さぁ出撃

しかし、「閘門水先人」氏は迷っております。

20141018 何だか迷っている翁

何かを忘れたのだろうか・・・・・・。

「何だか足りない様な気がする・・・・・。」

もしもあなたが、ふとそんな感覚に陥った時は、

慎重に事を薦めた方が良いと言う教訓を

思い出させてくれる、そんなその日の「閘門水先人」氏であったことは

このあと紹介してしまうんですがね。。。。。。


「美濃太田」駅に 9:00AM に着いてから、

やっと 11:00AM に出帆です。

20141018 最初の瀬を通過して

「閘門水先人」氏も一応はご機嫌の様でっす。

20141018 迷いがなくなった様に見える翁

最初は1 級レベルの瀬が続き、

20141018 1.5級レベル?!
(「松ケ瀬」と言うらしいのだが・・・・・・)

小生が先導しながら、

いぃ~い緊張感の中を漕ぎ進みます。


そのうちに難易度が上がっていきます。

見えて来ました。


大体は調べてたんですが、

「大涛(だいどう)の瀬」

「鷺(さぎ)の瀬」

「可児合(かにあい)の瀬」

2~3級のヤバい瀬が連続します。


いくら事前に調べいても、

実際はスカウティングをしながら進むのが安全です。

小生はその点は臆病ですから、

運動がてらスカウティングを楽しめます。


「閘門水先人」氏はその道のプロですから、

艇から様子を見ながらそのまま進んでいきます。

20141018 2級レベルかな・・・翁は何処に???

さすがだなぁ~。

見晴らしの良いスカウティングポジションから見てたんです。


その時、、、、、、、

フッと消えました。

氏のお姿が。。。。。。


老眼ですが近視ではありませんから、

遠くはそれほど見えにくくありません。


そのうちに「サンテンEX」特有の黒い船底が。


こりゃいかん。

小生は安全ルートをとりながら漕ぎ追いかけました。

難易度の高い瀬でも安全なルートはあります。


発見です。

黒い船底の横にPFD(救命胴衣)が浮かんでいます。


そのPFDに亀が首を引っ込めた感じで、

「閘門水先人」氏のご尊顔を拝することが。


そこはもう当分、比較的流れが緩やかな

トロ場となっていました。


周りは断崖でしたが、何とかへばりついての緊急上陸です。

20140918 お座敷の床上浸水

氏の自慢の「お座敷サンテン」も、すっかり床上浸水です。

PFDから首はまだ完全に出ききってませんが、

20141018 ついに・・・・・

ダメージコントロール中です。


しっかしまぁ、一度やってしまうと、

「沈」って慣れなんでしょうか、、、、、

20141018 その後はもうど真ん中!

その後はもうど真ん中です。


それにしてもいいトコです。

20141018 しっかしいいとこですね!

少女が天を仰いで見える岩もあります。

20141018 少女が天を仰いで見える岩

地元の正式名はあるのでしょうが、

小生にはそう見えましたです。


そしてついに見えてきました、

今回最大の難所。

「富士ケ瀬」って言うらしいです。

20141018 富士ケ瀬 前半

波が富士山の様になるとのことですが、

それが連らなってて、

絶えず動く「穂高連峰」ってな感じです。

前半で沈するとダメージがでかそうなので、

20141018 富士ケ瀬 後半

後半までポーテージして途中から侵入しましたが、

「ストリーム・イン」ってんですか?

ご参考記事リンク: 魅惑のプライベートレッスン - More Packrafting with SunnyEmotion!

そのテクニックを思い出して早い流れに、

もう必死で侵入しましたっす。


終わってみると、意外とすんなり行けましたが、

まぁそれぐらいの方が「後期中年」には良いのでしょう。


それが終わると今回の漕程のもそろそろ終わりです。

先には「犬山頭首工ライン大橋」っていう大きな堰がありますから

最後は緩やかなトロ場になります。

20141018 そして最後はトロ場に

「閘門水先人」氏もすっかり翁顔に。

20141018 翁もご機嫌に

終点はココ、名鉄の鉄橋下です。

20141018 犬山の鉄橋に

てなことで、今回は「美濃太田」から「犬山」まで

「木曽川」を下ってみましたが、

20141018 こっからここへ

こんなに良いとことは・・・・・・。

同じ様なフィールドが単身赴任先の川崎から

電車賃1000円ぐらいで探さないとね。





<おまけ>

おっと、今回の重要トピックです。

「閘門水先人」翁の「サンテン」が逝ってしまいました。


ちと大げさですが、アルミフレームがこんな感じに、、、、

20141018 サンテン逝く

「沈」したときのダメージか、

「富士ケ瀬」の後半を越えた時か、

はたまた翁の体重かは判りませんがね。。。。


ご自慢の「緊縛」カートに「サンテン」乗っけて、

帰路に就く翁の後ろ姿から、、、、

20141018 しょんぼり・・・・

はっきりとした 『しょんぼり』 感は出ておりましたが、

敢えて突っ込みは挟みませんでしたよ。

うしろの 『う』 の字もまた上手く入りましたよ







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
大河「木曽三川」を閘門2連チャンの一気通貫 - 「桑名宿」編
2012-10-30-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 3号艇
前編の「長良川河口堰閘門」編では、ちょっとワルノリして後期中年以上の方でないと判らないものとなってしまいました。 
まぁそれはそれでも良いとは思っていたのですが、後期中年の方でさえ「あれは少し判りにくいよ。まぁ私は好きだけどね。」という気を使って頂いたコメントが。

確かに、ブログを書く訳ですから出来れば色んな方に読んで貰いたい。 しかし、ゲテモノを自負していた訳ですから、「分かる人にも分かりにくい。分からない人にも時々ツボにハマる。」的なものになればとブログを続ける目標を再定義するとしよう。

それでは漕行記、いやそんな上品なものではない。「出撃・撤収記録」でしたね。それに戻るとします。
広重の「桑名宿」
「長良川」から「揖斐川」に抜け道(?)抜け水路を使ってトランジットしてからなんですが、揖斐川の流れが予想以上に早く「桑名宿」に到着。

しかし上陸しようと思っていた「七里の渡し」の船着き場の場所を素通りしてしまい「桑名宿」の水路をウロウロと。それにしても何とも大変素敵なところでした。
水路1 水路2
この石垣も桑名築の築城当時のものでした。3号艇のマスト高ではあの橋はもう無理です。
築城当時の石垣 水路はここまで

どうも適当な上陸場所が見つからないのでまた「揖斐川」に戻り、「長良川」との境がなくなるところまで下ったのですが、「行きはよいよい帰りはきつい」でもう大変!
揖斐川に戻る
画像をクリックすると判るのですが、ちょうど右端の辺りで切れ目がなくなっているのが分かります。

もうヘロヘロになりながらさっきの石垣のところへ戻り上陸です。
そして築城当時の石垣から撤収
2~300年前のと同じ感じで上陸です。

撤収してから、近くを歩いてウロウロしてましたら、どうもあれが「七里の渡し」の船着き場なんですが、その前を3回は素通りしてました。
七里の渡し
でもあの高さのハシケからの上陸はちょっと無理ですし、それにちょっとその雰囲気ではありません。
やっぱりあの石垣からで正解でした。

上陸場所から桑名駅まで約1kmも、城下町ですからなかなかものでした。
何ともとっても懐かしい感じが。故郷の「明石」を思い出しました。

帰りは近鉄ではなくJRにしたのですが、まだ電化されていないJR関西線「桑名」駅から、ディーゼル快速列車に乗って名古屋へ! ディーゼル特有のエンジン音でとっても遠くへ来た感じに。
おもひで1
ちょうど6時間前の出撃場所を車内から撮影できました。もう1週間ぐらい前に出撃した様にすら感じます。
そして取り壊される「大名古屋ビルヂング」もついでに
おもひで2
「諸行無常」です。

まとめ:
以上、これで大河「木曽三川」を閘門2連チャンの一気通貫もやっと「完結」!。
でも「弥富」から「桑名」ですから駅でいうとたった2駅なんです。



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


トラックバック0 コメント3
大河「木曽三川」を閘門2連チャンの一気通貫 - 長良川河口堰閘門編
2012-10-28-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 3号艇
さあ今編は、木曽川を「船頭平閘門」でトランジットした長良川を6km下って、いよいよクライマックス「長良川河口堰閘門」へ!

<キャスト>
 鉄人28号: 長良川河口堰閘門
 正太郎君:  閘門を操作して頂いた管理所の方
 敷島教授:  閘門専門家(今回漕行をサポート頂いた極地観測船評論家)
<ご参考映像>
  鉄人28号オープニング
<ご参考Link>
  独立行政法人水資源機構長良川河口堰管理所
  Wikipediaより「鉄人28号」
 
予想よりも早く南風が吹き始め、せっかくのSailの威力をスピードに活かせません。
それでも下流への流れに助けられながらジグザグ漕行でSailingを楽しもうと思いましたが、例の「閘門専門家」に置いて行かれては、これからやってくる「大閘門」へのアプローチに不安が。

しょうがないので向かい風の中を必死にpedalingで着いて行きます。
長良川河口堰に近づくにつれ流れがますます緩やかになります。
近鉄名古屋線の鉄橋には、漁船の太い舫い(もやい)綱が川底に向かって何本もあり、そんなのにMirageDriveのひれが絡まったら大変です。
太っとい係留ロープが怖い
しっかり「閘門専門家」に水先人(Pilot)となってもらい水面下すぐを横切るロープを避けながらの徐行漕行が必要です。

そしてついに迫って来ました「長良川河口堰」が!
ハッキリ見えてきました恐ろしげな河口堰
もうホントに水龍のの様です。

この河口堰の右端の「閘門」があります。
これなんですが、「船頭平閘門」と比べると「ロボタン」と「鉄人28号」ほどの差が!
この閘門はドーンといった感じです

これで、閘門の上のコントロール室にいる正太郎君に連絡するみたいです。
どうもこれが呼び鈴なんでしょうか・・・

早速またまた敷島博士(閘門専門家の役名)が激しく呼び綱を引き、上にいる正太郎君に連絡です。
またまた激しく

そして約20分後にゲートが開き閘門内に侵入!
いろいろ閘門内に侵入です

閘門のゲートを潜ると正太郎君から係留棒にしっかり艇を繋ぐが、しっかり持つ様にとのアナウンスです。
係留棒が恐ろしさを
ふと気が付くと敷島博士もしっかりと。
閘門専門家ですらしっかり握る
これは緊急時に正太郎君を呼び出す時の綱です。
緊急時の引き綱がますます恐怖を

そして水位が下がっていくのですが・・・
水位が下がって下がって
またふと気が付くと敷島博士はさすが閘門専門家です。係留棒から離れこんなショットを!
さすが専門家は余裕で撮影を その写真がこれです。

すると正太郎君から緊急連絡で「博士! 係留棒から手を離さないで下さい!」
ところがところが ちょっとあわてて、かわいいおじいちゃんに

水位が下流側と同じになったのか、巨大なギロチンが上がって行きます。
下流側が閘門が轟音と共に上がってきました
この閘門は2枚の巨大ギロチンが1セットで上流から3セットあります。
巨大ギロチンが上がったり水没したりして満潮時に海水を上流側に遡らないよう複雑な動きをしている様でした。

ギロチンが上がり鉄人28号正太郎君に別れを告げ下流側に出てきたところですが
いざ出るとなると
あの恐ろしかった鉄人28号(大閘門)も、いざ離れるのなると何だが名残惜しくなるもんです。
なんだか名残惜しくも いやぁ~やっぱり凄い

長良川河口堰閘門を抜けるとすぐに揖斐川へのショートカットがあり、そこから最後の大河「揖斐川」へアプローチ!
ようこそ揖斐川へ
さぁいよいよ七里の渡し「桑名の宿」へ!

まとめ:
旧日本陸軍が大戦末期に開発した「鉄人28号」と、それを小型化高性能化したのが「鉄腕アトム」、それに日清・日露戦争時代の「船頭平閘門」と、最新の技術で自然を力でねじ伏せた「長良川河口堰」。
なんだかいろんな夢想が出来そうですね。



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

トラックバック0 コメント0
大河「木曽三川」を閘門2連チャンの一気通貫 - 船頭平閘門編
2012-10-27-Sat  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 3号艇
「計画/出撃編」に続き、今回は前半のクライマックス「船頭平閘門編」です。

しじみ漁の漁師さんとの一体感を得たあと、水路を進むといよいよ見えてきました閘門が!
見えてきました船頭平閘門が

まずは固く閉ざされた鋼鉄の閘門をアップでパシャリ
船頭平閘門アップ
この船頭平閘門は重要文化財で、計画は前々世紀(19世紀)の1894年(明治27年)の日清戦争の年まで遡るそうです。完成は1902年ですから日露戦争前ですね。ホェ~!
その時代ですから、結果的に人柱となった方々もいらっしゃたと思いますので、思わず手を合わさずにはいられません。

そんな小生の感慨に耽っっている様子などお構いなしに、閘門専門家(閘門スペシャリスト)が「開けゴマ」と言わんばかりに激しく呼び鈴を鳴らします。
開けゴマ
すると・・・
締まりきった
あらら・・・
半開き閘門
あらららら・・・
閘門全開
と簡単には開かず、いろんな作業の方々のお世話になって約15分後に完全に開きました。

この「船頭平閘門」ですが、それぞれの門扉が二重になっている復門式構造で、近代的な閘門と違い、大名屋敷の観音開きの門を、上から見て線対称になった感じで、何とも重厚でロマンすら感じます。 ここ、試験に出ますかねェ~(笑)
建造当時は1mの高低差あったそうですがこの日はどうでしょう・・・30cmといったところでしょうか。
これが・・・・・  こうなる・・・

そして門扉に挟まれた間のテニスコート4面くらいのプールの様な場所に導かれ、今さっき通ってきた門扉が締まって行くのを見ていると・・・
再び締まり始めた閘門
今度は進行方向側の門扉が開き出します。
気が付けば前門が半開き

そして扉の向こうは・・・
扉の向こうは
今まで、ある意味閉ざされた空間に居たからでしょうか、まるで天竺にやって来たかの様な景色が広がります。
扉の向こうにパラダイスが

その天竺に着いたのが午前10時ですが、興奮と緊張で一気にお腹が空きす。
2艇 仲良く縦列で係留です。
仲良く縦列係留で10時にランチ
ここで早くもランチとしました。

そして、木曽川から「船頭平閘門」を抜け、長良川へやって来ましたが、
やっぱり退屈で大味な長良川
木曽川に比べ、前回の「長良川縦断」を2号艇で完敗したトラウマなのか、どうも大味でイマイチ面白くない単調な漕行が続くこととなります。
おそらくですが、もうこの辺りから6kmほど河口側にある「長良川河口堰」の影響なんでしょうかね。

えっちらこっちら長良川を下って行くと、いよいよ見えてきました、圧倒的な威圧感のある「長良川河口堰」が!
見えてきました<br />恐ろしげな怪物が

てな感じで、木曽川から長良川へワープしてきたわけですが、ここで中間まとめです。
1.船頭平閘門はさすが重要文化財だけあって「かなりしゃなり」!
2.前回はこの30km上流から長良川縦断を試みた訳ですが、小生には大味過ぎてお腹いっぱい!
3.長良川河口堰は遠景からでも、十分すぎるほどの威圧感が!
4.(余談)今回サポートして頂いた閘門専門家の自信はどこから来ているのだろうか?



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック0 コメント0
大河「木曽三川」を閘門2連チャンの一気通貫 - 計画/出撃編
2012-10-24-Wed  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 3号艇
まずは女房に感謝しながらも、まずはこれを見て頂きたいのです!
GPSデータ121020 25.85kmで4.76km
そうです!
そうなんです!!
ついにやりました、大河「木曽三川」一気通貫を!!!

今回は、「閘門」専門家の応援もあり、これを「水路」のみで。
それで全く正反対な風情の2つの「閘門」を堪能。

かたぁ~や、文化遺産で、何ともメルヘンチックな「船頭平閘門」を。
こぉぅなた、現代の産業発展のための権化の様で、怪物のような「長良川河口堰」の「閘門」を。

今回の漕行は、木曽川の近鉄名古屋線の高架下から東海道五十三次の42番目の宿場「桑名の宿」まで。
漕行距離 25.85km、平均時速 4.76km/h
出撃・出帆は8:43で、撤収は1:26の5時間弱の漕行でした。
(こんなことが分かるのも例のデータロガーのおかげですなぁ~!)

まずは名古屋市営地下鉄「八田」駅で近鉄名古屋線に乗り換えパシャリ
近鉄名古屋線で

近鉄「弥富」で下車し、旧東海道の脇往還佐屋街道近くを通る、国道1号線をひたすら西へ
現在の東海道

そして出撃地 近鉄名古屋線の木曽川の高架下に
出撃地

早速 組み立て開始です。
サンテン乗りの閘門専門家も、何やらブツブツ言いながら念入りにテンション掛けです。
閘門専門家
高架下での組み立ては、頻繁に走る近鉄の騒音が・・・かなり煩いです。

閘門専門家の、なんと表現しましょうか・・・「お座敷サンテン」
お座敷サンテン

いざ出撃ということでパシャリ
いざ出陣

しかし本当にデカいです、木曽川は!
大河木曽川
向こうに見えるは、養老山系(三重・滋賀・岐阜の県境)です。

余計ですが、小生の いや3号艇の雄姿もついでに
小生の雄姿

これまた余計ですが、「今日イチ」のショットです。
キョウイチ

5kmほど木曽川を溯上する途中で何度かしじみ漁船に遭遇!
しじみ漁船

木曽川の川幅が大きすぎて、最初の関門である「船頭平閘門」へ通じる水路の位置がなかなか把握できませんでしたが・・・
あれが閘門の入口か?
ようやくそれらしき感じが。

そしていよいよ「船頭平閘門」となるのですが、ここで中締めにさせて下さいまし。
(眠くなってきました・・・すんまそん。)

まとめ:
しじみ漁の漁師さんにご挨拶の会釈をすると必ず返して頂けます。何故か妙な一体感の様なものを感じます。(もちろん皆さん屈強な方々で、女性のしじみ漁師さんはいらっしゃいませんでしたがね



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


トラックバック0 コメント0
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。