異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オベリスク「御神島」へ ~ 「電車行」の禁じ手を使っても駆り立てられるその魅力!
2015-01-02-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇



「弾丸ツアー」という言葉がありますよね。

強い意志を持って、ある目的を達成するために

「強行軍」で忙しく動く様なイメージですね。


つい4~5年前までは小生もその「強行軍」で

計画をたてたモンでっす。


しかし後期中年期も半ばを迎え

気が付くと「強行軍」での活動が少なくなっていた。


「生」に対する執着が良い意味でなくなり

丸くなってきたと考えましょうかね。。。。。


そんな中で今回は少し「強行軍」です。

「電車行」の禁じ手の「自動車」も活用し、

常神半島の「御神島」リベンジでっす。




名古屋からの出発日は9月19日。

仕事を早めに切り終え、夕方からのスタートでっす。


横浜からの「閘門水先人」氏にピックアップ頂き、

常神半島 神子の民宿へ。


翌9月20日は悪くないお天気ですが、

風もほとんどなく、やっぱりいいもんでっす。

20140920 引きつったガッツポーズ

出撃地「神子」から離れると見えて来ましたよ、

20140920 見えて来ました御神島前回はとても行けなかった常神半島の

前回はここまでが精一杯でしたが、

今回は「神子」の隣に位置する

半島先端の漁村「常神」を一気に越え、

20140920 デカい岩礁の下で

半島の先端までやってきました。


ちなみに「常神半島」って何処よ? って方のために、

20140920 常神って何処よ?

若狭湾のど真ん中に位置します。


こっからは、もう一気に漕ぎ出します。

半島を少しでも離れると、潮の流れと風が別物になっていきます。

とても写真を撮る余裕などなくなってきます。

「御神島」との海峡の幅はせいぜい800mなんですが、

永遠に続くようにすら感じます。

動力船も通りますし、潮流が強く、時折り白波すらたちます。


やっとの思いで「御神島」に近づき、

上陸ポイントを探します。

事前の調査で大体の場所は分かっていたのですが、

20140920 御神島の上陸ポイントを探して

実際に来てみると凄いとこです。

画像で見ると穏やかなんですがね。。。

20140920 御神島への上陸

そのうちに「閘門水先人」氏も、、、、、

しかし上陸トライ時に見事に沈です。

20140920 翁も遅れて上陸

小生とは違うポイントになんとか上陸。

この画像でわかって頂けますかねぇ。。。。

20140920 御神島のこの迫力

とにかく断崖絶壁にできた奇跡の砂利浜でっす。

そこから「御神島」の外洋側へ向かいました。

ずっと断崖絶壁が続きます。

途中で岩場の間に何かあります。。。。。

20140920 あれれ、なにか見えます。。穴だぁ~

穴です。

洞窟です。

もう吸い込まれる様に中へ。。。。。。

20140920 吸い込まれる様に穴の奥へ

まるでクジラのお腹の中から外を覗く様な感じでっす。

20140920 クジラのお腹かからの風景

クジラのお腹から出て外洋側へ向かいますが、、、、、、、

もう十分でございます!

波の質が全く違います。

波長の長いうねりです。

前を漕ぐ「閘門水先人」氏が時々波間に見えなくなります。

20140920 もう十分でございます

画像で見ると穏やかなんですがね、

何ででしょうかねぇ。。。。。。。


これは小生の精一杯の雄姿です。

20140920 小生の精一杯の雄姿

逃げる後姿を「閘門水先人」氏に撮って頂いたものでっす。


もうこんなトコはいやです。

早く本土に戻りたい。


本土に戻ることを「閘門水先人」氏に提案。

氏は、「御神島」一周をする気でしたが、

小生のあまりにビビる様子に情けをかけて頂き本土へ戻ります。




いやぁ~「本土」って良いですねぇ~!

そこにパラダイスがありました。

少なくともそこからは家まで陸続きで

歩いても帰れるという安堵感で一杯になりまっす。


こんな感じで漕ぎましたっす。

20140920 漕行程の図

①で「御神島」に上陸

②に行く途中にクジラのお腹

そして③でパラダイス!

20140920 本土からの御神島全景

もうここに引っ越したいぐらいです。

同じ単身赴任ならココいい!


「閘門水先人」氏もいそいそとお食事の用意です。

20140920 翁は早速お食事の準備か?

お食事の後は、

ベラ達や、

20140920 ベラ達と戯れる

クラゲ達や、

20140920 クラゲとも戯れていた

みんなと戯れまっす!

20140920 みんなと戯れる

「閘門水先人」翁も戯れまっす。

20140920 翁も戯れる

持参したペン型釣り竿で、

20140920 そしてペン型さおで釣り上げる

一本釣りで「ナンパ」ですね。


楽しい時間は早く流れます。

時間は13:00、その日のうちに翁は『横浜』へ帰らないといけません。

そろそろこのパラダイスともお別れです。

20140920 そろそろお別れ

最高の隠れビーチだった。

20140920 最高の隠れビーチ

もう一度 また戻って来たい。

そして今度はやってみたぁい。

「御神島」一周を!

20140920 I shall return !>

I Shall Return !





<後記>

今回お世話になった民宿は「望海 幸楽」ってとこです。

そこでの若女将さんのリードは最高でした。

おじいちゃんのお話も最高でっす。

20140920 どうしましょ・・・・・

また今度も来るときもここを母港としたい。


しっかし、この年末年始は風邪ひいたもんですから、

単身赴任先の川崎のアパートで越年なんですが、

のんぼりブログ更新とワインとチーズで、

もうポテポテ~ボテボテでっす。







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
飛騨路をチョイ漕ぎ ~ 飛騨路をチョイ歩き
2014-12-29-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



御嶽山が噴火したのが9月27日でしたよね。

今回は同月13日にその近くの「飛騨路」をチョイ漕ぎです。

まずは再度、犠牲になられた方々のご冥福を祈ります。





そんなこんなで、ここんとこすっかりCRUSOE460CPの虜になっておりました。

そうすると、今度はそろそろ清水流れる川に

PACKRAFTで行きたくなってきました。

今回はソロです。

ソロですから事前の情報入手が大事なんですがふらっと。

川の様子だけはGoogle Mapsで確認しましたよ。

川は富山湾に流れる「神通川」の上流「宮川」を選びました。


「神通川」というと「イタイイタイ病」を連想してしまいます。

日本の高度成長の繁栄の陰の部分、いろいろ考えさせられますね。





いや遠かったっす。

朝早くの出発です。

「秋分の日」も近く、午前6:30でも影が長くなってきました。

20140913 秋分間近の朝の影

お天気がイイってのは良いモンです。

単身赴任してから帰っていない、自宅最寄駅の朝のホームでっす。

20140913 東山公園駅のおばぁちゃん

おばぁちゃんは地下鉄が来ても寝てました。。。。。。。


今回 初めて名古屋から北へ向かう特急のホームに来ました。

ホームを挟んで向かい合う「特急」列車達。

20140913 ひだ高山行き20140913 しなの長野行き

左が特急「ひだ」高山行きで、右は特急「しなの」長野行きでっす。

となりのホームには特急「南紀」と快速「みえ」も並んでまっす。

みんな午前8:00頃 一斉に発車します。

名古屋駅ってとってもタァ~ミナルゥ~なんですねぇ!


今回は小生も大人技、特急「ひだ」を使いましょ。

まずは「高山」駅までそれで行って、

20140913 名古屋から高山へ

「高山」駅から「飛騨古川」駅まではJR高山本線の在来線で。

20140913 高山から飛騨古川へ

そこから「宮川」を下り二駅目の「飛騨細江」駅から戻ります。

20140913 飛騨古川から飛騨細江へ

特急「ひだ」の車内は意外と空いてます。

20140913 ひだ車内

座席に座るとなんだか目線の位置がちょった高い位置にあります。

乗客を楽しませる工夫の様です。


そして「高山」駅から「飛騨古川」駅への鈍行列車内です。

20140913 高山からの鈍行列車

こちらはもっと空いてます。

「高山」始発の「飛騨古川」行の短い区間のみです。

こん時気が付きました。

高山本線の在来線の本数の少なさに。。。。。。。。


でもまずはここから出撃することに。

20140913 さぁここからでっす

直ぐ上にデカい堰があるので、

20140913 背後にデッカイ堰が

ここからは下流6kmは堰がないので決めてました。

川幅の割に水量は少な目でした。

20140913 漕ぎ出しはまぁまぁ

あゆの釣り人が数人いらっしゃいましたが、

とってもフレンドリーでした。

そのうちのお一人が、

「先週降った雨で洪水になり川の様子が変わってしまった。」

とのことです。

確かにデカい木の根っこや枝や散乱してました。

それらがハザードとなり、コース取りの練習には悪くないデス。


ときどき長いトロ場もありますが、

20140913 とろ場のあるが流れはまずまず

流れが比較的あり、風もなかったので快適に進みます。

約4km漕いだのですが、

途中で2級クラスの瀬が3~4箇所ほどあります。

近づくとその轟音で判ります。

20140913 激流近づく胸騒ぎ

どんな瀬もスカウトは最重点行動規範としました。

ソロですし、洪水の後ですからね。

スカウト自体、かなりの運動になりますし、

いろいろ考えますから意外と楽しいっす。

20140913 スカウトは重要ですな

そして「飛騨細江」駅に近づいたのもありますが、

十分にロデオはを楽しめたので早めの撤収でっす。

20140913 そして撤収

でも川岸の撤収場所から堤防までが草ボウボウで、

ヘビにも睨まれ。。。。。。。。

20140913 河原が草ボウボウで大変・・・蛇がぁ・・・・・

ここから「飛騨細江」駅に向かいましたが、

2km近くあることに気が付き隣りの「杉崎」駅へ。

約40分 歩きました。

スマホなんて道具はもっておりません。

「杉崎」駅で次の列車は2時間以上後なのが判り、

結局あともう40分歩いて「飛騨古川」駅へ。

ここからは「高山」へのバスが1時間に1本は出ていました。

なんとかバスには乗って「高山」に戻ります。

20140913 歩くこと90分・・・・やっとバスに

11:30 出撃
13:30 撤収
15;30 バスに乗車

ってな感じで2時間ずつのバランスの良い(?)漕ぎでした。





<後記>

PACKRAFTは3kgで軽い。

それでもパドルやライフジャケットやパドルシューズや飲み物等々で7kgになるんです。

背負って歩くだけでも充実感は感じるかもでっす。

少なくとも小生は。。。。。。。。







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






トラックバック0 コメント0
日本海 若狭湾 への遠征 <小浜からの逃避行>
2014-12-25-Thu  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇



小生、後期中年なんです。

いろいろとありました。

まぁ無駄な時間が大半でしたがね。。。


そこで今回はコレから始めましょ。

。。。。。20140810 麻生よう子 逃避行

お忘れの方も、ご存じの方も・・・・

まずはコレを聴いてくんなまし。

麻生よう子 『逃避行』

そうです。

麻生よう子 さんの 『逃避行』 でっす。

逃避行・・・・・何だかいぃ~響きです。。。。。。




てなことで、今回もそん時の天気図から。

20140810 天気図

そんで、こちらが衛星画像っす。

20140810 衛星画像

結局、ウロウロしてるうちに、

鉄道が全て止まってしまい、

「小浜」から出来なくなってしまいました。


唯一 琵琶湖んの 「近江今津」行きの

20140810 地図でっす!

バスだけが「小浜」からの逃避行の手段だったんです。

バスは結構 快適でした。

とっても空いてました。

20140810 逃避行

そりゃそうです。

台風が直撃コースでしたから。


「近江今津」では風もかなりで、

20140810 近江今津揺れる

ダイヤは乱れ、鈍行列車が徐行運転です。

20140810 湖西線

「京都」までは何とかなりましたが、

ここから東への「米原」方面も、

西への「大阪」方面も不通となり、

我々の 『逃避行』 もここで糞詰まり・・・・・。


しょうがないので、京都でダラダラの飲んで

なんとも締まらない「反省会」を始めます。


外は凄い風と雨です。

バイキング形式のお店に入ったんですが、

お客さんは台風でほとんどいませんから、

90分制限でしたが、150分も飲んで食べて

ですから、もう動けません。。。。。。。


「近江今津」からは「青春18きっぷ」を

使いましたが、さすが新幹線は動いていましたので

諦めて大人の判断に。

新幹線て凄いですね。


結局、450もスッポリの車中の艇に、、、、

20140810 450もスッポリと

460もシャッキと車中の艇に、、、、、

20140810 260はシャキっと

今回の「閘門水先人」とは名古屋でお別れ。

20140810 またよろしくね!!!

無事にその日のうちに横浜のご自宅への『逃避行』なさったそうでっす。

小生も名古屋の女房の元へ『逃避行』完了・・・・・

女房からの『逃避行』ではありましぇん。

「まずは女房に感謝から!」でしたから。。。。。。




<後記>

8月7日から10日までの遠征だったんですが、

やっぱり消化不良でっす。

今回の「日本海 若狭湾 への遠征」シリーズは

四部作となりましたが、漕いだのはその前半だけで、

後半はただヤカックを運んだだけですからねぇ。

特に 『御神島』 へはも少し近寄りたかったですが、

成就しないから魅力が倍増ってな感じで

その夢はますます大きくなりましたっす!







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






トラックバック0 コメント0
日本海 若狭湾 への遠征 <神子の休日と昔日の小浜とメリークリスマス!>
2014-12-24-Wed  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇



結局、なぁ~んだぁ~、

前日は、これっポッチしか漕いでなかったのね。

ってのが判りましたっす。

20140809 常神のヘッポコ

そもそも常神ってどこなのよ?

てな方のためにコレッす!

20140809 常神ってどこ?

ここなんですよ。

そしてココに台風が向かってたんで、

まぁしょうがないっしょ。

20140809 天気図

こんなんでしたから、、、、、

20140809 衛星画像

そんな訳で、8月9日は

朝から雨の中で塩抜きっす。


そんな中でもしっかりと

20140809 並べて観ました雨の中

フジタの450とバタフライの460の

ベンチマークしてみたっす。

まずはお腹を比較でっす。

20140809 仰向けで比べてみました雨の中
<BFKの460(左)とFujitaの450(右)>

あんまし変わんないけど、

450の方がなめらかって感じ。

460はちょっとゴツゴツ感が。

小生の組み立て方がまだ下手なんだと

思います。。。。。。


次にバウ側です。

20140809 舳先ですが雨の中
<Fujitaの450(奥)とBFKの460(手前)>

450の方がシャープに見えますが、

喫水線より下は変わんない感じでっす。


そしてスターン側ですぅ~。

20140809 バウ側ですが雨の中
<Fujitaの450(左)とBFKの460(右)>

450の方がスマートなイメージです。


画像にはないのですが、

バウとスターンを両側から持って揺らすと、

テンションの掛け方の差もあるでしょうが、

圧倒的に460に剛性感がありまっす。


それが漕ぎにどう影響がでるかなんて

難しいことは判りませんがね。。。。。


そんな比較をしながら、

次の目的地、京都府小浜げ向かいます。


「御神島」ともお別れです。

20140809 さらばじゃ、また戻ってくるよぉ~!!!

やっぱり不気味ですよね。。。。


そして着いた「小浜」をちょっと散策。

いぃ~ですねぇ~。

20140809 タイムトンネル小浜!

さすが「小京都」でっす。

20140809 小浜ってサイコー!

そんでここが京都への「鯖街道」の

起点の商店街っす。

20140809 鯖街道

でもホントにビックリしたのは

この後なんです。


これは小浜の花街にあるホテルのベットです。

20140809 この雰囲気サイコー!

これだけでも、もうノスタルジックなんですがぁ、、、、、、、、

圧巻はこれっす。

ホテルのお部屋のカギです。

いすゞのベレットと、

20140809 いすゞベレット

マツダクーペでっす。

20140809 マツダクーペ

タイムトラベリングぅ~!

いやもうたまらん!!

ついでにメリークリスマス!!!






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






トラックバック0 コメント2
日本海 若狭湾 への遠征 <そして常神半島へ>
2014-12-21-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇



京都府 舞鶴を後にして翌日2014年8月8日は早朝に宿を出発、

一路 福井県の常神半島 「神子」 へと向かった。


途中でその日の漕行目的地 「御神島」を見てしまった。。。。。

20140808 遠く御神島を始めて望む

なんと恐ろしげな。。。。。

そもそも名前からして近寄っちゃイカン感じでっす。

その上お天気が。。。。。

20140808 天気図

こんな感じですからね。

20140808 衛星画像

ところか、今回の相棒 「閘門水先人」 氏はやる気満々。

あらら、とうとう常神半島 「神子」 に到着してしまった。

「神子」 という地名も神々しく畏れを感じる。

自然に対して畏怖の念を持ち、ここはもう諦めたいのだが、

「閘門水先人」 氏の勢いに押されて、

出撃準備は完了でっす。

20140808 出撃準備完了

ちょうど良いスリップがあり、

その日の宿の漁師民宿の女将に

しっかりと使用許可は頂いた。

20140808 こんな便利なスリップから

いざ漕ぎ出して気が付いたが、

20140808 漁船は全て避難していたりして・・・・・

プロの漁師さん達の船は台風に備えて

もうしっかりと舫われている。

台風の低く垂れこむ雲が見えるが、

20140808 低く垂れこむ台風の雲

「閘門水先人」 氏の勢いは止まらない。

小生がただ臆病なだけなのか、、、、、

氏が無茶なのか、、、、、

恐らく前者なのだろうが、

こん時脳裏に浮かんだのは、

ラジヲから流れる明日のニュース。

「昨日、福井県常神半島で50代の二人の男性が

行方不明になっていましたが・・・・・」


そんなコトを考えながら漕ぎ進んで行くと、、、、

オヨヨ!

20140808 オヨヨ!

オヨヨヨ!!

20140808 オヨヨオヨヨ!!

オヨヨヨヨ!!!

20140808 オヨヨオヨヨオヨヨ!!!

オトロシヤァ~

もう小生はこれ以上進めましぇん。

こっから先は風と波と潮流が

一気に激しくなってます(様に感じまっす)。

20140808 神子崎

もう十分でございます。

座って漕いでいるのに、立ち竦んで動けましぇん。

もう十分でございまっす。


小生のあまりのパニック状態に、

「閘門水先人」氏も同情したのか、

ここで引き返すことになりましたっす。


しかしここでおもしろいことに気がついた。

条件の厳しい方へ向かって漕ぐのは

恐ろしいんですが、穏やかな方に向かって

漕ぐのは楽しいんです。

当たり前と言えば当たり前ですな。


予備パドルとして持って来た、

20140808 予備バドル

「半魚人パドル」の性能チェックする余裕すら。

ご参考記事: その名は 『 半漁人パドル 』 ~ これぞ予備パドルの最終形だぁ !

それでも拡大すると、、、、、

20140808 予備パドル拡大

必死の形相ですな。。。。。。


途中、崖下に上陸し休憩したのですが、

20140808 何とか途中で上陸

風下なんで穏やかもんでっす。

こうなりゃもう・・・セルフレスキューやら、

20140808 こうなりゃもう・・・セルフレスキュー

「白いドレスの貴婦人」の安定性確認やら、

20140808 安定性の確認

ほんでもって馬乗りにも。

20140808 ほんでもって馬乗りにも

もうすんごい雨なんで、何でもありっす。





実はこの後、その日に泊まることになっていた

民宿の女将さんが心配になって、

女将さんのお義父さんに頼んで

漁船で捜索に来てくれたんですが、、、

なんともお恥ずかしい・・・・・・・・。






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント4
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。