異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「逆デジャブ漕ぎ」 で 「単身赴任シンドローム」 の後遺症を自覚す!
2016-03-14-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


6ヶ月ぶりに「電車行」で漕いできましたよ。

もうすっかりポッチャポチャでしたから、

ぽっちゃぽちゃ20160312

2年ぶりにアーバン 「庄内川」 へ 「4号艇」 の

Denali Llama with Cruiser Spray Deck - Alpacka Raftで。


それにしても名古屋って電車代が高い・・・・。

川崎の夢の単身赴任アパートから

あの多摩川パラダイスまでの半分の距離なのに

運賃はほぼ一緒ですよ。

往路:
名古屋地下鉄 「東山公園」 ⇒ 「名古屋」 270円
名鉄「名古屋」 ⇒ 「東枇杷島」 170円 

復路:
名古屋地下鉄 「高畑」 ⇒ 「東山公園」 330円

合計: 770円

まぁ往復1000円未満ですから良しとしましょうかね。


小生にとってアーバンカヤックの川下りといえば、

やっぱ「多摩川」ですね。


「立川」から二駅目の「東中神」の下水処理水と

ブレンドされた激流ポイントは最高でしたし、


[広告 ] VPS


「登戸」から「武蔵小杉」までは、流れもしっかりあり、

途中にそれなりの瀬が5~6個所存在し、

しかも途中の「二子玉川」で休憩をはさんだりと、

オシャレアーバンカヤックを楽しめた。

・・・・・もちろん周りの目を気にしなければですがね


そんな昨年の思い出に浸りながら、

8:00前には地下鉄に乗って「名古屋」まで。


そこで名鉄に乗り換えですが、

途中の「名鉄名古屋」駅構内で、

お腹の調子が急降下して慌てましたが、

無事に出撃ポイントに到着でっす。

東枇杷島20160312

2年前に比べ、地震や洪水対策で、川底や護岸が整備され、

なんだかちょっと物足りない感じになってましたよ。


途中で後ろを振り向くと、

名古屋駅周辺の高層ビリ群がみえました。

(名古屋駅周辺の高層ビリ群)
にゃごやビル群20160312

これは「二子玉川」を思い出してしまうぢゃないですかぁ~。

これって・・・逆デジャブ

(二子玉川駅周辺の高層ビリ群)
20150510 蜃気楼のように・二子玉川

里心ではなく、なんて表現しましょうかねぇ。。。

これは「単身赴任シンドローム」の後遺症ですね

煙が・・・20160312

開けてしまった「玉手箱」の煙がまだ漂ってんですかね


<後記>

楽しみにしてたんです、2年ぶりの庄内川。

でも水中ブルドーザーで川底がすっかり深くなってしまって、

浅瀬のないドローンとした川になってました。


ちょっと残念な気もしますが、

夏の日の午後に南風を受けて川を溯る様な

Sailingを楽しむには良いかもしれません。





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
早春の名古屋「庄内川」で 『アルピナ1-450ハイブリッド』 をこっそりお勉強!
2014-04-14-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



2011年に発表され販売が開始されたフジタカヌーと言えば、『アルピナ1-450ハイブリッド』だ!

恐らくカヤックに興味をお持ちの方、特に「折り畳み」の場合は誰でもこの艇に憧れる。


『アルピナ1-450ハイブリッド』のオーナーで小生の身近な人といえば、そう、知る人ぞ知る舞鶴の元新米カヤッカー「パドラーしげ」氏だ。

( 基準排水量13500tの海上自衛隊 補給艦 「ましゅう」に喧嘩を売る「パドラーしげ」氏 )
20140329 雄姿 パドラーしげさん


氏と3月の末に名古屋市内を流れる「庄内川」を下ったのであるが、そん時の様子は氏のブログ 舞鶴発/元新米パドラーどこへ行く 『 愛知県庄内川 』 でアップされており、小生の手前味噌な説明よりとっても素直で分かり易いので、是非ご訪問頂きたい。


その日の小生の艇は 4号艇: Denali Llama with Cruiser Spray Deck - Alpacka Raft LLC で、いつもの如く、自転車を乗っけて「庄内川」を下ったのである。

(まっ、こんな感じで・・・)
20140329 雄姿 aldingbrooke


でも今回は「電車行」信奉者でありながらも、車中泊スペシャリスト「パドラーしげ」氏の車がある。

小生、そんな氏を、まぁ失礼にもこき使ってしまい、早朝に家の前まで迎えに来て頂いた。


でも、こうなりゃ「立ってるものは親でも使え」です。(しげさん・・・スンマソン)


まずは出撃地点ですべての荷物を降ろす。

そして車に自転車を乗っけて、「パドラーしげ」氏のみで、約8km下流の河口の撤収地点まで行って頂く。

(出撃地に荷物を降ろした氏の移動ホテル、ホンダフィットシャトルを送り出す。)
20140329 車で河口へ


撤収地点近くで移動ホテルを駐車させ、そこからまた氏のみは自転車で出撃地点まで戻ってきて頂く。


氏が車で河口まで行き、そこから自転車で戻って来られるまで約40分。

小生は出撃地で「禁煙」をある意味完了させたので、タバコ(ちなみに銘柄は Lark Hybrid)とコーヒーを楽しむ。

そして、氏の『アルピナ1-450ハイブリッド』をじっくりこっそりと観察させてもらった。


今回はそのハイブリッドな構造の特徴についてちょっと触れたいと思う。





ハイブリッドな構造とは何か?

それはフレームにアルミパイプとFRP(Fiber Rainforced Plastic)と思われるグラスパイプが使われているということだ。

FRPと言えば、そうです、達磨大師こと高嶋氏の 「バタフライカヤックス」 です。

「バタフライカヤックス」の『クルーソー』の場合は、FRPをなぜ選んだか?

① まずはその軽さから

② 次にその反発力から

③ そして錆びないが故のメンテの楽さから


でした。


ところが、『アルピナ1-450ハイブリッド』は場合はその用途がちと違うのではと。。。

まずその使用部位でもっとも目立つのはデッキからバウ形状の反りを出すために使われている点だ。

20140329 舳先
(FRPパイフを反って組み付ける「バドラーしげ」艇)

一方、『クルーソー』はその反りは別樹脂部品で解決していたと記憶する。





次に目を惹く使用部位。

そしてこれは大変面白い点なのですが、コーミングの下辺りの、コックピットの両サイドのフレームの材質が両者で異なる。

『アルピナ1-450ハイブリッド』「FRP」なのに対して、
20140329 コックピット辺り1


『クルーソー』のトランスフォーマーモデルは逆に「アルミ」を使っている。


前者は、恐らくコーミングの位置決め等、そこに横への折り曲げ応力がかかるための強度アップだと考えられる。
20140329 コックピット辺り2


後者の場合は、FRPのコーミング自体にかなりの強度がある。

恐らくガイド的機能があれば事足りるので「アルミ」としたのではないかと。


それは原価低減を兼ねて販売価格も抑えられるという効果もでてくる。。。のではと。





そしてリアデッキからスターンへ繋がるフレーム部にも 『アルピナ1-450ハイブリッド』は場合「FRP」が使われている。

これはもう小生には良く分からない。

スターン側に船体布にテンションを掛ける仕掛けがファルトでは一般的である。

『アルピナ1-450ハイブリッド』の場合は船体布にテンションを掛ける仕掛けは「滑車」タイプだ。

その「滑車」の仕掛けが「FRP」が使われているフレームに取り付けられている。
20140329 滑車 スターン

やはりこの辺りにその理由があるのではないかと推測している。





話はチト逸れるが、氏の 『アルピナ1-450ハイブリッド』 がこん時 初めて特別カラーであることに気が付いた。

これは盗難予防にいいですねぇ。
20140329 色弱では識別困難

でも「赤・黄・緑 弱し」の色弱の小生にはチカチカとチト疲れる配色なんです。。。。


そのうちに、是非 『アルピナ1-450ハイブリッド』 の組み立てを体験したい。

そしてその理由を是非とも体感で探りあてたいものである。





てなこと観察・推測しながら、あっという間の40分。

「パドラーしげ」氏も河口から自転車で戻ってこられました。

20140329 再井登場のパドラーしげさん

川下り漕行の詳細は前述の氏のブログ 舞鶴発/元新米パドラーどこへ行く 『 愛知県庄内川 』 をご訪問頂くとして、

その日の漕行程です。

漕行程 20140329

底なし泥んこプロレスと歴史探訪含め7.85kmでした。





まとめ:

いやぁ~、こんなことを想像しながらカヤックのことを考えるのも楽しいモンです。

カヤック、特に「電車行」カヤック業界がもっともっと発展すれば良いんですがねぇ~!


そう言えばまた昔の記事を思い出しましたよ、テンション掛けに関して。

一昨年の2012年に 2号艇: Airfusion - Advanced Elelments で苦労しました。

そん時の記事です。

お時間の許す限りでちょっと見てやって下さいな。
(自己満足な記事ですがね。。。)

テンション掛けでの課題と改良 AirFusion編

続編: テンション掛けでの課題と改良 AirFusion編

続々編: テンション掛けでの課題と改良 AirFusion編

そう言えば、こん時にコメントを下さった「TANKO」氏も、長年親しんできたAdvanced Elelment社の13フィート艇「AirFusion」から、今や15超フィートの新艇で淀川と瀬戸内で「水軍」如く神出鬼没の様ですよ。

羨ましかぁ~ ! ! !






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




トラックバック0 コメント2
漕ぎ初め2014 - サンテンで Halkett だぁ~!
2014-02-23-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



謹賀新年~

実はいまだに正月気分なんです。


年末の12月20日に腰を痛めて病院通い。

正月は安静第一と考え、夕方までお布団の中に。


夕方から起きだし、お湯にタラリと芋焼酎を。

最初はタラリがそのうちにドボドボと。


夜明け前にはまたお布団に戻ります。

そしてまた夕方からタラリ、そしてドボドボ。


まぁ腰を痛めた経緯は波浪注意報の

播磨灘の浜で。


しかも最初はビビッて陸から見てたのが、

ツンととんがったバウと、

これまたツンととんがったスターンを

くねらせた Crusoe/クルーソー達が、

数体(数艇)横たわって待ってた訳で・・・・



そん時の様子は前々回の2ヶ月遅れの記事で

書いたのですが・・・、

もう新年も明けて気が付けば2月も下旬。



まぁ、とにかくタラリ~ドボドボ生活から

脱出するために、ちゃんと1月に

漕ぎ初めには行って来ましたヨ。



そう、一応は「漕ぎ初め2014」です。



腰を痛めたおかげで、タラリ~ドボドボ生活から

抜け出すことが出来なかったので、

助けを頼みましたよ、件の「閘門水先人」氏に。



まぁ、未だにその生活からは抜け出せて

ないんですがね、、、

話を続けましょ。。。





雄姿2014 20140119

まぁ名古屋市を流れるいつもの「庄内川」です。

この川、

も少し上流の西枇杷島辺りから下ると

程度に蛇行して良い川なんですが、


どうもまだ護岸工事と兼ね合わせて、

川底を、例の「潜水ブルドーザー」が、

その上流近くに3台もいて恐ろしいので、

これまたいつもの大蟷螂のスリップからです。



そこからだと、ほぼ直線で河口まで流れます。

何となく女房と同じで、

庄内川松林 20140119

庄内川 20140119

勝手を知り過ぎいささか退屈ではあります。


それでも途中の護岸工事では、

ついでに船着き場を造ってる見たいで、

変化はあります。

何が出来るのか20140119

女房が美容院でカラーリングする

みたいなもんでしょうか。。。


決して悪いモンではございませんですはい。






ふと「閘門水先人」氏に目をやると、

水先人・・・20140119

退屈そうにボーとしているのかと

思ったら違いました。

鉄道時計 オンザリバー 20140119

自慢の「鉄道時計」を連れてきたみたいです。





しばらく流れに任せて漂い、

少し北西からの風がでて来ました。


それでまた「閘門水先人」氏に目をやると、

同じように流されてきます。

こんな感じで、、、、

ハルケット遠景 20140119

んっ・・・

いや違う!

なんとそのスタイルは!!

ハルケットだぁ 20140119

庄内川で『ハルケット』だぁ~!!!


ってな感じで、

氏には退屈させられません。


でも氏をじっと見てると、

やっぱり退屈ですがね。。。

(すんまそんです、ホントのこと言って・・・)





そんなこんなで約2時間。

藤前干潟の杭 20140119

良い「漕ぎ初め」と言って良いでしょう。


あっ、そうそう、

今回も4号艇と自転車での、

『自転車・電車行』の合わせ技、

「トリフルアクセル」と

「ダブルトーループ」ってな感じです。

ビア樽か 20140119
(なんか着膨れビア樽状態ですが・・・)


そんで今回の漕行程です。

漕ぎ初め2014 漕行艇 20140119

自転車を含めて26.31kmでした。





おまけ:

撤収後、名古屋臨海高速鉄道「野跡」から

終点の「金城埠頭」にある

『リニア鉄道館』に寄りました。

そこに小生は用事はなかったんですが、

「閘門水先人」氏には熱い想いがあったみたいです。

鉄道時計と新幹線 20140119

理解は簡単ではなさそうです。。。。









にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント0
海抜三千からゼロへの誘惑 - 藤前干潟で夢膨らむ!
2013-11-23-Sat  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇


ここんとこ4号艇「Denali Llama with Cruiser Spray Deck - Alpacka Raft LLC」ばっかりなので、

2号艇「Airfusion - Advanced Elelments」が恋しくなってました。


しかも縁あって山や自転車でも休日は忙しくなり、

ますます海抜ゼロの世界から遠のいてました。


そんな時に、登山用品店の老舗「K日S荘」のM氏から思わる提案が。

「Packraftに乗っかってみたい!」と。


氏からは山道具指南を受けてましたから、

今度は小生がカヤック指南の真似事を。


氏には「Packraft」を試乗頂くとして、

小生は久しぶりの「Airfusion」で氏と合流です。


ホントは合流ではなく、氏の車で自宅まで迎えに来て頂き、

名古屋市内の「庄内川」へ!


つまり「電車行」ではないんですが、

「2号艇」と「4号艇」のダブル出動!!


そして自転車「Bridgestone - Transit Light Aluminium」も出撃のトリプル出動!!!


今回の漕行程は名古屋市中川区の大蟷螂(だいとうろう)のスリップから、

名古屋市港区野跡の永徳スリップへと「庄内川」を下ります。




今回は氏の車がありますから、

カヤックは全て上流の大蟷螂スリップに降ろし、

小生はそこでカヤックを組み立て、

氏は自転車を乗せたまま車で下流の永徳スリップへ向かい、

そこで車を置き、

自転車で7km上流の大蟷螂スリップまで戻って来て貰います。


そして自転車はon the Packraft !

小生は2号艇「Airfusion」で、

氏は自転車を載せた「Packraft」で、

永徳スリップへ!




ほんでもって、

実際の漕程の様子がどうであったかは、

ホレこの通り!

20131122 もう最高

最初はおっかなビックリの氏も、

20131122 トリプル川下り

陸での小生の迷指南で、

20131122 陸カヤックから興奮

いやもうホントに!

20131122 いい感じです

いぃ~い感じです!!

20131122 ホントいい感じ

そして途中でお乗換えで、

20131122 乗り替えたらもう気分は・・・

日頃は海抜三千の氏も、

もう完全に海抜「ゼロ」の虜に!

20131122 完全に虜に!





まとめ:

今回の漕行程です。

20131122 漕行程 庄内川 2・3号艇

うろうろしなから14km。

しっかし、これの可能性は、

20131122 自転車 on the packraft

まだまだ広がりそうでっす!





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック1 コメント0
藤前干潟でRACKRAFT - やっぱり放置自転車回収船の如くに、そして太鼓も響く!
2013-07-01-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


「閘門水先人」氏が、オホーツクの昆布の上を漕いでる時に、小生は可愛らしくいつもの名古屋市の「庄内川」へ「電車・自転車行」でございます。

でも今回は初「電車・自転車行」with PACKRAFTなんです。
進水式でも「電車・自転車行」ではあったのですが、同じところから水に入り、また同じところで水から出てきたもんですから。

まずは、朝 自宅から最寄りの地下鉄の駅まで自転車で、
東山公園駅に到着1 20130629
「東山公園」から「八田」へ向かいます。

途中、「栄」や「名古屋」といった駅を過ぎると、土曜の朝ですからもうガラガラ。
地下鉄車内で1 20130629

「八田」駅で長年連れ添っている愛車「Transit Light Aluminium - Bridgestone」を組み立て、「電車行」から「自転車行」へ。
八田駅で2 20130629
いつもならここで近鉄に乗り換え「伏屋」まで行くのですが、自転車があると便利ですなぁ~!

この「八田」駅、知る人ぞ知るターミナルなんです、名古屋市営地下鉄東山線と近鉄名古屋線とJR関西本線の。
だからなのか、トイレはきれいで広く、上向結腸が縺れたので取って (詳しくはこれを カテゴリー「腸捻転闘病記」 意外と面白いと思うんですが・・・・) ヘソが曲がってしまった小生にとっては最前線に向かう前の補給基地といった感じなんです。



そんな補給基地を後に、最前線基地でもある母港の大蟷螂のスリップに到着、
母港で1 20130629
自転車をササッ折り畳み、Packraftをププッと組み立て、
いざ出帆1 20130629
いざ出帆です!

この日も名古屋大学か名古屋工業大学の漕艇部が練習していました。
筋骨隆々の先輩格の方と、何だか魅力溢れる女性部員の方がいらしたので、小生のPackraftでの雄姿を撮ってもらいました。

スプレーデッキをしっかり装着して、
雄姿8 20130629
くるりと回って、
雄姿7 20130629
こんな感じで、
雄姿5 20130629
これから庄内川を、
雄姿3 20130629
河口の藤前干潟まで約7km下ります。

どうです。
自転車を乗っけて、なかなか良いと思うんですが。

筋骨隆々の先輩格の学生さんが;「どこまで行くんですか?」
小生;「藤前干潟まで」
学生さん;「それでまた戻って来る・・?」
小生;「いやいや、藤前干潟で上陸して、そのまま自転車で帰るよ」
と、自慢したつもりでしたが・・・彼がどう思ったかはイマイチ微妙でした



そんな学生さん達を後にこんな感じで1時間半ほどの漕行でした。
満潮前の時間でしたので川の流れは逆流でしたが、中潮のお蔭か、南からの向い風1m~3mでも意外と進みました。

まぁこんな感じで・・・、
31 P1040300
下って行くんですが・・・、
32 P1040307
あれ・・・、
33 P1040319
あれれ・・・、
34 P1040321
やっぱり、放置自転車廃品回収船なのか、名古屋市のゴミ処理場へ向かってる様にも
大蟷螂のスリップで送り出してくれた学生さんの微妙な反応が甦ります。

まぁ、「人は人、己は己の屁をこく」と言うことに致しましょ。

そんな感じでまたいつもの上陸場所である、戦争遺跡「旧愛知航空機」のスリップ跡に上陸です。
トリトン6 20130629
そのうちに、後ろに見える名港トリトンまでトライしたいもんです。

この後は自転車のみで移動しました。
ところが、水を吸ったPackraft・パドルシューズ等々で恐らく約10kgになったザックを背負っているので、お尻の皮がちょい剥け状態に

名古屋の繁華街・矢場町のマツザカヤ本店近くで、
松坂屋2 20130629
オロナミン・・・ではなくオロナインを買ってよくすり込んで、お尻浮かして帰りました。

漕程 20130629
以上、大蟷螂からの行跡ですが、全36kmでした。



まとめ:
サスペンション機能って言うんですか・・・BROMPTONとか特にR&Mみたいな・・・やっぱり必要だと思うんです「自転車行」には
しかし、もう一度 漕艇部の学生さんに撮って貰った写真をみると、青・黄・赤の船体に赤いヘルメットは目立ち過ぎて、おまけに自転車乗っけて、何だか遠目には太鼓を叩きながら川を下るチンドン屋さんの様にも



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


トラックバック0 コメント4
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。