異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛騨路をチョイ漕ぎ ~ 飛騨路をチョイ歩き
2014-12-29-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



御嶽山が噴火したのが9月27日でしたよね。

今回は同月13日にその近くの「飛騨路」をチョイ漕ぎです。

まずは再度、犠牲になられた方々のご冥福を祈ります。





そんなこんなで、ここんとこすっかりCRUSOE460CPの虜になっておりました。

そうすると、今度はそろそろ清水流れる川に

PACKRAFTで行きたくなってきました。

今回はソロです。

ソロですから事前の情報入手が大事なんですがふらっと。

川の様子だけはGoogle Mapsで確認しましたよ。

川は富山湾に流れる「神通川」の上流「宮川」を選びました。


「神通川」というと「イタイイタイ病」を連想してしまいます。

日本の高度成長の繁栄の陰の部分、いろいろ考えさせられますね。





いや遠かったっす。

朝早くの出発です。

「秋分の日」も近く、午前6:30でも影が長くなってきました。

20140913 秋分間近の朝の影

お天気がイイってのは良いモンです。

単身赴任してから帰っていない、自宅最寄駅の朝のホームでっす。

20140913 東山公園駅のおばぁちゃん

おばぁちゃんは地下鉄が来ても寝てました。。。。。。。


今回 初めて名古屋から北へ向かう特急のホームに来ました。

ホームを挟んで向かい合う「特急」列車達。

20140913 ひだ高山行き20140913 しなの長野行き

左が特急「ひだ」高山行きで、右は特急「しなの」長野行きでっす。

となりのホームには特急「南紀」と快速「みえ」も並んでまっす。

みんな午前8:00頃 一斉に発車します。

名古屋駅ってとってもタァ~ミナルゥ~なんですねぇ!


今回は小生も大人技、特急「ひだ」を使いましょ。

まずは「高山」駅までそれで行って、

20140913 名古屋から高山へ

「高山」駅から「飛騨古川」駅まではJR高山本線の在来線で。

20140913 高山から飛騨古川へ

そこから「宮川」を下り二駅目の「飛騨細江」駅から戻ります。

20140913 飛騨古川から飛騨細江へ

特急「ひだ」の車内は意外と空いてます。

20140913 ひだ車内

座席に座るとなんだか目線の位置がちょった高い位置にあります。

乗客を楽しませる工夫の様です。


そして「高山」駅から「飛騨古川」駅への鈍行列車内です。

20140913 高山からの鈍行列車

こちらはもっと空いてます。

「高山」始発の「飛騨古川」行の短い区間のみです。

こん時気が付きました。

高山本線の在来線の本数の少なさに。。。。。。。。


でもまずはここから出撃することに。

20140913 さぁここからでっす

直ぐ上にデカい堰があるので、

20140913 背後にデッカイ堰が

ここからは下流6kmは堰がないので決めてました。

川幅の割に水量は少な目でした。

20140913 漕ぎ出しはまぁまぁ

あゆの釣り人が数人いらっしゃいましたが、

とってもフレンドリーでした。

そのうちのお一人が、

「先週降った雨で洪水になり川の様子が変わってしまった。」

とのことです。

確かにデカい木の根っこや枝や散乱してました。

それらがハザードとなり、コース取りの練習には悪くないデス。


ときどき長いトロ場もありますが、

20140913 とろ場のあるが流れはまずまず

流れが比較的あり、風もなかったので快適に進みます。

約4km漕いだのですが、

途中で2級クラスの瀬が3~4箇所ほどあります。

近づくとその轟音で判ります。

20140913 激流近づく胸騒ぎ

どんな瀬もスカウトは最重点行動規範としました。

ソロですし、洪水の後ですからね。

スカウト自体、かなりの運動になりますし、

いろいろ考えますから意外と楽しいっす。

20140913 スカウトは重要ですな

そして「飛騨細江」駅に近づいたのもありますが、

十分にロデオはを楽しめたので早めの撤収でっす。

20140913 そして撤収

でも川岸の撤収場所から堤防までが草ボウボウで、

ヘビにも睨まれ。。。。。。。。

20140913 河原が草ボウボウで大変・・・蛇がぁ・・・・・

ここから「飛騨細江」駅に向かいましたが、

2km近くあることに気が付き隣りの「杉崎」駅へ。

約40分 歩きました。

スマホなんて道具はもっておりません。

「杉崎」駅で次の列車は2時間以上後なのが判り、

結局あともう40分歩いて「飛騨古川」駅へ。

ここからは「高山」へのバスが1時間に1本は出ていました。

なんとかバスには乗って「高山」に戻ります。

20140913 歩くこと90分・・・・やっとバスに

11:30 出撃
13:30 撤収
15;30 バスに乗車

ってな感じで2時間ずつのバランスの良い(?)漕ぎでした。





<後記>

PACKRAFTは3kgで軽い。

それでもパドルやライフジャケットやパドルシューズや飲み物等々で7kgになるんです。

背負って歩くだけでも充実感は感じるかもでっす。

少なくとも小生は。。。。。。。。







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。