異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VIVA SunnyEmotion : 違いのわかる男達 ダバダバダ
2015-07-24-Fri  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編


例えば、タスマニアの海岸に転がっている漂着物で、船体布のみ日本から持参してファルトカヤックを作って、そのままタスマニアの絶壁伝いに海旅にでる。

そんな バタフライカヤックスの高嶋師の経験談は、
P1010767.jpg
聞いてるだけで変になりそうでっす。

逆さダルマ2 20130219

そして、SunnyEmotionのShiva氏の話にも、
ロゴ red Sunnyemotion 20130907
同じモノを感じまっす。

Image of Packrafts 20130203

Shiva氏のそれは、Packraftの Alpacka Raft LLCのアジアで唯一認められた正規ディーラーであることからも証明できる。

お二人に共通しているのは、
さあどうする2 20130609
海外での若い時の豊富なフィールド経験だ! と思うのです。

6月27日に、ちょっとした事情で SunnyEmotionのShiva氏のガイドツアーがキャンセルになった時の予定地について、小生、間違ったレポートをしていたのでちょっと訂正させて頂くと共に、その他 諸々の訂正をShiva氏からのアドバイスを元に、ちと付け加えさせてくんなまし。



以下、Shiva氏からの指摘文を、ほんの少ぉ~し脚色しての訂正報告レポートでっす。



Shiva氏の談:

6月27日に行こうとしてたのは「飛騨川」ではなく「奈良井川」だよ。
犀川水系の川だから日本海に流れるので、アンタの奥さんが住んでる名古屋へは流れないんだよ。

北米のPackraftの猛者の話は完全にアンタの記憶違いで、ニュージーランドの猛者だよ。
20150723 キーウィ
場所は、安曇野周辺ではなく、四国吉野川小歩危で、そのニュージーランド人のラフティングガイドの超ベテランガイドが、
20150723 ラフト
いつもそこで仕事している日本人でも難しい場所を、バックパドルを多用しながら、ゆっくりスピードを落としてよく見ながら弱点を探してうまく下って行ったというのが正しい表現だ。

その時の印象は、「ホントに上手い奴は、初見でもある程度の所は簡単に行けるんだ」と感動したよ。
しかもそん時は8人乗りのラフティングボートだったんだが、バックパドルを多用していたということでボートの向きは下流を向いていた。
だからそのラフティングボートの数人の漕ぎ手は、前を向いた状態でパドルを後ろに入れてキーウィの猛者の指示でバックパドルをしていたということだ。

ま、アルパカラフトで同じ効果を出すにはアンタのやった動きで良いだろう。
細かい話になったが、これはまあまあレベルの高い俺にとっちゃぁ~大事な話なのさ。 

理解できるかい?

アンタのブログはそんなに酷いとは思っちゃいねぇよ。
だた、読んで貰える方々には、
20150723 ちょっとちょっと
正確に伝えないとなぁ。




以上がSunnyEmotionの Shiva氏からのアドバイスです。

実際の文章はかなり丁寧に、小生に対するリスペクト溢れる表現で、語尾だけはちょっと脚色をね させて貰いました。





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。