異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖地「木津川」にてダブルPACKRAFTで漂う! - 「仰向けマットプレイ」編
2013-07-23-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


前編である「フジタ翁からのサクランボ」編の後半からは、「さすプー」氏との初ランデブーから始まったと思ったら、フジタカヌー会長から思わぬサクランボ(しかもドス赤黒い米国輸入品ではなく、上品なピンク色の国内産)の差し入れが入りぃ~の、Yellow PackraftのNice Guy - サイモンと出会いぃ~のと、色気はないが、小生もまた一歩「カヤック文化人」に近づいた様で、なかなか刺激的であった。

今回はその後編となる。

後編のネーミングは、読む人によっては、いさかかお下劣に感じるかも知れない。

もし、貴方がそう読んでしまったなら、それはもう既に、速い瀬でのPackraftの扱いを会得していると考えても言い過ぎではないだろう。

速い瀬を前にして、全くのPackraftチェリーボーイの怯える小生に、氏とサイモンが投げかけてくれたアドバイスが、「いざとなったら、仰向けになって腰を浮かし、出来るだけ体重を万遍なくPackraft全体にに分散させろ!」であった。

つまり彼らはチェリーボーイにいきなりマットプレイを・・・・・まぁこの辺でもう十分だろう。
ではその漕行記に移ろう。



しかし、とうとうやって来た、小生にとっては憧れの地、木津川「笠置」に。

そこはもう、ヒンズゥー教のガンジス川状態であった。
(写真では上手く撮れてないが)カヌーは何十艇と浮かんでおり、老若男女、沐浴の如くPFDで浮かんでいる人々も。
笠置 フジタスクール 20130720
「カヤック桃源郷」とでも表現しようか、死んだらここに流して貰いたい程である。

その上流の方は、サイモンがパドルを失くした激しい瀬がある。
パドルの・・・ 20130720
その瀬で揉まれ、疲れ果てて降りてきた(下って来た)に違いない女性(たぶん)の姿まであった。

次回は小生も是非トライしたい。
そして、彼女の様にヘトヘトとなって降りて来たい。



ところで、サイモンと別れる前のことである。
「さすプー」氏のDenali Llamaは、数年前に日本で最初にSunnyEmotion社がPackraftを取り扱い始めた時にすぐに購入したそうである。
氏が盛んに、岸辺の「カヤック文化人」の方々に小生のPackraftの説明をしていた。

「これは最新モデルのPackraftです」と。

そこで「さすプー」氏と小生のDenali Llamaを並べてみた。
それがこれ
関西線 前から 20130720
バウ側スターン側
新旧 後ろ 20130720

バウ側も尖がり、特にスターン側の尖がりは顕著だ。
どうも、この違いが、直進性とスピードに影響するらしい。

そう言えば、サイモンのPackraftはサイズが少し小さいAlpacaモデルなのだが、似たようなコメントをしていたのを思い出した。

「さすプー」氏やサイモンの様なPackraft諸先輩方々の域に小生も早くなりたいもんである。



「笠置」から「加茂」へと木津川と下って行くのだが、流れの遅い所謂「トロ場」と流れの速い「瀬」が交互に訪れ、しかも意外と結構 曲がりくねる。

日頃、まっすぐで潮の干満の影響を受ける「庄内川」とは全く違う。

前方からゴーッという波音が聞こえだすと「瀬」だ。
このゴーッという音がまたたまらない。

あの緊張感は、もぉ~たまらんです。

そして、ところどころに岸から倒木が突き出している。
特に曲がりくねった「瀬」で、それは見かける。

今回の漕行、特に「瀬」では、「さすプー」氏に先行頂き、最適なコースに導いてもらう。
氏が先行し、もしそのコース取りが間違っていたり、水面下の見えない大岩があるところは、氏の背中越しの合図で伝えて貰える。
先行する氏 20130720

そのうちに小生も慣れてきだし、氏の説明を聞きながらも、先行する勇気が出てきた。
解説する氏 20130720
もうはしゃいだチェリーボーイ程みっともないものはないのだが・・・・・。


ところがある細い曲がった「瀬」でのことである。

結構幹の太い枝が水面30cm位まで川幅いっぱいに垂れ下がっていたのである。

こりゃ大変だ!
あんなとこに突っ込んだら、首吊り状態になってしまう!!

チェリーボーイにはチト相手が悪い!
全力で岸へ向かってパドリングだ。
そして何とか手前でポーテージできた。
まさに青色吐息だ!

ところがである。
「さすプー」氏は、なんとそのまま突っ込んでくるではないか。

小生は慌てて岸から・・・・・何と叫んだかも覚えていないが、とにかく氏に声を掛けた。
氏は「だいじょぶ、だいじょぶ。」と言い残し突っ込んで行った。

この時の姿勢が、例の「仰向けマットプレイ」だったのである。

小生にはまだまだあんなプレイは出来そうもない。
チェリーボーイにはハードルが高すぎる。
それこそ血を見ることになりそうだ!


以上、今回の漕行程を付けて、聖地「木津川」にてダブルPACKRAFTで漂う! も完結としたい。
実際、ちょっと疲れが出てきたようだ。。。。。
漕行程 20130720



まとめ:
「さすプー」氏が、「仰向けマットプレイ」後に、こちらに振り返って見せた、ややはにかみながらも、満足げな表情の笑顔が忘れられない。




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
聖地「木津川」にてダブルPACKRAFTで漂う! - 「フジタ翁からのサクランボ」編
2013-07-21-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


とうとう小生も「木津川」デビューを果たした。

「木津川」と言えば、それはもう「フジタカヌー」のお膝元だ。
ここへ、Packraft - Denali Llamaで乗り込んでみた。

いつもは独り漕ぎだが、今回はあの「さすプー」氏と現地集合だ。
氏もPackraft - Denali Llamaで、いきなりダブルPackraft - Denali Llamaを狙う。

氏は、純粋に軽さを追及したサンテンとカレントとPACKRAFT乗りである。
小生と比べると、まだ若いのに素晴らしくテーマが一貫している。

小生の様に、外周をグルグル回って、なかなかその中心へと辿り着けないカヤック選びではないのだ。

しかも、氏の行動力は凄い!
この日も午前中は地元の奈良で仕事。
翌日も仕事で5:00起きだと言う。

つい寝坊して、「午後からカヤッカー」の小生とはかなり違うのである。

そんな貴重な時間を、氏から頂くのであるから、前の晩は緊張してなかなか寝付けなかった。



緊張した夜も、一旦寝てしまえばもう翌朝だ。
前の晩にしっかり準備したので、独りモーニングコーヒーと、これまた前の晩に準備した得意のサンドイッチでゆったりとした朝食を。

家族もまだ寝ている。
あぁ~、幸せを感じるひと時だ!

そして、いざ出発!
いざ出発 20130720
出発前は写真を撮るぐらいの余裕がないと、階段でつまずいたり、壁で擦り剥いたりするものだ。

この日は口笛を吹きながら自宅マンションの階段をゆったりと降りてみた。
あぁ~、幸せを感じるひと時だ!



名古屋市営地下鉄東山線で「名古屋」まで行き、そこからはJRの関西線。

途中、「四日市」駅で約30分の時間待ちがあったので、駅構内をウロウロしてみた。
四日市ホーム 20130720

すると、ホームとホームを移り渡る跨線橋(こせんきょう)があるのだが、一部レールが使われていて、なかなか趣きのあるもでであった。
四日市ホーム階段構造全容 20130720

何だか、懐かしさを感じるもので、当然のごとくエレベーターやエスカレーターなんぞはないのである。
四日市ホーム階段構造UP 20130720 
こういったモノに触れ合える。
まさに「電車行」ならではである。
あぁ~、幸せを感じるひと時だ!



JR関西線「亀山」駅からは2両編成のワンマン列車だ。
さっそく最後尾に陣取ってみた。
関西線 車内 亀山以西 20130720

露出もいろいろ変えながら、
関西線 明 20130720 関西線 暗 20130720

もう「かぶりつき」です。
関西線 かぶりつき 20130720
前回の「東京モノレール」の海底トンネルの屋根裏に上陸し損なう前に購入した、防水コンデジ(LUMIX DMC-FT4)の性能確認です。

ワンマンだからでしょうか、
関西線 雑然車内 20130720

運転席周りは雑然としいます。
関西線 整理券発行機 20130720

整理券発行機や運賃案内板など、
関西線 運賃案内板 20130720
懐かしいというのか、レトロ感が漂います。



もう子供の様に「かぶりついてる」間に「笠置」駅に到着です。
関西線 笠置駅 20130720

そして駅から2~3分のところにある、温泉施設で「さすプー」氏との初コラボ実現を祝しての握手です。
関西線 モザイク 20130720
(前途ある若者、さり気ないモザイクでしょ
(因みに、右のどぎついのが小生ダス

この温泉施設でガッツリランチを済ませ、歩いて5分で聖地「木津川」です。
関西線 きづがわ 20130720

さすが、フジタカヌーのお膝元です。
何だか重鎮そうなカヤッカーがウヨウヨしてます。

まさに「文化人」の集まる場所といった感じです。

その「文化人」達の間を縫って、何かを持ってこちらに歩み寄ってくるカクシャクとした翁が。

なんとフジタ翁である。
丁度2年ぶりの再会だ。
ご参考記事: 『円高』がカヤックに及ぼすことぜひクリックを)

だが翁はそんなことは覚えていない。
我々に、「サクランボ」の差し入れだ。
どうだろう、30~40粒はあったと思う。

翁(確かそろそろ90歳だったはず)から見れば、後期中年の我々(「さすプー」氏はまだ30代だが・・・)なんて「チェリーボーイ」だ

おっと、今度は上流側の岸辺にイエローPACKRAFTが見える。
そして肩幅のしっかりした若者(仮称:サイモン)が笑顔で近づいてくる。

初対面でも、同じ艇「PACKRAFT」を操る者同士、杓子定規な挨拶抜きです。

小生: 「(片手を挙げて)やぁ!」
サイモン: 「パドル失くしたよ。」
小生: 「(初めて来たとこなのに)今日の流れは激しいのかい?」
サイモン: 「デカい瀬でしくじったよ。」
小生: 「俺たちはこれからだ。」
サイモン: 「パドルあったら拾っといて。」
小生: 「Sure!」
サイモン: 「Good luck!」

まぁこんあ感じだ、少なくとも小生の気持ちは。

そこはそこ、実際は日本人同士ですし、翁からの「サクランボ」を囲んで、「さすプー」氏・サイモン・小生の3人でしばらくPackraft談義を楽しんだ。

サイモンのイエローPackraftはもうザックの中だが、記念撮影を。
三つ巴 20130720



このままだと、この記事もダラダラと長くなりそうなので、ここいらで一息入れよう。
続きは「後編(仮副題:仰向けマットプレイ)」に続くということで。


To be Continued!



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック0 コメント0
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。