異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fujita Alpina 310 (サンテン) Hybrid との漕ぎ納め 2014
2015-01-04-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇



フジタカヌーの「サンテン」と言えば、折り畳み野郎・彼女達で知らない人はいない程の有名艇ですよね。

アルミフレームの軽量・コンパクト艇です。


そんな「サンテン」で木曽川ライン下りに挑み、見事にフレームが折れ曲がった「閘門水先人」翁の「サンテン」はまだ記憶に新しい。

その「サンテン」なんとハイブリッド艇で蘇った。


ハイブリッド艇と言えば、同じフジタのベストセラーの450 (Alpina 1-450 Hybrid) が代名詞であろう。

はたしてどんな「サンテン」になって戻ってきたのだろう?

今回はそんな翁の「サンテン」との昨年2014年 漕ぎ納めレポートをさせて頂こう。




その漕ぎ納めの日は2014年最後の土曜日12月27日。

川崎に単身赴任して最初の「電車行」となり、

実は大変疲れていたんですが、

20141227 早朝のアパート前で

やっぱり、休みの日の早朝から活動するのは、

気持ちのいいもんですね。


年末の疲れが吹っ飛びますが、

その疲れが後になってもっと大きくなって

やって来るんですがね。。。。。。。


出撃地は2012年の漕ぎ納めと同じ所に行ったんです。

ご参考記事リンク:
東京アーバン電車行: 『陸から荒れて』編 - 練馬から東大島 「荒川ロックゲート」へ
東京アーバン電車行: 『冬の桃源郷』編 - ケンタウルスと化して
東京アーバン電車行: 『扇橋閘門』編 - ビンボールの如くに
東京アーバン電車行: 『撤収後』編 - The Next Destinations!
東京アーバン電車行: 『蛇足』編 - いつの世も浮世の憂さは船遊び!
(たった2年前なのに、何だか時の流れを感じる今日この頃でっす。。。。。)


まずは単身赴任先のアパートからバスに乗って

東急 田園都市線の「溝の口」まで。

そこから都営新宿線にも乗り換え「東大島」へ。


東京スカイツリー近くの、

20141227 亀戸辺り

この辺なんです。


2年前と同じく、ゼロメートル地帯を守る「荒川ロックゲート」を使って

「荒川」から「旧中川」へ侵入しようとしましたが、

「荒川ロックゲート」が工事中で閉鎖されていることが判明。。。。


組み立てる前に分かって良かったのですが、

しょうがないので「旧中川」と「小名木川」の合流地点から、

20141227 ほんぢゃ行きまひょ!

出撃することにしました。





おっと、ここで今回の重要トピック、

今回も同行して頂いた「閘門水先人」氏の乗艇、

フジタの「サンテン」のハイブリッドのご紹介を。


2014年10月に逝ってしまった「サンテン」が、

ご参考記事リンク: 木曽川ライン下りで フジタ 「サンテン」逝く!

こんな感じで、

20141018 サンテン逝く

壊れてしまっていました。


これは人で言えば・・・・・・

例えが難しいですねぇ、、、、、、

人はある意味フレーム構造で、

ファルトカヤックはモノコック構造なんですね。


まぁ、とにかくFRPとのハイブリッドフレームで

その「サンテン」がこんな感じて、

20141227 ハイブリッド全景

見事に蘇ったんですよ。


折れたスターン側も、

20141227 スターン側

バウ側も、

20141227 バウ側

ガラス繊維のFRPのパイプになってます。

10月の事件後、フジタカヌーさんの相談して、

2ヶ月もしないうちに見事なモンです。


大技小技のDIY魔術師「閘門水先人」翁です。

自作も考えたそうですが、

さすがにガラス繊維をガリガリ切ったり削ったりは、

ご近所の方々の健康問題もあるだろうと諦めたそうな。。。





その「サンテン」ハイブリッド艇に今回は活躍頂こうということで、

20141227 牽引で楽ちん

牽引をしてもらいましたよ。

小生は今回も4号艇 PACKRAFTだったんですが、

風の影響か年末の疲れが響いたのか、

ちと疲れてしまい、、、、、

でも、これがまた楽しい!


例えると、

ゆっくり回る遊園地のコーヒーカップのイメージです。

20141227 牽引して貰うのってとっても楽しい

あらら、だから面白い川標識にも

20141227 おっと、これはいい標識です

気が付きます。


「旧中川」から「北十間川」へ入り、

「大横川」との分流地点から西に入った

東京スカイツリーの絶景ポイントでは

舫ってお昼寝状態です。

20141227 お昼寝

もうおコタで熟睡。。。。。。

20141227 コタツで熟睡

「閘門水先人」氏からは、

『今日は棺桶を引っ張ってる感じだった。』とか、

『せっかくのPACKRAFTが今日は浮かぶ棺桶だね。』とか。。。。


ということで、その日の漕行(?)程です。

20141227 漕行程概略図

あぁ~、もう遙か昔の様に感じますですはい。





<後記>

実際、その漕ぎ納めの翌日から、

酷い風邪をひいてしまい、年末年始は単身赴任先の

川崎のアパートでひとり越年となってしまいました。


その漕ぎ納めで試したコレ

20141227 みのる君って素敵!

「軽快ソフトみのる君(指付)」は、

皆さんの評判通り最高でしたこともご報告しときますです。

あぁ・・・「漕ぎ初め2015」にはいつ行ける様になるんだろ。。。。。







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ






スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
進化する「ボリショイカート」 - ミニスカート膳で花見楽しむ!
2014-04-01-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 番外編



「ミニスカート買ったよ!」

硬派の「閘門水先人」氏からそんな連絡が入った。

「着てみたらなかな良いよ。」

なんか複雑なイメージしか浮かばない・・・

「それで仙台堀川に花見に行って来た。」

いよいよ危ない世界に・・・


どうもM社のカヤック用の

小型スプレースカートの

商品名のことだったのだが・・・


今回はそんな「閘門水先人」氏からの

レポートを紹介しよう。


使用艇はフジタのサンテン。

場所は東京都江東区界隈。


その『ミニスカート』を

氏はまたどんな使い方を

するかも楽しみですよ。


ではまた、氏のレポートを

紹介した後で。。。。。。。。







いつの間にか春になってしまい

桜もほぼ満開になりそうということで

天気に恵まれた週末にお花見カヤックに

行ってきました。


場所は東京下町江東区のいつもの水路です。

今回も例のボリショイカートでラクチン移動。


前回のトライアルで操縦性に難ありということで、

専用ステアリングを作ってみました。

新ボリショイカート 20140329

これが有れば手首をひねれば

比較的簡単に行きたい方向に

カートを向けることができます。


このカートの利点は、

カヤックのザックをほぼ直立状態で

運転(?)できることです。


しかも自分の真横に置いて

移動ができるので

あまり場所を取らないです。


何となく盲導犬と一緒に

歩いている感じです。


これを折りたたんでも

コックピットの横に納める

ことができます。

潜むボリショイ 20140329




そして今回は社外品のミニスカートと

いうスプレースカートを装着してみました。


サンテンはコックピットが

大きいので開放感抜群です。


でも春先などチョット寒い時など

デッキカバーほどで無い時に

重宝するのではないか?と考えました。




お花見といえばお弁当ですから、

ホカ弁、ノンアルコールビール、

団子などを調達して乗艇。

出撃サンテン 20140329

「東大島」駅近くの水陸両用バスの

ダックヤード 20140329

ダイビングスポットの横から漕ぎ出し、

扇島閘門を越えて

扇町閘門とお仲間 20140329

「清澄公園」沿いの

お花見イメージ 20140329

桜並木を目指します。


今回はお天気もよく大勢のカヤッカーと

水路ですれ違いました。


やっぱり長いフネは格好いいですね。


サンテンアヒル号はオシリフリフリですから。


仙台掘川の両側には桜並木があり、

お花見 20140329

少し早いですがボチボチ見頃でした。


そこでミニスカートがテーブルに早変り!

ミニスカート膳 20140329

お弁当を広げチョット漕いでは

ビールをゴクリ、チョット食べては

水路にせり出した桜の枝の下に

行ってみたりで、まるで屋形船状態

で良いお花見ができました。


上陸地点はいつもの佃島。


その為には隅田川を下り、

さらに川を横断しなければ

なりません。


なんだか今日の隅田川は大荒れ、

それこそ屋形船や大型水上バスが

ひっきりなしで大波小波で

なかなか前に進みません。

大波小波 20140329

お船に乗っている観光客は

珍しい物を見た感じで手を

振ってくれます。


でも、こちらはとても手を振れる

状況では有りませんでした。


ミニスカートの効果でデッキ内には

それほど水は入りませんでした。
 

それでもとりあえず無事に上陸し、

撤収することができました。







以上が「閘門水先人」氏から

レポートです。


その漕行艇は想像するに、

こんな感じで、ざっと10kmか。

宮下さん漕行程 20140329

しっかし、氏のミニスカート姿を

間違っても想像するんではなかった






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック1 コメント0
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。