異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長崎遠征を「魚雷発射試験場」跡で締める! - そして時空を越えて -
2013-09-14-Sat  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


さて「長崎遠征」もクライマックスになってきた。

そのクライマックスは、女房が稲佐山屋外ステージの舞台に上がって、福山雅治氏を独占したかの様な錯覚に陥っているうちにやって来たのだが・・・。



そこは長崎市内から列車で2時間の「小串郷」駅から、さらに歩くこと30分の東彼杵郡川棚町三越郷の入り江だ。

そしてそこに長崎遠征の本当の目的地「魚雷発射試験場」跡がある。

もう見えてはいるが、前回も説明した通り「小串郷」駅の悲しい歴史を知ったせいが、また時期がお盆でもあり、浮かれていることにバチがあたりそうで、色んなことに感謝しながら漕ぐことにした。
クライマックス いざ出帆 20130814

それにしても気持ち悪いぐらい静かだった、村も海も。

大村湾の中の小さな湾 - 入り江の奥から出帆して真っ直ぐ「魚雷発射試験場」跡に向かうことも出来そうだった。

左奥の米粒の様なのが、そこにあるシンボルの塔だ。
湾の中の湾 20130814
実は左側が漁港になっていて、その前を横切るのが何だか大変失礼な気がして、入り江の右岸側にそって漕ぎ進んでみた。

すると鳥居が見えてくる。
まずは右から 20130814

どうも鳥居は二つあり縦列に並んでいる。
この鳥居は一体なに? 20130814
その奥には大きな洞穴まで。

普通ならここに上陸を試みるのだが、海底が鬼の洗濯板 - 波状岩の地形だ。
諦めて海からよ~く観察してみると、到る所に大きな穴が開いているのだ。

後でネットで調べてみると、軍事的な壕らしいのだ。

米軍の空襲を予期して、魚雷を隠すためなのか、人も避難するためなのかはもう定かではない。

不謹慎を承知で書くが、その時なにやら海底から呼ばれている様な気配を感じていた。

そして入り江の対岸にある「魚雷発射試験場」跡を目指すため入り江を横断だ。
湾の中の湾を横断す 20130814
もちろん海底からの気配は感じたままで、かなりこころ細い気持ちでの横断だった。

幸い風もなく海流もほとんど感じないので、慎重に漕ぎ進むことにした。

そして近づいてきました「魚雷発射試験場」のシンボルの塔が。
まずは北側から 20130814
これは北側からの景観。

そして右に回り込んで西側から。
そして西側から 20130814

すると、奥には魚雷保管倉庫を兼ねた魚雷調整場が見えてきた。
奥には魚雷保管倉庫が 20130814
ここで、魚雷の推進深度を調整していたらしい。

塔の根本辺りから沖に向かって試験発射していたらしく、魚雷調整場から塔へと続く真っ直ぐな頑丈そうな桟橋がある。
発射場への石桟橋 20130814

入り江の出口裏には監視所と言われている建物がある。
そして監視所の海からの全景が 20130814
ここへは陸からのアクセスはない。

当時は木製か鉄製の桟橋があったであろうが、もう朽ち果ててその形跡すらない。
監視所を西側から 20130814

その監視所をもっと右に回り、南側から近づいてみた。
そして監視所を南側から 20130814

すると階段の様なものが。

監視所の階段へのアプローチ 20130814

うぅ~ん、上陸してみたい。

監視所の階段への上陸か??? 20130814

強引に上陸は可能であったが・・・、

今回はこれが精一杯だった。
監視所に上陸ぅ~! 20130814

ふと後ろを振り向くと遠くに素晴らしい山並みが。
虚空蔵山 20130814

虚空蔵山(こくぞうさん)というらしい。
こくぞううさん 九州のマッターホルン 20130814
地元では「九州のマッターホルン」と言われていると長崎出身の友人が教えてくれた。確かに!



<まとめ>

このあと川棚の港までの途中の海岸で撤収した。

ちょうど産業廃棄物業者の施設の裏側辺りであった。

酷いことになっていた。

ここでは細かくは説明しないが、前大戦の遺跡とその人間模様、そして現在のそこの状況。

別のものではなく、何か気持ちの良いものではない繋がりの様なものを強く感じた。





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
長崎遠征は「トルコライス」で力つけて!
2013-09-12-Thu  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


少し時がたつとすぐに忘れてしまいそうになるのが、「後期中年」症状の典型だ!

でも、まだ覚えているぞ、今年の夏は長崎に行ったことを。

まぁ良く言うと「長崎遠征」だ。

長崎と言うと巾着袋の大村湾の出口の「早岐(はいき)」や「九十九島」が有名だ。
それはもうカヤックの出来ないところを探すのが難しいくらいのパラダイス!

そんな有名どころを敢えて避け、ちょっと変わった所に行って来た。

東彼杵郡の川棚にある旧海軍の「魚雷発射試験場」だ。



ある理由で福山雅治氏の幼稚園~高校を訪問しなければならなくなり、名古屋から車で長崎市へ。

実は「長崎遠征」ではあるが、残念ながらカヤック中心の「長崎遠征」ではない。
つまり、どれだけ感謝してもその効果が表れない女房のお供だ。

ご多分に漏れず女房も福山雅治氏のファンだ。

福山雅治氏の幼稚園~高校の園庭や校舎の写真をアップしてもしょうがない。

まぁカヤックとは関係ないが、まずはこれをご紹介しよう。

「トルコライス」だ。
トルコライス1 20130814

これを頂いたお店は「キャンティー」と言う喫茶店だ。
キャンティー 20130814
ここのすぐ近くに福山雅治氏のご実家があり、氏が上京するまでは常連だったそうだ。

ピラフとナポリタンスパゲティーとトンカツのボリューム満点のいかにも若者が好むものだ。

少しでもあやかろうと大盛トルコライスを少し苦労して平らげてやった。
トルコライス2 20130814



ところで、この長崎という町、実は女性がまた皆さん美しい!
若者も大勢いる。
そして老若男女、皆さんどことなくオシャレでらっしゃる。

横浜や神戸も古くからの港町で舶来イメージではある。
よく考えると「長崎」はその元祖だった

原爆のイメージが強すぎてちょっと損をしている様にすら感じる。

日本の中では端っこの方に位置する。
だが古くはインド・中国等 大陸への玄関口だったであろう。
鎖国後も出島を通じていろんな最先端の情報や物品が入ってきただろうし。

いやぁ~長崎!
もう完全にファンになってしまった。

ただ、ちょっと遠い。
名古屋からでも・・・それに岡山・広島・山口が静岡みたいに横に長い。
九州に入っても福岡と佐賀を通らないと長崎へはたどり着かない。

そして長崎市がまた孤立したような所にある。

いやぁ~だから余計にエキゾチック!
路面電車 20130814
女性がまた美しくて皆さん魅力的。(何度でも言う!)



そんな長崎市内から郊外へのカヤックだ。
「トルコライス」を平らげた翌々日(8月/14日)に「長崎」駅から始発で長崎本線~大村線を通り「小串郷」へ。
長崎始発 20130814

なぜかバイダルカ 20130814
(なぜか長崎駅ホームにはバイダルカの様な舟が置いてある)

目的地の「小串郷」からもう少し行くと「ハウステンボス」がある。
だから始発なのに、始発だからなのか、「ハウステンボス」のコンパニオンらしき美女達もご乗車だ。
美女が乗る 20130814

普通の美女ではない。
濃いい小麦色をした健康美あふれる肉感的美女達だ。
ワンマン列車 20130814
(健康美とは関係ないが、この路線も半分の区間がワンマン列車だ。)

そんな美女達との接触を躊躇(おそらく自分の娘よりも若いだろうし・・・)しているうちに目的地の「小串郷」に到着。

この「小串郷」ってとこは、旧海軍の特攻兵器「震洋」の訓練所だったとこなのだそうだ。

そしてこの「小串郷」駅はその訓練所の兵隊さん達のために出来た駅だということだ。

その訓練所から2kmほど東に行ったところの「川棚」には魚雷試験所跡が今も残っている。

この魚雷試験所跡はいろんな方がブログで紹介しておられる。
これを海側からアプローチしてみようというのが、今回の趣旨だ。



長崎の女性は美しいだとか、チャラチャラと書き進めるつもりだった。
小串郷駅 20130814
しかし、当時「小串郷」駅を利用したであろう「震洋」の訓練所の方々のことや、「川棚」の魚雷試験所跡の雰囲気にちょっと圧倒されたのを思い出した。

特に「小串郷」駅には、当時全国から集められた数万人の若者達が特攻の訓練うために降り立った駅なのだそうだ。(内3500名が散っていったとのこと、ご冥福を祈りたい)

魚雷発射試験場 20130814
(これは小高い丘からの魚雷発射試験場跡の遠景)
ここで一旦区切らせて頂き、ブログから離れて夏の余韻に浸らせて頂くとしよう。

いやぁ~、それにしても静かなところだった。
時期が時期だったからなのだろう。




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック0 コメント2
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。