異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魅惑のプライベートレッスン - More Packrafting with SunnyEmotion!
2013-10-13-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


さぁ前回の続きで、"Shiva" こと 柴田健吾氏 が運営するSunnyEmotionの「TR&DR」コースというPackraftを基礎から学べるトレーニングに9月7日(土)に行って来たその実際の現場の様子を、学んだ基礎技術に沿って紹介しよう。

ロゴ red Sunnyemotion 20130907
サニーエモーション - SunnyEmotion

氏が管理している(実際はたぶん奥様が)Web-siteを貼っておくので一度訪問してみるのも良いだろう。


これから具体的な例として多数の画像が出てくる。

それらは柴田氏が撮影。

全てのモデルは後期中年・小心者・小市民・初心者の小生だ。


また当日の「TR&DR」コースの参加者は小生一人であった。

そのためextra費用が必要だった。

しかしそんなことを遙かに超える充実感を得たことは言うまでもない。

そして氏が与えてくれた技術と経験談、それに氏と親交を深めることが出来たことが何事にも換え難い財産になった様に思う。




① フェリーグライド - Ferry Glide

これは、流れの速い川を横断するときの技術だ。

上流からの流れの力を、川を横断する時の前への推進力に活用する考え方。


Packraftの船底は、所謂 フラットハル - Flat Hull だ。

これはスピードを出すには大きな欠点である。

その特徴を最大限に利用する技術だ。


船底を流れの方向へ敢えてさらし、ヨットの帆と同じ原理で推進力に活用する。

ferry glide1 20130907

Packraftの平らな船底を帆の様にして前への推進力に変換している様子が判って貰えると嬉しいのだが・・・

ferry glide2 20130907

船底に上流からの流れを感じる様に、斜め上流に向かって漕ぐのである。

今までは知らず知らずの内にやっていたことだろうが、意識して船底を上流に向けて、つまりPackraft自体を下流側に傾けて、水の流れの抵抗を体で感じることが出来れば、Packraftと一体になったと感じる。

これはオモシロい!!!


② エディーキャッチ - Eddy Catch

これは、まず「エディー」つまり渦を見つける事から始まる。

そしてその渦の中に入り混んで休憩 及び次のコースを確認する。

これが出来ないと、ただ流され落ちて行くだけで、より高度なコースへは連れて行って貰えない。

これは、ちょっとした段差から、その下に発生している渦へ飛び込む瞬間だ!
eddylineを超える 20130907
小生の様な初心者には、もう心臓バクバクの瞬間だ!!


③ エディーライン - Eddy Line

エディーフェンスとも言い、「水圧の壁」といったイメージが。

休憩するためにエディーに入りたいが、その周りには壁がある。

思い切って入らないと壁に跳ね返され下流へと流され落ちて行く。

これはまさに強い「エディーフェンス」に阻まれ少し下流に流されたところだ。
eddylineに阻まれて 20130907
少し流されてしまったので、「エディーフェンス」の弱くなったところから、上流のエディ-に漕ぎあがろうとしているところだ。

しかし、もし流れ速く、先に大きな滝があったらもう終わりた!


これは、対岸に数か所ある「エディー」から最適なものを探し、目的の「エディー」への最適な侵入ルートを思案しながらの「フェリーグライド」だ。
eddyを求めて 20130907 Eddylineの様子を観察しながら 20130907

とにかく相手は自然だ。

その詳細な状況が判明するにつれ、「戦術」の微調整で危険へのリスクを 逐次 減らしていくのである!



④ ストリームイン - Stream In

これは「エディー」から本流へでることを言う。

基本は「エディー」から「エディーライン」を通り抜ける時に、本流からの水圧を船底で受け止めスムー 且つ、安全に本流へと入る技術だ。

stream-in 20130907

所謂「リーン」をかける、つまり下流側に傾けて自然に曲がるのだ。

そして、この「スムーズ&安全に」という所が実はキモだ。

つまりリスクからの脅威をいつも最低限にしておくのだ。

何と言っても相手は自然だ。

本流がこのようにいきなり激しい瀬となっていることもある。
eddyに向かって 20130907

瀬には正面から突っ込んで行くのが基本だ。

それを常に想定したトレーニングを何度も行った。




この日の「犀川」の水量は多かったらしい。

しかもその流れは、その時の小生にとっては、それは恐ろしいものであった。

トレーニングを始める前に小生は言った。

『まさかこんなとこで、いきなり始めるんじゃないだろうね!
 雨も降ってるし、絶対嫌だからね!
 もしそうだったら、ワシャもう帰るよ!』

柴田氏も、

『確かに今日は水量がありますねぇ。
 でもこういう気象条件の時が一番気持ち良いですよ』


何を言われようが、この日の「犀川」の最初の印象は小生にとっては強烈だった。

うねる様に凄いスピードで流れて行くのだ。

瀬も初体験レベルだ。

白波のあるところは今までも海・川で漕いでいる最中に見たことはある。

だが、それらをカメラで撮ってあとで見ても、チョロチロっと白いものが確認できる程度だ。

それがこれだから、その時の小生にはそんなところでの漕ぎは自殺行為であると感じてもしょうがない。
瀬 20130907


ここで強調したいことは、

やはりプロの指導を受けることは重要だ。

小生の様に、(恐らく)過度に怖がる後期中年にとっては。


しかし、柴田氏がこんなことも言ってくれた。

「aldingbrooke(小生のペンネーム)さん、次回はPR3の天竜川に行きませんか。あなたは、どこが危険かが判っているから安心だ。」

うぅ~、涙が出る程 嬉しい言葉だ!!!

つまり、怖いもの知らずでドンドン力で行ってしまう人が最も危ないらしいのだ。


そしてこれは余談かもしれないが、柴田氏のツアーはサービス満点だ!

例えばこれ、
移動 お荷物運ばれ隊 20130907
小生はPackraftとパドル以外は手ぶらだが、

ふと後ろを見ると、
お荷物運び隊 20130907
柴田氏は、小生の着替えや荷物、コーヒーセットやレスキューセットや応急処置の救急セットと、大荷物である。

また、ポイントポイントで名所を説明してくれる。
100%湧水 20130907
これは100%湧水の川、「万水川」の近辺を流れる無数の小川だ。

画像はピントが呆けているのではなく、水蒸気が湧きあがっているものだ。


そして最後は、最寄駅まで送って頂き、
戦い終わって 20130907

そこでまた、
熱いぃ~コぉヒぃ~
shitetsuense
のみませんかぁ~
を頂けるのだ。


まとめ:

今回の遠征に何か足りないものがあったとしたら、
それは色気だけだ。

色気が何もなかったのに、この充実感はなんなんだろう。

それぐらい素晴らしい「TR&DR」だったのである。

と断言して今日は締(し)めることにしょう。





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
魅惑のプライベートレッスン by SunnyEmotion
2013-10-10-Thu  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


早速だが、SunnyEmotionの「TR&DR」コースというPackraftを基礎から学べるトレーニングに9月7日(土)に行って来た。

サニーエモーション ロゴ 20130907

しっかりと基礎から学ぶと言うのが面倒で、まぁ楽しめればいいじゃないかというノリでここまでやって来たが、実際にSunnyEmotionのトレーニングを受けてみて、パックラフトを体系だってその基礎を学べたことで、ますます興味が湧いてきたという感じだ。

では早速いつもの様にダラダラと書いてみよう。




9月/6日(金)に仕事を終わらせ、仕事場のある愛知県豊田市の愛知環状鉄道「新豊田」駅からまずはJR中央線の「高蔵寺」駅まで。

この愛知環状鉄道というのがまたローカルな感じでもう気分は上々だ。

「高蔵寺」駅でJR中央線に乗り換え、ここからは「青春18キップ」の出番だ。

「高蔵寺」から「中津川」で乗換で、途中から篠ノ井線となる「塩尻」を経由して「松本」へ。

残念ながら「中津川」辺りでもう真っ暗で「木曽川」上流の素晴らしいであろう景色は全く見えない。

「松本」には22:00過ぎに着き、もうこれ以上は篠ノ井線を北上するダイヤはないので予約してあった木賃宿に泊まる。


もうこの段階で気分はマックス!

物欲しげにギラギラと、松本の夜のネオン街を徘徊してみたが、ぐっと堪えてコンビニのレジのお嬢さんの笑顔で満足することに。


そして翌朝は「松本」から2駅隣りの「明科」へ。

途中でその日のフィールドになるかも知れない「犀(さい)川」が見えてきた。


その時の小生の第一印象から独り言は、


『流れ速すぎィ・・・水量多すぎィ・・・』
『しかも渦巻いてるしィ・・・・』
『まさか・・・ここんなとこでやるんじゃ・・・』




まぁ兎に角、「明科」に到着し、集合場所の「龍門淵公園」へ。

しかし、やっぱ良いモンです信州安曇野は。

まずはコレ見て下さい。
かんばん 20130907

調べると、ここで醤油と味噌を造っており、そして19世紀初頭からある安曇野の銘酒「酔園」を取り扱っているお店らしい。(何か買ってくればよかったと後悔してます。)


こんな街並みを通り過ぎると直ぐに「龍門淵公園」です。

しばらくすると妙に腰の低い若者がやって来ます。

それではSummyEmotion代表の柴田氏です。

柴田氏との出会いと握手 20130907
(左が柴田氏で右のポッチャリが・・・)


柴田氏、一見、自信なさげに見える若者だ。

それがそれが、一旦Packraftに跨ると、その横顔はグローバルカンパニーのマーケティング担当 若手エリート部長の雰囲気が出てきます。

誤解を恐れずもう一歩踏み込んで表現しよう。

一流の変、そうです 「超人」 だ!

その「超人」は拠点を白馬に構え、定期的な Alpaca Raft社との交流を続ける。

そして、Alpaca Raft社の社長との個人的な付き合いを。

現に二人でRackraftの試乗ツアーを行い、社長とそのスタッフから直接Packraftの最適な操作技術を会得したという実績と自信と言うのだろうか。

小生には娘が二人いるが、年齢が合えば是非 そのうちの一人をどうだろうかと考える程の器だ。




この日、氏は小生の為に3つの違うタイプのPackraftを用意してくれた。

手前から「Denali Llama」「Yukon Yak」、そして「Explorer」だ!
3種類のPackraft 20130907

迷わず、今日は「Yukon Yak」という最も標準のPackraftを選んだ。

もちろん、3つの中では最もサイズが小さく、操船が容易であると期待できるからだ。

もしも、「松本」から見えた雨で水かさが増し、激しい流れの「犀川」でトレーニングを実施とは思えなかったが、念のためチョイスだ。




ところで、折角だから、氏から教わったPackraft関連情報・グッズ等を紹介しよう。

まずはコレ。
例のオプション 20130907
「Cargo Fly」だ!

スターン側に付いた防水ジッパーから、専用ドライバックをこの様に装着するのだ。
こんな風に 20130907
これはてっきりバックアップの浮力体となるのかと思ったら違うのである。

荷物を船体内に収納するのだ。

その副次的効果として、より安定した漕行性を得られるらしい。

Alpaca Raft社のWeb siteにより詳しく説明されている。
「Cargo Fly」


次にコレ。
禁断のボックス 20130907
これはバウ側の足元に装着するドライバックだ。

基本的には沈した時の沈脱を想定して、足元には出来るだけ余計なものを搭載するのは推奨されていないが、これならボデー形状に合った形で搭載できるであろうから、安全な沈脱の妨げになる心配はなさそうである。


そしてコレだが、氏の絶賛を浴びる軽量・頑丈な逸品で、
ドライザック1 20130907 ドライザック2 20130907
Hyperlite Mountain Gear 社のドライザックだ!

一見、ごみ袋の様だが、防水性と軽量化と強度と耐久性を全て同時に満たすものだ。

取り敢えず同社のweb siteを貼っておこう。
HMG web site


続いてスプレースカートだが、Packraftには2種類のスプレースカートが用意されている。

ホワイトウォータータイプとクルーザータイプだ。

小生の4号艇はクルーザータイプであるが、これは何となくその言葉の響きから選んでしまった感がある。

しかし、若干割高となるが、断然ホワイトウォータータイプを薦めたい。
WWスプレーデッキspray deck 20130907
ご覧の様に、ちょっとガイドを差し込んでセットしなければならないが、乗ってみて分かったが、しっかり感がグッと得られるように思う。

これはデッキ全体にテンションが掛かっているからだろうか。

また、パドル操作時に邪魔にならない。

更に付け加えると、デッキ自体の存在が気にならない。

速い流れや早瀬でのパドル操作に集中できる利点は、何事にも代え難いと思う。


それと面白いのがコレ
飛び道具 20130907

そう「キックスケーター」だ。

ちょっと笑える絵ではある。

しかし、これには驚いた。
目から鱗・・・かも知れない!

この日の柴田氏は、いつものハイエースが車検中らしく、代車の軽自動車であった。
そのためランチ休憩中に、上流に置いた車へ、Packraftで下って来た川を、いつもは原付バイクで移動するところをこのキックスケーターで戻って行った。

しかもこのキックスケーターは柴田氏自身のだと言うのだ。
てっきり柴田氏のお子さんのものかと思ったが・・・。

もっと大型のスケーターを今は研究中らしく、その世界のことをまた熱く語ってくれたのだが、如何せん小生の勉強不足で、その熱い思いを理解した様な顔はしたが、ちょっとワザとらしく、申し訳ないことをしたと思う。


柴田氏がキックスケーターで「犀川」川岸を溯っている間、小生はコンビニランチと氏が用意してくれた熱いぃ~コぉヒぃ~
shitetsuense
のみませんかぁ~

を楽しんでいたが、余った時間でのショットがこれ
Yukon Yak と Explorer1 20130907 Yukon Yak と Explorer2 20130907
どうです、なんか良い感じです、特に右のショットなんかどこかで見たような感じです。

ついでにこれも
余談 20130907
小生の自慢のヘルメットですが、このヘルメットが似合うパドラーになりたいもんです


そしてこれが柴田氏のPackraftから降りた所のショットだ。
一旦降りると・・・ 20130907
Packraftの上では厳しく、Coolなセクシー部長な氏も、一旦 Packraftから降りるとホレこの通り。

このギャップが氏の魅力だ!
(ご本人はそんなことには気が付いていらっしゃらないと)

きっと奥様もここに惚れたに違いない!!

そしてSunnyEmotionのツアーリピーターも!!!


次回は「プライベートレッスンでMore Packrafting with SunnyEmotion!」と題して、実際のトレーニングの様子をお伝えしよう。




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック1 コメント2
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。