異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「バファローの墓場」 回想編
2012-04-11-Wed  CATEGORY: 心象漕行 - 鍛錬/修行
まだあれから1ヶ月程です。
私の中では、もうすっかりアルトハイデルベルク( Alt-Heidelberg )を彷彿させるものとなっております。
Alt-Heidelberg

若かりし頃の自分と学生皇太子ハインリヒ、そして現実の50代の自分と、10代の頃のあの彼女と給仕女ケーティー、そして現実の所有艇達との様々な感情の哀歓をうたった青春恋愛~凋落劇。(意味不明ですんまそん。)

C野氏がこっそり後ろから撮ってくれた映像で最近はますますAlt-Heidelberg!
Has gone?
Has gone?
どうもニッポンはたいへんでとってもきびちいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
いざ 初『飛行機行』へ! (後編)
2012-03-25-Sun  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇
ついに出発当日(3月21日)となり、朝から思いっ切り気合が入りました。

出発当日にREIに取り寄せ注文(Special order)していた、2号艇 (  Airfusion, Advanced Elements ) のSkeg ( Skeg for Airfusion ) が届いたと電話が入ったので慌てて引き取りに!
これこれ、これです。
P1000752.jpg
見事に2号艇にフィットするSkegです。

これで装備だけは万端整った筈です。
P1000759.jpg
しかし、装備が大きく・重たくなり過ぎ、小物はスーツケースに忍ばせるつもりです。

SkegもJust-in-Timeで手に入り、ホテルに戻る途中でもう腹が空いてきたのでビーフサラダを食べたのですが、気合が入り過ぎ、フォークが見事に曲がりました。
P1000650.jpg
もう完全にいかれた後期中年になったことを誇りにすら感じます。

今回はこのホテルから出撃です。
P1000597.jpg
星条旗もパタパタと。
P1000594.jpg
いざ 初『飛行機行』へ出撃です。

とうとう空港です。
残念ながら電車が通ってないので、反則になりますが車での移動です。
P1000674.jpg

いよいよ最初から最大の関門である「受託手荷物」受付です。
デトロイト空港に到着。荷物の量では本場の米人にも負けません。
「緊縛」2号艇とその他の荷物達です。
P1000675.jpg
このあと、話題性には欠きますが、幸か不幸か、何事も問題は起こらず無事に全てスムーズに受託手荷物のベリルトコンベアの上に。

これではメリハリがなくなりますので、空港内で、今回は少し「心象漕行」を。
Detroit Metropolitan Wayne County Airportのラウンジのトイレ探訪をしてみました。
P1000693.jpg

ありましたありました、こんなのがトイレのドアに。
P1000696.jpg

ドアノブ辺りにはこんなイラストが。
P1000697.jpg

これが。
P1000698.jpg
こんな感じで。
P1000700.jpg
こうでしょうか。
P1000701.jpg
つまり用を足して手を洗ったら、もうドアノブには触りたくないので、足のみでドアを開けるという訳です。
しかもかなり高い操作性能でした。

そしてあっと言う間に日付変更線も越えニッポンの中部国際空港の到着」ロビーで、「緊縛」2号艇とその仲間達です。
P1000729.jpg
早速 スーツケースから専用台車を出して今度は速やかに『電車行』の準備です。

憧れの「自動改札機」の前でパシャリ。
P1000731.jpg
『電車行』ルートは中部国際空港 => 名古屋 です。

そしてホテルにチェックインですが、もう時差ボケ・天然ボケでヘロヘロであまり記憶が定かではありません。

そして今回のクライマックス『陸カヤック』です。
120324_2038~001
まとめ: 日本で呑む芋焼酎はなぜかやっぱり心に沁みる。

そして、「完結編」へとホントに進めるのか・・・実は日本は思った以上にとっても寒いです。正直ちょっと無理かも・・・・です。


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック0 コメント0
いざ 初『飛行機行』へ! (前編)
2012-03-20-Tue  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 2号艇
ついに 『飛行機行』 に挑戦!
心象飛行
( 今回の カテゴリー「出撃 / 撤収 記録」 としております。 )

日程: 3月/21日
航路: Detroit Metropolitan Wayne County Airport => 中部国際空港
      (  DTW: Detroit AP => 中部国際空港
航空会社: Delta
      (  Delta Airlines B747 Landing at NGO )
携行カヤック: 2号艇

       (  Airfusion, Advanced Elements )
       (  Great Kayaking with Airfusion )

まずは関係する航空会社毎の手荷物のサイズ制限を確認。
少し調べて分かったのですが、航空会社によって微妙な違いが。
ここは実用的に DeltaJAL国内線 で。

まずはDelta
Delta Logo
<機内持ち込み手荷物>
機内持ち込み手荷物
手荷物の縦+横+高さの合計が 45in / 115cm 以内で重量制限は特になし。
因みに2号艇の公称Packed Bag Sizeは、35in x 21in x 9in で 65in の 165cm ですから機内持ち込みは論外。

<受託手荷物>
受託手荷物
縦・横・高さ、3 辺の合計が 157 cm(62 in)で基本 2個/人
重量はエコノミーで50ポンド(23kg)、それ以外で70ポンド(32kg)
2号艇の公称Packed Bag Sizeは、35in x 21in x 9in 65inでしたが、実測で 68in 173cm ですから受託手荷物でもヤバくなってきました。
三役揃い踏み
因みに3号艇は 187cm で飛んでもないことに。
小生の市販の大きいスーツケースが実測で 高:75cm 幅:52cm 奥:35cm で 162cm ですから、これがほぼ限度ってことに。
こりゃえらいこってす!!!

超過料金は個数・重量・サイズでそれぞれダブル・トリプルで課せられるようです。
個数: 手荷物 3-10 個:1 個あたり 200 USD/CAD/EUR
重量: 手荷物重量 51-70 ポンド:75 USD/CAD/EUR*
     手荷物重量 71-100 ポンド:200 USD/CAD/EUR*
サイズ: 手荷物の縦+横+高さの合計が 63-80 インチ(161-203 cm):175 USD/CAD/EUR
     手荷物の縦+横+高さの合計が 81-115 インチ(204-292 cm):300 USD/CAD/EUR

つまり今回もしも3号艇も一緒に「飛行機行」すると、個数で200 USD、重量で75 USD、サイズで175 USDで、合計で450 USDですから、これを往復やるともう1艇買えてしまいますから、この辺のことはしっかり理解しておかないとホントにえらいことになってしまいます。

つぎに一応JAL国内線も
JAL Logo
<機内持ち込み手荷物>
機内持ち込み手荷物
手荷物は、チェックインカウンターおよびゲート付近に設置されている機内持ち込み手荷物チェックの範囲に無理なく収まるものとし、サイズは約 22 x 14 x 9 インチ(56 x 36 x 23 cm)以内で重量は10kg。
もちろんこれはもう論外。

<受託手荷物>
受託手荷物
50cm×60cm×120cm以内か3辺で203cm(80in)
素晴らしき日の丸航空会社! 国内の移動に関しては全て解決!!
少しヤヤこしいですが、重量は 一人20kgまで無料で1個あたり32kg以内・合計100kg以内。 超過料金は1kgあたり300円。 因みにANAの超過料金は 1-10kgで2000円 11-20kgで3000円ですからどっちがお得かは微妙ですが、どっちにしろ宅配便程度ですから予算的にも許容範囲ですね。

話を戻しますが、今回は何としても2号艇を超過料金なしでDeltaに乗せたい訳ですから、
①本体・浮力体・アルミポールとシートのみを携行カバンに。
 (パドル・ポンプ・台車はスーツケースで運ぶ。)
②(趣味ではないが、)きつく縛り上げる。専門用語で「緊縛」する。

以上の対策で実測で 68in 173cm 60in 152cm に!
(目標の縦・横・高さ 3辺の合計は 62in 157cm)
右手前寄りが「緊縛」2号艇です。
( 副題: 新3役揃い踏み with いつもの仲間と )
2号艇のbinding

しかしそもそもサイズがオーバーしようが個数が増えようが、最悪の場合でもお金を払えば済む筈なのですが、実はとっても気になるその最大の課題が目立ってきました! DeltaのHPでしっかりと謳っているのです、「カヤックはお預かりできません。」と!
カヤックは・・・

もう時間もないのであとはいつもの如く突撃するだけです。
凍った川や湖に出撃するよりは、明らかに安全ですし ようやく憧れのニッポンに帰れる訳ですし 毎晩 干物に芋焼酎を楽しめる訳ですし 日本語ならペラペラですし  それにたぶん女房もやさしくなるでしょうしね

些か間延び気味ですが、最初に宣言してしまった様に、今回の カテゴリー「出撃 / 撤収 記録」 としておりますから、何とか 水の上でPaddleを使う ところまでの <前編><後編><完結編>3部構成 のリアルタイムのシリーズを目論んでおります。残った横行結腸と下向結腸がまた延びて縺れなければ良いのですが・・・・。


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


トラックバック0 コメント0
「バッファローの墓場」 完結編
2012-03-12-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 1号艇
DST(Daylight Saving Time)明けの3月11日(日)、奇しくも東日本大震災の1年後、バファローのお墓参りを決行!

まずは途中のGスタンドの見事な星条旗をパシャリ。
天気晴朗なれども波高し
快晴で気温も朝から6℃ですが、予感させます「天気晴朗なれど波高し!」

まだ寒いですから「沈」はやはりどうしても避けたいです。
今回も迷わず1号艇 Point65のTequilaを選択。 (  Point65 Tequila )

単独行動で人知れず「沈」は悲しいと思っていましたら、ありがたいや、お友達からの応援です。
愛車Toyota FJ Cruiserはもう売り払ってなく、Honda Odysseyでお迎えまでして頂きました。
オデッセイ
何だがPoint65 Tequilaのプロモ写真みたいに。

今日はもうフルコースを楽しもうと途中からではなく、いつもの「メガネ橋」から突入です。
めずらしいタンデム仕様のテキーラ
1号艇のTequilaもTandemでは滅多に出番がないので貴重な写真となりそうです。

そろそろ飽きた「テポドン発射台」も抜け、
まずはテポドン
そして堰が見えて来ました。上向結腸がなくなって以来初です。
堰へ
ここまでで、約1時間。

堰でかなりパシャリ
堰下流側
これは下流側で、次が上流側です。
堰上流側
そして山本リンダは「かなりシャナリ

堰を越えてもかなりパシャリ
Moss湖へ
まだまだここから2km程あります、「バファローの墓場」までは。

そして45分後にやってきましたが、見上げるような大きさだったものがこんなに朽ち果てて。
諸行無常1  諸行無常2

そしてやっぱりここは墓場でした・・・
諸行無常3
気持ち悪くて本当の正体は敢えて確認しませんでした。

気を取り直して、大型船進水場所でパシャリ。
かなりヘトヘト
でももうヘトヘト立ち上がれません。

今回の助っ人、「バファローの墓場」の番人を自負するC野氏と。
(この逆光のアングルが酷くてなかなか・・・)
雄姿1

小生も後姿デビュー。
雄姿2
そして足指デビューはC野氏。

ビーバーの巣でパシャリ。
ビーバーの巣
こんなのがあちこちにありました。

そして堰まで戻ってきました。
堰1
きれいな風景に見惚れていると堰へどんどん吸い込まれます。
堰2

再び「メガネ橋」に。
戻り「メガネ橋」

岸辺で乾かし撤収です。
撤収

今回のまとめ: 姿あるものは朽ち果てる。
あれだけ自分の中でも盛り上げた「バファローの墓場」でしたが、あっけなく終わってしまいました。そうそう旨いオチが何度も訪れませんでしょうし、いくら興奮を追い求めても人生そういう時もあるというお話ということで・・・。
   
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


トラックバック0 コメント0
「Twist」 繋がり
2012-03-05-Mon  CATEGORY: 腸捻転闘病記
あれからそろそろ半年です。
もう時効でしょうから告白します腸捻転の直接的な原因を。

ERに駆け込んだのが昨年2011年9月23日金曜日の夕刻。
その前日にいつもの「メガネ橋」に出撃、その帰りにアイスクリームショップに寄ったのです。
シーズン中のお店の全景です。
twist1

そしてついつい頼んでしまったのです
1フィートはありました。
これです。1フィート艇です。
1ft艇
お店の地図 Daily Twist Cafe

そして、そうです。
お店の名前は、 折角ですからこの際 「DAILY TWIST」 ということで。
直訳で、 「毎日 捻転」 です。
この1フィート艇を毎日食べれば 確かに 毎日 腸が捻転して閉塞してしまいますからね。

シーズンオフですが、オープンしてました。
パシャリです。
twist2
これで、克服できました!
カテゴリ「腸捻転闘病記」も、めでたく今回で終了できそうです。

しかしこの事実がもしも女房や娘達にばれるたら・・・。
でも安心なんです、彼女らは全く興味がありませんこのブログに!
まずは女房に感謝から!まずは女房に感謝から!まずは女房に感謝から!
   
   
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
   
  
トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。