異国で気付いた健康のありがたさと女房のありがたさ!そして気づいた奇跡のような家族のありがたさ!それにも懲りず、バス・電車・飛行機でカヤックに行きたい!
まずは女房に感謝から!
バリ・ハイ(Bali Ha'i)でのイヌとニワトリとヒトの関係と日常生活
2018-05-26-Sat  CATEGORY: 心象漕行 - 鍛錬/修行



実はいろいろあってバリ島に行って来ました。

20180522バカンス

でもバカンスとか仕事で行ったんではないんです。

20180522 ウエディング
(ちょっと花嫁の父親をやってきましたよ。)


それにしてもバリっていいねすねぇ~!

20180522+I+Love+Bali_convert

で、バリ島と言えば・・・・・小生にとっては「イヌ」でした。

20180522 わんちゃん

宗教はバリ・ヒンドゥー教で民族衣装も魅力的でっす。

今回のレポートは4人のバリ人から直接聞いたお話しです。

そのおいしい部分のみの切り貼りではございません。

でも 「飛んでも8分 歩いて3分」のお話 なんです。


では早速レポートを始めましょうかねぇ。



東南アジアのイヌはみなさん野性味あふれる男前です。

20180522 キンタマーニ雑種

そして足長で細身です。

バリ島ではそんなイヌの皆さんが、ある秩序を持って朝から歩いています。

20180522 満腹犬

バリ人(ジャワ人のことは分かりません)は犬を番犬として飼っています。

バリ島にはヒトがワンサカと400万人いますが、

その殆どは方々は村に住んでいらっしゃいます。

20180522_バリ島の犬

そして大半のバリ人はニワトリを飼っています。

実際 イヌと同じ頻度でニワトリの皆さんも歩いているのを見かけます。

夜 野生動物からそのニワトリを守るのがイヌの皆さんのお仕事です。


でもバリ人はあまり自分のイヌにはエサを与えません。

そのためイヌの皆さんは自分で食事を外で行います。

外食です。

20180522バリのスーパー
(市場でガイドの方と小生のツーショット)

食事は村の市場の残飯です。

バリ島の村の市場の食堂のお皿は竹の葉です。

なので使用済みの竹の葉のお皿は捨てられます。

それに残飯がふんだんに付着しています。


それをイヌの皆さんがきれいに平らげます。


ほとんどのイヌの皆さんにとって、

村の市場まで10-16kmほどあります。

距離もありますが、車やバイクが激しく往来する道を、

優れた動体視力でヒョイヒョイと歩いています。


しかも何故か皆さん単独行動です。

おそらく自分専用の食堂(エサ場)があるのではと考察してます。


飼い主のバリ人も同じ市場で買い物をします。

10-16km離れた市場で、時々自分のイヌを見かけるそうです。

(バリ島固有犬種はキンタマーニ犬でっす。)

その時、イヌは飼い主に気が付くそうですが、

残飯巡りに忙しいらしく特に近寄ってくることありません。


そしてニワトリの皆さんも単独行動で昼間は闊歩しています。

実は彼ら彼女らもあまりエサは与えられません。

なので朝から外食に出かける訳です。

20180522野生ニワトリ

バリ島の普通に売られている卵はだいたい一個2円程でしたが、

朝から外食に出かける筋骨隆々の野良鶏が生む卵も一回食べたいですねぇ。


そして、夕刻になるとイヌの皆さんも自宅に戻ります。

それに合わせてニワトリの皆さんも自宅(カゴ)に戻り、

夜は番犬となったイヌの皆さんに守られて休むんです。



ということで、イヌとニワトリとヒトの関係に

バリ島ですっかりはまって日本に帰ってきましたよ。

なんなんでしょ。。。このモヤフワな不思議な感覚は?



【 後 記 】

どうしてもバリ・ヒンドゥーのカーストが気になりましたが、

極めて緩やかな様で、しかもイスラム・仏教との分け隔ては

短い滞在では感じなかったっす。

でもやっぱり小生のバリ島のイメージはこれですかな。



文明に毒され過ぎて日大アメフト部みたいにならない様にしないとね。





にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
単身赴任シンドローム再び! ( 灰汁もすっかり抜けたかなぁ~)
2018-05-06-Sun  CATEGORY: The 単身赴任 シンドローム



漕がぬまま、月日は流れ、また独り生活が始まりました。

前回は川崎の陸のデルタ地帯、高津区の子母口でした。

201808501 子母口MAP
(ねっ、真ん中がデルタになってるだしょ。)

単身赴任シンドロームに落ちるには素晴らしいところでした。


周りには随所に生産緑地があり、お野菜は豊富です。

都市型養鶏場で新鮮な卵も頂けました。

お料理レシピ付だったもんですから入り浸ってしまいました。


残念ながら今回は生産緑地も養鶏場もありません。

でも大丈夫です。

前回の単身赴任シンドロームのノウハウは知見としてしっかりと蓄積されております。


後期中年のその上質な経験がいぶし銀となって輝くのです。

(と少なくとも小生はそう信じてます。)



今回の単身赴任の住処は大阪秦西淀川区なんです。

20180501 西淀川区MAP

はい。たぶんゼロメートル地帯です。

でもディープに温かい人情を強く感じます。

東京で例えると・・・・・・・・・・

20180501 東京

「六郷土手」か「亀戸水神」ってな感じですよ。


さっそく買ってきましたよ、商店街の中にある

お好み焼き屋の店先で売ってましたよ、糠もおまけで。

20180501 糠付

いぶし銀が鈍く輝けますよ。

20180501 あく抜き

久しぶりですが、日本酒にぜったい合う筈でっす!

20180501 タケノコ

てな感じで、まさかまたこのシンドロームに

落ちれるとは思わなかったっす。




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック0 コメント0
MuseScore 最強説 / おぅ人生が二度あればいぃ~い~♪
2017-12-24-Sun  CATEGORY: MuseScoring for Paddling



いやぁ~寒いっす。。。

カヤックブログの諸先輩方々のブログを覗いても

室内で工作したり、カヤックショップをうろついたり、

光学機器をいじったり、庭弄りしたりで、

どうもお水の上にはいってないみたいですよ。


小生もお布団の上で暖房効かせて

お湯に芋焼酎をタラッとさせて

パソコンいじってるだけなんですがね。。。


そんな休日にとんでもないアプリを知ってしまいましたよ

MuseScore ってんでっす!
20171224_musescore


音譜や音符をシコシコ入力していくんですよ。

写譜と同じ作業です。

これやってると変な雑念が、
20171224_雑念
取り払われますよ。

いやぁ~、これはもう「写経」でっす。


とりあえず作ってみたんです。

曲はヴィヴァルディの2本のトランペットのための協奏曲



第2楽章なんでトランペットは入ってませんがね。。。

小生も法螺しか吹けませんしね


これに合いの手替わりに

妄想に満ちた男性奏者のチェンバロと

我がままな若い女性が弾くソロバイオリンを

ちょっと参加させてみましたよ



ぐっとそれっぽくなって良い気分ですよ (^o^)

動画をYouTubeにアップする時の音楽にでもるかもぉ~






<後記>

おっと忘れていましたよ、、、

メリークリスマス!
20171224_mususcoreクリスマス




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



トラックバック0 コメント4
西伊豆の羽衣伝説を覗きに行ったが・・・黒羽衣が「のどちんこ」にぶら下がる!
2017-12-23-Sat  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 5号艇



これは一昨年2015年5月、

まだ夢の様な単身赴任を楽しんでいた時に、

西伊豆に行った時の画像なんですが、

20150525 夕日でギアを干す! こんな贅沢って!!

そん時お誘い頂いたT口氏から

また有難いお誘い頂き行って参りましたよ。


とは言っても昨年2016年は6月10日の漕行記になります。

このブログも広告が入ってもう閉鎖状態でしたからねぇ。。。。

月日も1年半流れてしまいましたよ。




当日は名古屋の自宅から始発の地下鉄と新幹線で

途中 新幹線「三島」駅からはT口氏の

日産エクストレイルの乗っけて貰いました。


T口氏とは1年ぶりのまだ2回目の面識なんですが、

西伊豆にロメオとジュリエトを、いや羽衣伝説を感じる!
(こん時はホントに羽衣はいたんですよ
20160610_はごろも伝説イラスト

1度でも海原で命を預けあった仲ってのは

すごいですねぇ~。


旧知の間というより、なんかもう

「長靴下を裏返した様な仲」になれるんですねぇ。


そんなT口氏とのこの時の前回は2015年の

5月だったんで、西伊豆は野宿OKの期間とのことで、

楽しくテン泊できたんですが、

今回は6月10日で野宿禁止期間なんです。


出撃地は今回も冒頭の画像の浮島海岸でっす。


そこから一旦 ウォームアップがてら北へ向かって、

20160610_西伊豆田子の断崖

セルフレスキューの確認やらをしてから

20160610_田子瀬浜の特訓場

テン泊と自炊道具一式をカヤックに積み込み

20160610_70Lの防水パック

T口氏馴染みの松崎の有料臨海オートキャンプ場へ

南下していきます。


距離にすると大したことないですし、

その日はべたなぎだったんですが、

20160610_松崎dinner会場の全景

やっぱり直接太平洋に面した海ですから

絶えず緊急着岸地点を意識しながらの漕ぎです。


実はカヤック組立時に、船体布にテンションを

掛けた時にテンション掛けの細引が

ぷっつりと切れてしまったんです。

20160610_テンション切れる

日頃の手入れ・メンテ不足と

テンションの掛け過ぎが原因なんですがね。


なんとか自在に引っ掛かかった状態だったんですが、

なんとなくゴム紐の切れかかったパンツを穿いてる

感じではありましたよ


1時間程で有料キャンプ地に明るいうちからテント周りでdinnerです。

20160610_松崎dinner会場


近くのスーパーで「のぼりカツオ」を歩いて調達です。

20160610_かつおのイラスト

結局3回もそのスーパーにカツオを仕入れに行きましたよ。

6月の夏至のシーズンで日は長いのですが、

明るいうちから呑み続けていますから

21:00頃にはもうヘロヘロでテントにもぐります。


その分6月11日の朝はもう5:00から行動開始です。

20160610_松崎湾

松崎湾はその日も穏やかで

20160610_松崎海岸沖

名もなき洞窟やら

20160610_名もなき窟

知る人ぞしる「のどちんこ洞」やら

20160610_のどちんこ洞窟を外から

もう外から中から

20160610_のどちんこ洞の中から

思う存分に楽しめまっす!


その「のどちんこ洞」なんですが、

通り抜けが可能だとT口氏が教えてくれましたよ。

小生に行って来いとのことでしたが、

20160610_洞窟イラスト

閉所恐怖症ですからね。。。。。

T口氏に小生の魚眼レンズカメラを持って

入ってもらいましたっす

そん時の画像でっす



魚眼レンズのせいなのか閉所感がすんごいですよぉ

こうもりも飛んでるしぃ~

小生にはちょっと・・・




<後記>

この日は松崎海岸裏の安城岬の入り江で

3時間ほど休憩したんですが、

以前ご紹介したT口氏の「流木アート」と、

氏と小生の愛艇「バタフライカヤックス」のPV風に

した映像をしつこく貼らせて下さいませ



やっぱ面白いぃ~・・・・自画自賛ですんまそん。






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント0
巨大人工構造物下での水面下の突起物とのニアミス 【閲覧注意かも・・・】
2017-10-30-Mon  CATEGORY: 出撃/撤収記録 - 4号艇


ご無沙汰アップデートになってますが、

20171021 最近の

相変わらずフラフラ漕いでおります。


最近あとから振り返ってチト怖い映像が撮れてたんで

慌ててアップさせてちょ。



川下り自体は長良川上流部の激しいとこでしたが、

SunnyEmotionさんのツアーで下りましたから

とっても充実したものでしたんですがね、エェエェ。



後記:

いあぁ~久しぶりだったからなのか、

加齢のせいなのか、ブログの書き方が・・・




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ





トラックバック0 コメント2
<< 2018/06 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2018 まずは女房に感謝から!. all rights reserved.